« August 2017 | Main

2017.09.22

My収集モノ

あまりモノに拘る方ではないが、見かけるとついつい買ってしまうモノが3つ。

1つ目が富士山関連グッズ、書籍からTシャツ、メモ帳などなど。
2つ目がスノードーム。昔は観光地のお土産の定番がテナントとスノードームだった。最近めっきり見かけなくなった。
3つ目が鉄腕アトム関連グッズ。特にフィギアは数多くある。フィギアは他にサンダーバードとウルトラマン(セブン)も結構ある。
オイオイ結構モノに拘りがあるじゃねーか?

休日の早朝マイルームに入ると、東の小窓から日が差し、机の上に置いてあったスノードームにあたって、なんとワンダフル!
このキラキラ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°感をなんとか残したいと、思いついたのがGIFアニメ。

北海道富良野のスノードーム
Gif_dome480_1_2

富士山のスノードーム
Gif_dome480_3_2

ウ~ン、思ったよりキラキラ感がでませんねえ。スマホのカメラの性能か?自分の腕か?ま、自分の腕でしょうが。

ついでにアトムも回してみました
Gif_atom480_2
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.17

CSSアニメーション事始め その2・花火

CSSアニメーションの第2弾は、季節はずれですが花火です。

昔、サントリー・オールドのCMに「恋は遠い日の花火じゃない」てのがありましたね。お弁当屋の田中裕子さん。なんかツンとするものがありました。
サントリー・オールドのCMは昔からいいのがありました。男がいる、女がいる。ダンダンダ~ダン.......。
ワタシが好きだったのは大原麗子さんの「長~く愛して」のやつ。待てども待てども帰らぬダンナにプンプン怒る大原さんが可愛かったですね。
ワタシの母親は大原麗子さんが嫌いだそうで。で理由は、「森進一と別れたから!」。ウ~ン訳のわかんない理由です。

おっと、話題がそれました花火アニメーションの話でした。今回のCSSアニメは火薬弾がヒョロヒョロと打ち上がり、内側から徐々に花火が開く様子を表現しました。どうですかね?
(花火のデザインについてはこちらを参考にさせて頂きました)
なお下のアニメーションは記事にアップするためGIFアニメに変換してます。そのためアニメーションの長さなどがオリジナルと異なります。

Gif__short0

前回のアニメーションでは波が左右、サメが右から左に移動する横のアニメーションでした。今回は上への移動を行っていますが、上下左右の移動は、
  transform : translate( Xpx,Ypx)
で表現します。
この命令で現在位置から横にXの値のピクセル分だけ、縦にはYの値のピクセル分だけ移動します。通常画面の左上が基準になるので、値がプラスの場合は右か下に、値がマイナスの場合は左か上に移動します。

今回は移動だけでなく、花火が内側から徐々に表れるようにイラストの出現をコントロールしています。イラストは内側のオレンジの花火、真ん中の黄色の花火、外側の青とピンクの花火の3枚あって、画面に読込むだけでは画面が開いたと同時に3枚とも表示されます。
そこで@keyframes命令を使ってそれぞれの花火の出現タイミングと見え方を制御してます。下のコードは内側のオレンジの花火を定義している部分です。
オレンジの花火は読込みから8秒間見えるようにしてあります。ただそれでは火薬玉が上がっている最中に花火が見えてしまいます。火薬玉が上がりきって消えてから花火が出てくるように@keyfarmes句で、
0%(読込まれた瞬間)から100%(8秒経過)までに花火がどう見えるかをopacityコマンドで指定しています。つまり、

0%から38%(8秒の38%つまり3秒)まではopacity:0で見えない状態。
3秒から50%つまり4秒までopacity:0.5で半分透けて見える状態に。
4秒から88%つまり7秒までにopcity:1で徐々に完全に見える状態に。
そこから最後の100%つまり8秒まで徐々に消えていく。

と定義してます。他の2つの花火も同じように%を変えて定義してあります。

@keyframes orange{
  0%{opacity: 0;}
  25%{opacity: 0;}
  38%{opacity: 0;}
  50%{opacity: 0.3;}
  63%{opacity: 0.5;}
  75%{opacity: 0.75;}
  88%{opacity: 1;}
  100%{opacity: 0;}
}
.hanabi1{
  animation:orange 8s linear infinite;
  position:absolute; top: 185px; left: 515px;
}
  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.10

