2017.04.16

尾道三部作

旅番組で尾道が紹介されていた。
ワタシは尾道が好きだ。大学時代、キレイな文学部の女の子がいて彼女は尾道出身だった。彼女を見たくて興味もない他学部の文学概論Ⅰなんて講義を大講義室でイネムリしながら聴いていた。
それもあるが、小学3年生の時、当時鹿児島と大阪を行き来していた父親が船長の貨物船に乗って大阪に行ったことがる。大阪からの帰り、瀬戸内海を航行中に台風が来るとのことで尾道港に避難した。
台風が無事過ぎて船の上から見た尾道の街に息をのんだ。港の前を電車が走り、その後は段々に続く家並み、山の上には大きなお寺。その風景を夏休みの宿題の絵に描いた。その絵がコンクールで賞をいただいたのだ。

それ以来訪れることはなかったが、社会人になって大林宣彦監督の尾道三部作を見て感激した。大林監督の尾道三部作とは
  ◆「転校生」1982年 主演 小林聡美
  ◆「時をかける少女」1983年 主演 原田知世
  ◆「さびしんぼう」1985年 主演 富田靖子
いずれも少女と少年の淡い恋がテーマ。尾道の風景は言わずもがな、脇役陣が三部作ともいいんですよ。

当時、映画的には
  ◆時をかける少女>さびしんぼう>転校生

「転校生」と「さびしんぼう」は児童文学作家の山中亘さんの原作。大学生の時に綿密な資料で戦中教育を批判した「撃チテシ止マン」などの「ボクラ小国民」シリーズを読んでいただけに山中さんの原作と知ってビックリした。
「時をかける少女」は言わずと知れた筒井康隆原作ですね。同じ原作のNHKの少年シリーズの第1作「タイムトラベラー」も面白く観ていたもんです。

女優さん的には
  ◆富田靖子>小林聡美>原田知世

当時、原田知世は角川映画の秘蔵っ子と言われていましたね。その前の薬師丸裕子に比べるとなんだか華やかさに欠ける女の子だなと思っていたが、今見るとキレイですねえ。
Photo

この後の大林監督の、尾道ではないけど瀬戸内の城下町を舞台にした鷲尾いさ子主演の「野ゆき山ゆき海べゆき」(1986年)を観た時はビックリした。いくら映画初出演だとしても鷲尾いさ子のセリフが棒読みで不自然に感じたのだ。しかしそれも演出上のことだったと後から知った。後年テレビで女性検事役をカッコよく演じた鷲尾さんですからね。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.03.18

名探偵登場

 鹿児島の田舎で育った私はいたってノンビリした中学生だった。鉄腕アトムやウルトラセブンやサンダーバードやタイムトンネルが大好きで、読むのはSFモノばかり。そんな中学生に推理(探偵)小説の面白さを教えてくれたのは女性の教育実習生の方だった。今では名前も思い出せないが、たぶん鹿児島大学の教育学部の方で、国語を担当された。いまでも強烈な印象が残っている。はっきり言って授業は面白くなかった。ただ熱烈なシャーロック・ホームズファンで、所謂シャーロキアンだった。放課後や休み時間に私たちにホームズの魅力を熱く語ってくれた。いわく「君たちはいつも見ているんだけど、観察していないの」と。

 ガ~ン!そ、そーだったんだ! それ以来、単純な私は推理(探偵)小説のとりこになった。コナン・ドイル、アガサ・クリスティ、エラリー・クイーン、ポーだ、ダインだ、カーだ、シムノンだ、それクロフツだと、to be continued. 探偵もホームズ、ポワロ、ミス・マープル、クイーン、ドルリー・レーン、メグレ警視、ブラウン神父、隅の老人などなど読み漁った。その後、乱歩に始まる日本の探偵小説、ダシール・ハメット、レイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルドのハードボイルド小説に繋がり、大学時代まで古今東西ズイズイーッとミステリー小説を読み続けたのだった。

