2018.03.26

サクラ咲く2018

すっかり春ですね。

東京で満開宣言がでた24日(土)は月1の病院での検診。
雨降りが多くあまり歩けなかった割には、糖尿病のバロメーターのHbA1cが前回よりマイナス0.2減少。体重も77.0kgと若干のスリム化。
今月も頑張るぞー。

午前中の病院が終わった後バイクで、近くの石神井川沿いの桜並木を見に行く。毎年、東上線の車窓から見える桜並木がキレイなんです。

まだまだ満開には遠く、5分から7分程度でした。
Sakura01

次に行ったのは、毎年来る赤塚城址公園。何組かの家族連れがお花見中でした。

こちらも5分程度。
Sakura02

Sakura03

去年は咲かなかった我が家の鉢植えのひょろ長い桜も今年はチラホラ咲きました。

Sakura04

今週は暖かい予想ですが、週末まで桜がもって欲しいな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.02.12

都幾川温泉四季彩館

いい湯だな~

今年最初の温泉は、埼玉県都幾川町の日帰り温泉施設・四季彩館(820円)でした。

2週連続の大雪でしばらく車を動かしていないので、サブバッテリーが揚がり気味だし、折角の3連休だし、ってことでちょっくら温泉でも行くべと。
2、3の候補から選んだのがこの四季彩館。自宅から約40kmちょっと。途中に寄る所もあるのでドライブがてら行ってみることに。

板橋区成増の自宅を9時前に出て、いつもの下道をトコトコ。10時半過ぎに着きました。

古民家風の赴きある建物です。廻りにはバーベキュー広場も。
01

ガラス戸の日差したっぷりの明るい休息室。食事処はないけど美味しそうなお弁当やお惣菜が一杯並んでいます。またコーヒーが1杯無料なのも好ポイント。
02

休息室とお風呂を繋ぐ廊下には足湯が。緑を眺めながらノンビリするのもいいかも。
03

途中からワタシひとりになったのでパチリ。
脱衣場も洗い場も、お風呂もこじんまりしています。お湯は無色透明。木と石のお風呂があり男湯と女湯が週代わりだそう。今回は男湯が石のお風呂。内湯はすこし温く、露天は42度の熱いお風呂でした。
ヨメサンはお肌がツルツルと大喜び!
04

狭いながら都幾川の緑を映す清潔な露天風呂。お風呂の下には都幾川が流れます。
05

帰りは必ず渡辺とうふ店に立ち寄ります。人気店でいつも人がいっぱいです。豆腐、厚揚げ、薄揚げなど購入。ホントに美味い!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.26

レアンドロ・エルリッヒ展

月曜日の大雪にビックリ。

北国の人には笑われるかもしれないが、あれくらいの雪で?交通機関は大乱れ。
ワタシも帰りに池袋駅で東武線と地下鉄が入場規制で構内に入れず、1時間半ほどカフェや本屋で暇つぶし。やっと電車に乗れたと思ったら、ノロノロ運行。

やっと最寄りの成増駅に着いて、道路が滑るのでバスに乗ろうと思ったら、バス停も大行列。仕方ないので歩いて帰えることに。道路を渡ろうと足を出したら30cmほどの吹き溜まりに突っ込み転倒。腰が悪いので起き上がれずにいたら、近くのスーパーの警備員さんに助けてもらい、凍死を免れた。

日曜日は翌日の大雪が信じられないような快晴。
アート好きの高校時代の友人に誘われて六本木の森美術館へ。「レアンドロ・エルリッヒ -見ることのリアル-」展(一般1800円)を開催中。誰それ?しかも現代アートということで、あまり期待もせず出かけたのでした。

展覧会々場に入ると、いきなり真っ暗な部屋に水槽が置かれ数隻のボートがユラリユラリと浮かんでいる。
01_2

実はこれ、水はなく上下にひっくり返したボートが置かれている。ボートの揺れもコンピューターで計算され忠実に再現されたものとのこと。
現実と脳で認識されたもののギャップに驚く。

