« 残暑お見舞い2017 | Main | 我がこころの耳取峠 »

2017.08.15

北海道くるま旅2017 その7

北海道最後の朝も曇り空。

今日は予定もなく、18時30分苫小牧発のフェリーに間に合えばいいだけなので、ノンビリ道の駅を出発。
海岸線を目指す。いたるところにナウマンの名前だらけ。途中でホロカヤント沼という珍しい名前に惹かれて、看板どおりに進むと道に迷った。ウロウロしていたら海岸端の晩成温泉に着く。朝早いので利用しなかったが、隣が広いキャンプ場でバーベキュー施設もある。今度来た時は宿泊地にいいかも。でもいつのことやら。

目の前が海の晩成温泉。濃霧で見えないけど。宿泊施設あり。
Hokkaido0720_00

名残り惜しいけど、そろそろ帰りますか、ということで帯広を目指す。
この頃は晴れ間ものぞき、北海道らしい十勝平野をノンビリ進み、帯広には昼前に着いた。駅前に駐車し、駅構内の駅弁売り場に直行。

帯広と言えば豚丼!写真を撮り忘れ、昨年の写真。オジさんは同じ。
Hokkaido0720_01

中身は同じで、右は紐を引くと温かくなる弁当。タレが美味かった!
Hokkaido0720_02

帯広から高速に乗り、途中のSAで昼寝したりして16時過ぎに苫小牧のフェリー乗り場に到着。

これから乗船するサンフラワー。こちらも新造船。
Hokkaido0720_03

サンフラワーの隣には「襟裳岬」と同じ岡本おさみ・吉田拓郎コンビの「落陽」で、♪サイコロ好きですってんてんのあのじいさんが女の子みたいにテープを拾ってわざわざ見送ってくれた♪苫小牧発仙台行きフェリー♪もいた。
17時過ぎに乗船が始まる。部屋に入ると新造船らしく全てピッカピカ。ヨメさんは早速、船内の探検と展望風呂へ。

観光ホテル並みの部屋。最後なので奮発。
Hokkaido0720_04

専用のテラス付き。潮風が心地良かった。
Hokkaido0720_05

朝昼晩ともにバイキング方式のレストラン。食いすぎた!
Hokkaido0720_06

ゆったり寛げる船内。
Hokkaido0720_07

太平洋を航行中。穏やかな航海だった。
Hokkaido0720_10

定刻どおり翌日の14時に大洗港に到着。
Hokkaido0720_11

あっと言う間の7泊8日(うちフェリー2泊)の北海道くるま旅だった。
 

|

« 残暑お見舞い2017 | Main | 我がこころの耳取峠 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/65666637

Listed below are links to weblogs that reference 北海道くるま旅2017 その7:

« 残暑お見舞い2017 | Main | 我がこころの耳取峠 »