 何故こんなことを書いているかというと、先日図らずも、ポワロが登場する新旧の「オリエント急行殺人事件」を観たから。1本は1974年の映画でイングリッド・バーグマン、ローレン・バコール、ショーン・コネリー、ジャクリーン・ビセット(この人大好きでした!)などオールスターキャストで撮られたもの。当然封切で観ています。ポワロ役はアルバート・フィニー。当時ちょいと違和感を覚えたものです。後の「ナイル殺人事件」のピーター・ユスティノフの方がどっちかというとイメージに合っていたような。「ナイル殺人事件」には「ジェシカおばさんの事件簿」(大好きでした)の女優さんが出てましたね。でもこれは別の話。もう1本はデヴィッド・スーシェがポワロを演じるBBC制作のTVドラマシリーズの最新のもの。このシリーズ大好きでほぼ観ています。デヴィッド・スーシェ演じるポワロが高慢で気障でそしてちょっぴりユーモアがあって、原作のイメージそのものです。

ハゲ、デブ、キザ!三拍子揃ってます。友だちにはしたくないな。
Poilot

 途中のシリーズから相棒役のヘイスティング大尉や秘書のミス・レモンが出てこなくなってちょいと寂しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.09

怪盗ジゴマ

何だかあっと言う間に12月。談志師匠は亡くなるし、年賀状は準備できてないし、楽しいイベントは全て終わったし、何だかなあの師走なのです。

さて由紀さおりさんのアルバムが外国でヒットしているらしいですね。由紀さおりさんと言えば「夜明けのスキャット」ですが、私にとっては映画「怪盗ジゴマ 音楽編」の歌を盗まれたさみしい女役が一番。「怪盗ジゴマ 音楽篇」は脚本・作詞が寺山修二、絵・作曲が和田誠という二人の天才が組んだアニメーション映画。何だか意外な二人だが、和田さんが学生時代からの古い付き合いで、和田さんは天井桟敷の音楽も担当しているらしい。天井桟敷見てみたかったなあ。また個人的にも寺山の挨拶状や引越案内などを和田さんが作っていたらしい。

さてさて、その「怪盗ジゴマ 音楽編」こちらで見ることができます。

怪盗ジゴマ 音楽篇 1/2
怪盗ジゴマ 音楽篇 2/2

出だし、「サメには歯がある。見事な歯がある」 バーンとサメの絵!
「ところがマッキース、こいつには歯がない。」ときて、
♪ハナシだ ハナシだ 人から聞いた ハナシだ♪ と歌いだす。
歯のないハナシ?アハ。

挿入歌(「センチメンタル、センチメートル」)
♪2センチメートルの ワニがいるから 怖くて行けないの
 あなたのベッドルーム♪
2センチメートルのワニって? えへ?

「怪盗ジゴマ 音楽編」は当然のことながら和田さんが監督した「怪盗ルビー」に併映された時に観ています。でもその後観たことがなかった。最近Youtubeで偶然見つけて狂喜乱舞。ほんとお洒落で楽しいアニメーションです。

こちらは同じく寺山&和田コンビによるオリジナル・ディキシーランド・ソングス。怪盗ジゴマの挿入歌も入ってます。アマゾンで買えますよ。
Garigari

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.22

ドン・ガバチョの歌

 突然ですが、ひょっこりひょうたん島が大好きでした。ハカセ、トラヒゲ、ダンディ、サンデー先生など個性的なキャラが多かったのだが、一番好きだったのは大統領のドン・ガバチョ!
 いいかげんで、できもしないしないのに大言壮語ばかり。でもどこか憎めない。前向きで世話好き。いかにも政治家って感じ。田中角栄か?
 声優は藤村有弘さん。ガバチョのキャラに合っていた。この人がアフリカや中国の人の扮装してアフダカボンボコ、アベックラーメン!。トンナンシャーペー、アベックラーメン!ってやるCMも好きだったなあ。