我が家のキャンピングカー Family Wagon SS その2

前回に続き我が家のキャンピングカーの紹介。今回は内部を。

後部の様子
Nv200_in

テーブルを挟んでヨメさんと向き合って食事やお茶を。
家ではこんなに近くて向き合って仲良くなんて皆無。夫婦円満の秘訣か?キャンピングカーさまさまである。

ダイネットモードからベッドモードへの展開
Gif_nv200_bed

慣れれば5分とかからない。でもそれはヨメさんのこと。不器用なワタシがやるとテーブルの収納場所が分からなくなるし、順番を間違えてかなり時間がかかり、ヨメさん専用の作業に。

収納と設備類
Gif_nv200_syuno

走行充電機能付きの105Ahサブ・バッテリー、各10Lの清水・排水タンク付きのシンク、7L冷蔵庫、6個のLED室内照明灯は標準装備。車内で家電製品が使えるようになる450Wのインバーターはオプション。他に全面を覆うカーテン、外部充電と100Vコンセントをオプションで購入時に追加。
後から地デジ付きのブルーレイプレーヤーを運転席のヘッドレストに自分で取り付け。またヨメさんが後ろの両サイドの窓に台所用のネットを固定。これに小物入れを引っ掛けてコード類などを収納。

スイッチとコンセント類
Gif_nv200_switch

コンセントは12V(シガーソケット)が4個、家電製品に使う100Vが3個。
昼は冷蔵庫、夜は室内灯、テレビ、PCやスマホの充電、夏は扇風機、冬はFFヒーターを夜通しつけてもバッテリーは余裕。
宝くじが当たらないようなので、しばらくはこの車で全国を回ります。

◆キャンピングカーに関する今までの記事
キャンピングカーがやって来た ヤア!ヤア!ヤア!
リビング快適化プロジェクト
リビング快適化プロジェクト その2
リビング快適化プロジェクト 第2弾
リビング快適化プロジェクト 第2弾 その2
リビング快適化プロジェクト 第3弾
プチ快適化PJ
プチ快適化PJ その2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.09.04

我が家のキャンピングカー Family Wagon SS

我が家のキャンピングカーの紹介です。

小学生の時に見た、ピンキーとキラーズがマツダのバスを改良したキャンピングカーで、旅をするドラマを見て以来、キャンピングカーに憧れた。いつかはクラウンじゃなくて、キャンピングカーと思っていたのかもしれない。

そして5年ほど前に夢をゲット。ただキャンピングカーと言っても見てのとおり、外見はいたって普通のミニバンで、言わばプチキャンピングカー。

20年以上前から山登りの前泊目的で、ホンダのSM-Xやステップワゴンで車中泊してた。フルフラットになる車だったので、寝るだけならノープロブレン。
でも夏は扇風機が、冬は暖房が欲しい、テレビも見たいしということで、やっぱりキャンピングカーだよねと、珍しく夫婦の意見が一致。

専門誌を見たり、キャンピングカー・ショーへ出向いて、見つけたのがFamily Wagon SSというこの車。決め手はキャンピングカーらしからぬスタイルの良さと日常でも使えるコンパクトさだった。
ホントは........ワーゲンのミニバスTypeⅡが欲しかったのだが、何せ古~いクルマで日々のメンテは必須。「釘1本満足に打てないアナタには絶対ムリ!」とヨメさんに釘をさされたのだ。トホ。

ベース車輌は日産のNV200というワゴン車。5人乗りで排気量1600cc、全高1850mm、全長4400mm、全幅1695mmの5ナンバーサイズの車。ビルダーは徳島に本社のあるANNEXという会社。注文から6ヶ月掛かって納車された。

購入からもう5年経った。その間に北海道の稚内から南は実家のある南さつま市まで、日本の北の端から南の端まで走った。走行距離は約4万5千キロ。定年で収入はガタ減り。まだまだ乗り続けますよ。宝くじでも当たれば即買い替えだが.......ワーゲンバスに!

北海道・層雲峡のキャンプ場で。ゴミ処理OKでたったの500円!
1504443203883.jpg

ポケットドローンのDOBBYで撮影
Gif_nv200

普通の車と違うのは運転席ドアの下の謎の突起物と後部ドアの横の丸い黒のキャップの2ヶ所。

FFヒーターの排気口。
FFヒーターはエンジンを切っても、サブ・バッテリーと車のガソリンを使って暖房する装置で、冬の車中泊には欠かせない装置。一晩稼動してもガソリンの消費は0.5L程度。真冬でもヌクヌク。
Jpeg_nv200_ex01

外部充電用のソケット。
家庭のコンセントからケーブルで繋いでサブ・バッテリーに充電する。
Jpeg_nv200_ex02

今回は外見の紹介で、内部と装備については次回に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2017 | Main