« CrazyTalk Animator3 その2 | Main | Bluetooth機器でキャンピングカー快適化  »

2018.03.05

CrazyTalk Animator3 その3

CrazyTalk Animator3の続きです。

飽きっぽいワタシがまだまだ楽しんでいます。
前回は自作キャラを作りました。と言っても頭部だけでボディ部分は用意されているテンプレートを使った手抜きでした。それでも結構楽しめます。

今回は自作のキャラの作り方を忘れないよう書いときます。最近、ジジイになって物忘れが多いもんで。

まず下の画面のように、左にある「G3フリーボーンアクター作成」アイコンをクリック。
Gamen01

すると「ファイルを開く」ダイアログが表示される。適当な画像ファイルを選択。ステージ上に選択した画像が表示され、「ボーンエディター」ダイアログが出る。これは関係ないので閉じる。また画像も関係ないので削除する。
上のメニューから「顔エディター(F)」⇒「頭部作成(C)」⇒「モーフベースの頭の作成(M)」を選択する。
すると「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、対象の画像を選択する。
Gamen03

下の画面が現れるので、「次へ」をクリック。
Gamen04

下の画面が現れるので、左のモデルを参考に両眉の端と口の端を選択し「次へ」をクリック。
Gamen05

下の画面が現れるので、左のモデルを参考に顔の輪郭、眉、目、鼻、口の位置を選択し「次へ」をクリック。
Gamen06

下の画面が現れるので、左の横向きモデルを選択し「OK」をクリック。
Gamen07

以上で、頭部の自作キャラが完成。
喜怒哀楽の表情のアニメーション、口パクで設定したテキストの読み上げが出来るようになります。
なお、右の「カスタム」タブで「頭部」を選択すると、下に「+」が表示されるのでこれをクリック。すると自作キャラが登録されて他のプロジェクトでも使えるようになります。

下の動画は自作した頭部とアプリに用意されている体のテンプレートを合体したモデルにセリフとアニメーションをつけたものです。

セリフは、上のメニューから「作成(C)」⇒「スクリプトの作成(S)」⇒「CrazyTalkスクリプト」と選び、ダイアログで「言語」「男 or 女」を指定し、セリフを入力して「OK」を押します。
抑揚が変ですが、セリフに合わせて勝手に口パクするのは感動的です。

|

« CrazyTalk Animator3 その2 | Main | Bluetooth機器でキャンピングカー快適化  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/66457383

Listed below are links to weblogs that reference CrazyTalk Animator3 その3:

« CrazyTalk Animator3 その2 | Main | Bluetooth機器でキャンピングカー快適化  »