♪いってもいっても、明日がある♪ なんかいいなあ、ドン・ガバチョの歌。てことでドン・ガバチョのフラッシュ・ビデオをブフブハと作ってみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.09.05

既知との遭遇

 9月になったというのに猛暑続きですね。ちょっとうんざりです。仕事も忙しく、やっと休めた休日はグータラ。こんなこっちゃイカンと久しぶりにフラッシュビデオを作ってみました。ガキの頃からSF大好きで、アトムとウルトラセブンは私の2大ヒーロー。これにサンダーバードを加えるともう最高。この世に国際救助隊(International Rescue)がホントにいたら、チリの鉱山事故で閉じ込められた33人の作業員の方の救助はあっというまですね。もちろん出動はジェットモグラです。

 未知との遭遇、スターウォーズ、アトム、ウルトラセブン、それに昔々のTVドラマのパロディです。ストーリーはなし、ただただ絵を動かしたかっただけです。

 作ってから気づいたんですが、パロディならタイトルも既知との遭遇にした方が良かったなあ。それにバルタン星人はウルトラセブンに出てるのかなあ?

| | TrackBack (0)

2010.06.12

今日の1枚

 下の記事で凛々サンに誉められたので、調子に乗ってもう1枚描いてみました。
その人の名は?
   My Name is Bond, James Bond !!

カッコ良かったですよね。日本人じゃこうはいきません。
わたくし姓は車、名は寅次郎。人呼んでフーテンの寅と発します。
ん?これはこれでカッコいいか。

 小学生の時、「007は二度死ぬ(You Only Live Twice 1967)」の撮影が私の故郷の鹿児島県坊津町(現南さつま市)で行われた。私は見ていないのですが、ショーン・コネリー本人も来て大がかりな撮影だったらしい。Bond007ショーン・コネリー達は毎日指宿の高級ホテルからヘリコプターで来たとか、背景に映るコンクリートの橋が気に入らなくて木製の橋に作り替え、撮影後は元の橋より立派な橋に作り替えて帰ったとか。当時子供だった私にはボンドガールはもちろん興奮ものだったのですが、一番憧れたのはQが渡す秘密兵器の数々。機能満載のアタッシュケース、天井も歩ける忍者吸盤、銃になる万年筆等々。欲しかった!それが今のガジェット好きにつながっているのかも。
 前回のイーストウッドと同じくこの方もいい年の取り方してますよね。カツラ外してから却ってカッコ良くなった。最初あれ?って思ったのは「薔薇の名前」のとき。若いクリスチャン・スレーター相手に禅問答のような会話します。「アンタッチャタブル」では主役のケビン・コスナー食ってるし。「理由」は最高でした。「小説家を見つけたら」ではすっかりいいおじいちゃんでした。そうそう私にとっては何と言ってもこの方は「ボンド、ジェームズ・ボンド」なんですが、ヨメサンにとっては「インディのパパ」だそうです。

撮影が行われた坊津町秋目浦にはショーン・コネリーのサイン入りの記念碑が立っています。(こちらの記事

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.06.06

クリント・イーストウッド

 忙しくてブログの更新もままならない。まあネタがないのも一因だけど。今日の日曜は町内会の班長会議。4月からご近所14軒の班長を仰せつかっております。会議は近所の鎮守様で。古くからの住民の方が多いのだが、私のような新しい住民もチラホラ。町内の清掃、防災訓練、秋のお祭り予定などを確認して散会。こちらに引っ越して4年、少しは地域のお役に立てたらと。

