« 北海道くるま旅2017 その7 | Main | GIFアニメでバスを動かす »

2017.08.20

我がこころの耳取峠

水彩にはまったかも。

前回の40ん年ぶりの昭和新山の水彩で、Light My Fire!!
春先に購入した12色では足りないと、アマゾンで「サクラクレパス固形水彩絵の具プチカラー36色(3909円)」をポチッ。シロートは自分の技術を顧みず、道具に凝るのです。

で、今回の題材は鹿児島県南さつま市坊津町の耳取峠(みみとりとうげ)。
小さな頃から薩摩富士と呼ばれる秀麗な開聞岳を望むこの景色が好きで、何かを描きなさいと言われると、いつもこの景色を描いていた。特に春先は大好きで、下に広がる畑が菜の花の黄色一色に染まった。
また高校時代、土曜の昼に下宿先の鹿児島市内から2時間近くかけて帰ってきて、この峠に差し掛かって開聞岳が見えるとホッとしたものだ。逆に日曜日の夕方下宿先に帰る時は開聞岳を見て寂しくなった。

開聞岳の奥は大隅半島。条件が良ければ種子島も見える。左手前に枕崎市街と港。右には奇岩の立神が見える。

我がこころの原風景。
Touge01

手前に峠の道路を。
Touge02

ボンネットバスも。
Touge03

ぞして土手。奥行きがでたよーな。
Touge04

次回はバスを動かしてみます。

 

|

« 北海道くるま旅2017 その7 | Main | GIFアニメでバスを動かす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/65687771

Listed below are links to weblogs that reference 我がこころの耳取峠:

« 北海道くるま旅2017 その7 | Main | GIFアニメでバスを動かす »