映画「裏窓」風。窓の向こうは全てディスプレイに写しだされたもの。
02

窓の外を覗くと、反対側にも人が。
04

実は反対側に見えるのは、こちらから覗いている自分。

更衣室に入ると、あれ?自分が遠くにいる。
05

実は鏡のない更衣室が並んでいる部屋です。更衣室と思って入るので当然鏡があり自分が映ると思い、あれ?どうしてとなる。

壁にぶら下る人々。
06

実はこれも鏡のトリック。床に置かれた壁に人が横たわっているものが、鏡に映るといかにも壁にぶら下っているように。
Gif01_2

あまり期待せずに来たが、目を通して脳で認識されたものと現実とのギャップの不思議さや危うさが体感できる面白い展覧会でした。

展覧会の後は同じ階にある無料の展望台から都心の展望を楽しむ。
07


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.16

大人の科学 -活版印刷機-

オモシロ~イ!!

ワタシの顔じゃなくて、活版印刷機のことです。

ネットで学研の「大人の科学」の付録が卓上の小さな活版印刷機なのを見つけて、即座にアマゾンでポチッ。フォルムがいかにもな感じで懐かしいし、オブジェとしてもカッコイイ。

昔々、リースの営業をやっていました。ちょうどその頃、街の小さな印刷屋さんでも活版印刷機からオフセット印刷機へ切り替えていた時期でした。
印刷屋さんに行くと、まだまだ活版印刷機も現役のことが多く、棚に活字がずらりと並んでいました。職人さんが組版に手際よく仕上げるの見せて貰ったものです。

さてさて届いた小さな活版印刷機、プラスチック製で手順書に従って組立てると1時間ほどで完成。自他共に認める不器用なワタシでも迷うことなく組み立てられました。

ジャ~ン! 小さいながら活版印刷機です。
Photo

付属の活字もプラスチック製、活字組台に差し込んで組版の完成。
Photo_2

活字組版と名刺大の紙を本体にセット、インキローラーにインキを染み込ませてレバーをガッチャン!
Gif

アハ、ひと文字が横向いてますね。カスレもあるけど、これこそ活版印刷の魅力です。

Photo_3


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.25

バーニー・フュークス展

大感激だった。

先日、東京の代官山ビルサイドフォーラムで開催中のバーニー・フュークス展を見てきた。
バーニー・フュークスは60年代から90年代に活躍した著名なアメリカのイラストレーター。特に80年代にスポーツ・イラストレイテッド誌に描いたスポーツイラストが有名。

高校生の頃、着飾ったカップルが派手な黄色のアメ車の横に立っているイラストを見て一目惚れ。まさにアメリカングラフティの世界だった。

高校のとき見たイラストとは違うが、こんな感じ。(イラストは全て画集から)
Bernie_fuchs03

その作者がバーニー・フュークスという名前だと知ったのは結構後だ。社会人になって大リーグに興味を持ち、アメリカのスポーツ誌をよく見ていた。そこでボストンのフェンフェイパークなどの球場を描いたイラストに魅了された。

レッドソックスの本拠地、フェンフェイパークのグリーンモンスター。
Bernie_fuchs01

ホワイトソックスの本拠地、コミスキーパーク。
Bernie_fuchs02

野球だけでなくゴルフを描いたイラストもそうだが、肝心のプレイヤーが小さく描かれているのが特徴。それなのにプレイヤーの緊張や観衆の歓喜があふれ出る不思議な絵なのです。

展覧会では車やスポーツ以外にも肖像画、絵本、風景画など初めて見る絵が多かった。特にイタリアを描いた風景画は印象派のような独特の絵でさらに好きになった。

今回の展覧会のポスター。
Bernie_fucks04

展覧会には阪神タイガースが82年にアリゾナでキャンプした時の絵があった。縦縞のユニフォームの背に背番号6や8が見えている。藤田平や後に横浜でスーパーカートリオになる加藤のようだ。何だか得したような気になった。
展覧会はこの後、全国各地で開催されるようです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.07