 スーパーに行ったら父の日フェアーばかり。我家は私の父親もヨメサンの父親も既に他界し、今頃はあの世で大好きな魚釣りと晩酌三昧かな。何故そんなこと思ったかというと、土曜日テレビでクリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」を観た。映画の中で自動車工あがりの頑固一徹なイーストウッド親父が遠く離れた息子に電話をかけるシーンがあるのだが、会話がぎくしゃくとして表面的なことしか話せず電話を切る。また「大人になった息子とどう付き合ったらいいか分からなかった」というセリフもでてくる。何だか自分と父親の関係みたいでジーンときた。大人になって母親とはどんなことも話したのに、父親とはあまり話した記憶がない。死ぬ直前もあまり連絡していなかったし。忸怩たる思いがある。お互い照れくさかったのかなあ。Eastwood_2
 イーストウッドといえば私にはマカロニ・ウエスタンのガンマンとダーティー・ハリーのハリー・キャラハンで決まり。ローハイドのウェーバーさんを助けるロディ役も良かった。でもローハイドで一番好きだったのはコック役のウィッシュボーン?じいさんなんですが。
 今や渋い演技のイーストウッドなんですが、昔はいろんな役やってましたよね。「恐怖のメロディー」のDJ役や「白い肌の異常な夜」の南軍兵士とか。「白い肌の~」は高校時代私の友人が題名からピンク映画だと思い込み、授業をサボって観に行き、普通の映画でガッカリ。さらにサボったのがバレてひどく怒られた思い出があるようです。監督も早い時期からやってましたよね。「恐怖のメロディー」「アイガー・サンクション」「ファイヤー・フォックス」などなど。ほとんど封切館で観てます。「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」は特に大好きでした。この時の鬼軍曹は「グラン・トリノ」の頑固一徹親父に通じるものがありますねえ。チャーリー・パーカーを描いた「バード」ってのもありました。西部劇に回帰したかのような「ペイル・ライダー」「許されざる者」。「マディソン郡の橋」にはびっくりしました。
 でもやっぱりイーストウッドといえばやっぱり西部劇のガンマン! 夕陽のガンマンのイーストウッドを描いてみました。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2010.03.03

赤頭巾ちゃん気をつけて

 前回の「約束」を観たら、他にも高校時代に観て以来ずーっと観ていない「赤頭巾ちゃん気をつけて(1970年)」と「青春の蹉跌(1974年)」も観たくなった。特に「赤頭巾ちゃん気をつけて」は主演の森和代さんが大好きだった。ショートカットでスレンダー! 全くワタシの好みそのものでした。

 映画は、今や東映社長の岡田裕介さん演じる日比谷高校生の”薫クン”が女医サンのハダカを夢想したり、あっちに行ったりこっちに行ったりウロウロするお話し。Akazukinはっきり言って、映画の内容はよく覚えてないのである。ただただテニスウェア姿の森和代さんにうっとり、一目ぼれ。 その後、彼女は同じ岡田裕介さんとのコンビの映画に出た後、電光石火で森本レオと結婚してそれっきり。だから言ったじゃないの、森本レオには気をつけてって!
 彼女は小椋圭のレコジャケのモデルにもなったんだった。これがまた良かったんだよなあ。当時小椋圭をそれほど好きじゃなかったんだけど、このレコジャケ欲しさにレコード買ったんだった。あのレコードは今何処。

 「赤頭巾ちゃん気をつけて」の原作者、庄司薫さんも当時大人気でしたね。私も「さよなら怪傑黒頭巾」「白鳥の歌は聞こえない」「狼なんかこわくない」と全部読みました。そー言えば、庄司薫さんもピアニストの中村紘子さんと結婚した後、全く世間に姿を見せなくなったんですよね。
 庄司薫さんの後、柴田翔さん「されどわれらが日々」「贈る言葉」「われら戦友たち」と読んだんだけど、高橋和巳さんに行き着かなかったのは私の甘さですかねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.02.21

