« 北海道くるま旅2017 その3 | Main | 北海道くるま旅2017 その5 »

2017.08.01

北海道くるま旅2017 その4

北海道上陸3日目の朝。

恵山の横から朝日が顔を出した。
Hokkaido0718_00

この日もコンビニおにぎりで朝食を済ませ、8時前に道の駅を出発。国道278号線(恵山国道)を走った。

最初の道の駅縄文ロマン南かやべ(@函館市) 道の駅というより博物館。
Hokkaido0718_01

さらに278号線を走ると間もなく道の駅しかべ間歇泉公園に着いた。至る所から湯煙が。
Hokkaido0718_02

約15分間隔の間歇泉があった。足湯に浸かりながら見られる。
Hokkaido0718_03

ところでこの道の駅で出会いがあった。我が家の車の横に停まったのが、我が家と同じニッサンのNV200。あれっと思って後ろを覗くと、所沢ナンバーで我が家と同じキャンピングカー・ディーラーのステッカーが! 降りてきた中年男性に尋ねると、やはり同じディーラーだった。ただ同じ車種でもキャンピングカー仕様が異なるタイプ。数日前に北海道に来て、8月末まで反時計回りに北海道旅行中とのこと。お互いビックリ。いい旅をと分かれた。

今回の旅で見たかった山のひとつ駒ヶ岳。残念ながら山頂に雲がかかってる。
Hokkaido0718_04

大沼国定公園。ここも外国の方だらけ。
Hokkaido0718_05

大沼越しの駒ヶ岳。ビューポイントの案内あり。
Hokkaido0718_06

1時間ほど遊歩道をブラブラし汗をかく。休憩所で食べたカキ氷の美味かったこと。
大沼を後にし、駒ケ岳を回り込むようにまた海岸線へ。

JR函館本線の森駅。
Hokkaido0718_07

森駅といえば、京王デパートの駅弁大会でいつも1位のいかめし(650円)。
Hokkaido0718_08

道の駅YOU・遊 もり。ここでいかめしをペロリ。美味い!
Hokkaido0718_09

森ICから道央自動車道に乗り長万部まで。

長万部駅といえば、かにめし。
駅売りはなく近くの製造元へ。レストランの椅子と窓が列車風だった。
Hokkaido0718_10

駅弁かにめし(1000円)。晩めし用。
Hokkaido0718_11

札幌生まれのヨメさんは、父親が出張のお土産にこのかにめしをよく買ってきていたらしい。久しぶりの思い出のかにめしは昔のままで美味しかったとのこと。

長万部から国道37号線を走り、洞爺湖を目指す。

洞爺湖いこいの家(370円)。洞爺湖を望む高台にある日帰り温泉。ここもクーラーなし!
Hokkaido0718_12

洞爺湖畔。着いた時はモーターボートや水遊びの人がいっぱいいた。
Hokkaido0718_13

洞爺湖曙公園のキャンプ場。デイキャンプの人たちが帰ると、急に寂しくなった。
Hokkaido0718_14

広いキャンプ場なのに遠くにテントが2張りと近くにバイク旅の青年がひとりだけ。
ノンビリしていると管理人の方が料金を徴収に来た。キャンピングカーは1200円とのこと。キャンプ場のトイレは全て汲み取り式だがいいかと念を押された。水洗式はちょっと離れた駐車場にあるとのこと。また夜対岸の温泉街で花火があがると教えて貰った。

対岸の温泉街の花火。毎夜打ち上げるとのこと。花火を見る船も出るようだ。
Hokkaido0718_15

明るいうちにキャンプ場内のトイレに行ったのだが、さすがに臭かった。(笑い) それでヨメさんと寝る前に駐車場の水洗式のトイレまで歩く。すると駐車場に昼間会った所沢ナンバーが!もう就寝中のようで声はかけなかったが、同じようなコースを辿ったのかな。

|

« 北海道くるま旅2017 その3 | Main | 北海道くるま旅2017 その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/65604313

Listed below are links to weblogs that reference 北海道くるま旅2017 その4:

« 北海道くるま旅2017 その3 | Main | 北海道くるま旅2017 その5 »