3連休

先週末は3連休だった。
現役時代はいきなり仕事に呼び出されることもあったが、今はそんな心配もない。
秋真っ盛り、しかも3連休ってことで、どこも混雑するだろうと何の予定も立ててなかった。

初日の朝起きるとどこの高速も大渋滞とのこと。ほらね。でも天気がいいからと午後から川越にあるファミマへコーヒー飲みに。ここのファミマ、目の前が広大な田んぼで、奥秩父から奥多摩、南は丹沢の山々までの大パノラマ。もちろん富士山も正面にきれいに見える。条件が良ければ浅間山も。お気に入りの場所でちょくちょく来ます。ファミマのカフェラテも大好きだし。

あれれ?入間基地で航空ショー?
Autumn1


2日目も予報に反して天気がいい。で、どっか温泉行こうかということで。佐久のあさしな温泉穂の香乃湯(500円)へ。
自宅を9時過ぎに出て、関越が少し混んだものの12時過ぎに到着。今まで2,3回行ってるけど、広い露天もあって景色もいいのに、何故か混んでなくてゆっくりできる。今回も露天をほぼひとり占め。ノンビリできました。

あさしな温泉穂の香乃湯
Autumn2

広い露天風呂からは浅間山も望めます
Autumn3

入り口はドウダンツツジが真っ赤に紅葉
Autumn4

途中で見つけた今年できた道の駅ヘルシーテラス佐久南
Autumn5

駐車場からは浅間山や高峰山などが目の前
Autumn6

売り場は地元の新鮮野菜がいっぱい
Autumn7

帰りも関越が少し混んだものの17時に自宅に帰りつきました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.28

お楽しみはこれからだ

和田誠さんのファンになったのは、映画の名セリフを集めた「お楽しみはこれからだ」を読んだのがキッカケ。

高校時代から映画が好きで、授業をサボってはよく鹿児島の騎射場にあった名画座に通っていた。愛読書はスクリーン、ロードショウ、キネマ旬報の映画専門誌。購入していたのではなく貸本屋で借りて読んでました。

「お楽しみはこれからだ」はキネマ旬報に連載されていて、毎週楽しみにしていた。最終的には7冊まで出た。
文章は勿論だがあの簡潔な線で本人より似ている?イラストに魅了された。その影響でドロン、マックイーン、ブロンソンなんて映画俳優の似顔絵ばかり描いていた。ヘタクソな絵だったが、友人たちにウマイなんて言われ調子に乗ってました。生来お調子ものなんです。

また大学時代は女の子のデートでこの本のセリフをよく使わせてもらった。で効果は?
「サメちゃんには似合わない」とほぼ不発に終わった。
お楽しみはこれからだ、とはいかなかった。(;´д`)トホホ

自分の名前で「お楽しみはこれからだ」
Gif_480

やっぱりボガードに続いてモンローも購入
Monroe

モンローの映画では「帰らざる河」が好きかな。
♪ノーリターン、ノーリターン♪

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.17

和田誠と日本のイラストレーション展

昔から憧れの人は手塚治虫さんと和田誠さん。

おふたり関連の書籍やDVD、フィギアなどグッズもたくさん持っている。和田さんには著書にサインもしてもらった。My宝ものなのだ。
おふたりの映画も全て観てるし、手塚さんの「おんぼろフィルム」や和田さんの「殺人Muder」などの短編アニメーションも全て観ている。多分。特に手塚さんの「ジャンピング」と和田さんの「怪盗ジゴマ音楽篇」は大好き!

おふたりに共通するのはやわらかな曲線と簡素にして的確なフォルム。だから手塚さんが時代の波にのまれ?絵が劇画調になった時はショックを受けた。

今、たぼこと塩の博物館で「和田誠と日本のイラストレーション展」を開催中(10/22まで)。
先日大雨の中出かけてきた。この博物館には和田さんファンの学芸員でもいるのか、たびたび和田さん関連の企画展を開催する。今回は新聞でヨメさんが見つけてくれた。さすがヨメ、ダンナの好みを承知している。ヨイショ。