約束

 映画「約束」(1972年松竹)を30ン年ぶりに観た。高校時代、洋画邦画を問わずに手当たり次第に映画を観ていて、この映画も封切館で観たのだった。それ以後TVでもビデオでも観ることがなく、ずっと観たいと思っていた映画のひとつ。ひょんなことから高校の友人がTVで放映されたビデオを持っているのが分かり、先日借りてきた。でも我家のビデオ、ここ何年も電源入れたことねーぞ。だいじょーぶか?恐る恐るビデオを入れてみると、映った!
 監督は昨年亡くなった「旅の重さ」「津軽じょんがら節」の斎藤耕一さん。主演はテンプターズ解散後間もないショーケンと渡仏前の岸恵子さん。Syoken少し軽薄な若者と訳ありの年上の女性が日本海を走る電車の中で出会い、徐々に心惹かれて2年後の再会を誓って別れるのだが...........点々点。
 30ン年ぶりだったのだがやっぱり良かった!とても切ない映画です。ショーケンはこの映画が初主演。演技がちょっと硬いのだが、軽薄で乱暴ででもどこか憎めない若者をやらせたらこの人の右にでる人はいない。この後の「青春の蹉跌」も良かったよね。岸恵子さんはきれいですねえ。ちょっと「男と女」のアヌーク・エーメを思い出してしまった。でもこの映画では35才の役柄なのだが、ん?35?と思ってしまいました。高校の時は思わなかったんだけどね。
 ところで、この映画の半分は急行しらゆきの中。製作年の1972年当時、金沢と青森を実際走っていた国鉄の急行列車(電車ではない!)です。ただ映画では名古屋-青森間の設定のようです。ふたりが列車を降りる寒そうなうえつ駅(羽越駅か?)も架空の駅のようです。この海の近いうえつ駅はどこだろう?帰りの列車の中であつみ(温海?)といそがわ(五十川)の駅名がでてくるから山形県か? たかのす(鷹ノ巣か?、私の義父の出身地です)もでてくるから秋田県? でも鷹ノ巣あたりから青森は海岸線走らないからなあ。また映画の中では駅前に宮内庁御用達「小牧かまぼこ」の看板が見え、岸恵子さんが渡る横断歩道橋は国道8号線で、駅構内には「米原」「大垣」「名古屋」1-2番線の案内が見えるところから実際の撮影が行われたのは敦賀市なのかもしれません。鉄っちゃんでもないのにそんなことが気になってしかたなかったのです。

 映画の中で刑務所の前で屋台のラーメンを食べるシーンがあるのだが、あることを思い出した。高校時代、友人から夜泣蕎麦とか屋台のラーメンを引いているのはムショ帰りの人だと聞かされた。人を疑うことを知らない純真な少年だったもので、その後長い間屋台のラーメンが食えなかったのです。馬鹿だねえ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2009.12.13

カールじいさんの空飛ぶ家

 土曜のレイトショーで「カールじいさんの空飛ぶ家」を観る。しかもデジタル3D版である。夫婦50割引で二人2000円のとこ3D版ということで一人300円増し。初めての映画館での3D映画でしたが、違和感もなく3Dすっかり気にいりました。
 映画は冒頭の回想シーンが秀逸。ストーリーの背景をしっかり見せます。しかも伏線も。この冒頭のシーンだけでホロリときます。その後のストーリーも荒唐無稽ながら泣かせどころ、笑わせどころのツボもしっかり押さえて、オジサンにもなかなかお勧めです。

 3Dいいなあということで探してみるとありました。写真を3DにするソフトAnaglyph Makerです。(ダウンロードはこちら) 左右を少しずらした2枚の写真を読み込み、グレーかカラーかを指定して3D化ボタンをクリックすると、あら!不思議。下の様な、見たことのある赤青の画像ができます。これを左赤、右青のメガネで見ると、画像が立体視できるんですね。

赤青のメガネで試してください。
Friends3d

 適当な写真がなくて、イラストを立体化してみましたが、あまりうまくいったとは言えませんねえ。もうちょっと修行します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)