和田さんと横尾忠則さんら友人達の60年代からのイラストレーションの歴史の展示。和田さんのイラスト制作中のビデオもあって非常に興味深い展示でした。
Wadamakoto1

渋谷から墨田区に引越ししてた。目の前にスカイツリー。
Wadamakoto5

入口の前には和田さんが担当する週刊文春の表紙が壁一面に。
Wadamakoto6

お客さんは同年齢が多かったが、結構若い女性もいた。
Wadamakoto7

売店で、和田さんの木版画を売っていた。ボガード、チャップリン、ルイ・アームストロング、モンローなど5人のイラスト。ちょいと高額だったので、迷いに迷ってボガードを購入。モンローも欲しかったなあ。
Wadamakoto2

Here's looking at you , Kid.

君の瞳に乾杯! ボギー、カッコ良すぎ!!

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.14

三夕の歌 -さんせきのうた-

秋口の今頃になると思い出すことがある。

Kyoto2

ひとつは、小林亜星作曲の♪モクセイの花咲く頃はふるさとのこと思いだす~♪で始まる日生のCM。秋になると必ずこのCMが流れた。♪日生のオバチャン自転車で笑顔を運ぶふるさとよ♪日本各地の町を日生のオバチャンが自転車に乗って駆けめぐる。またこのオバチャンがふっくらと優しげでいかにもという方だった。今でもモクセイの香が漂うと必ずこの曲を思いだす。

もうひとつが三夕の歌(さんせきのうた)。三夕の歌とは、

  こころなき身にも あはれは知られけり
               鴫立つ沢の 秋の夕暮れ(西行法師)
  さびしさは その色としもなかりけり
               槙立つ山の 秋の夕暮れ(寂蓮法師)
  見渡せば 花も紅葉もなかりけり
               浦の苫屋の 秋の夕暮れ(藤原定家)

新古今和歌集にある結びが「秋の夕暮れ」で終わる和歌のことです。

高1の古典の授業で、サコー先生が「三夕の歌を誰か知っとるか?」とのた申うた。
教室シーン。そこにワタシが恐る恐る手を挙げると、サコー先生が意外な顔に。
そりゃそうだろー、東大をも目指そうという生徒がいるクラスで、成績なら後から数えた方が早いワタシが手を挙げたのだから。
でもすらすら3つの歌をワタシが答えると、教室中が拍手喝采!たまにはサメちゃんもやるじゃん。グッ、ジョブ!

何故、三夕の歌を知っていたのか。それは中学校の校長先生のおかげ。
ユニークな校長先生で、教科の先生が休みで自習になったりすると、フラリと教室にやって来て古典や映画の話をしてくれた。それがとても面白くて楽しみにしていた。三夕の歌もこの校長先生から教えてもらった。

山路来てなにやらゆかしすみれ草(芭蕉)はなんとなく分かるが、骨拾う人に親しき菫かな(蕪村)は中学生相手にどんな話したんだろう。残念ながら思い出せない。東大を目指さなかったわけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.22

My収集モノ

あまりモノに拘る方ではないが、見かけるとついつい買ってしまうモノが3つ。

1つ目が富士山関連グッズ、書籍からTシャツ、メモ帳などなど。
2つ目がスノードーム。昔は観光地のお土産の定番がテナントとスノードームだった。最近めっきり見かけなくなった。
3つ目が鉄腕アトム関連グッズ。特にフィギアは数多くある。フィギアは他にサンダーバードとウルトラマン(セブン)も結構ある。
オイオイ結構モノに拘りがあるじゃねーか?

休日の早朝マイルームに入ると、東の小窓から日が差し、机の上に置いてあったスノードームにあたって、なんとワンダフル!
このキラキラ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°感をなんとか残したいと、思いついたのがGIFアニメ。

北海道富良野のスノードーム
Gif_dome480_1_2

富士山のスノードーム
Gif_dome480_3_2

ウ~ン、思ったよりキラキラ感がでませんねえ。スマホのカメラの性能か?自分の腕か?ま、自分の腕でしょうが。

ついでにアトムも回してみました
Gif_atom480_2
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