« 北海道くるま旅2017 その2 | Main | 北海道くるま旅2017 その4 »

2017.07.28

北海道くるま旅2017 その3

北海道上陸2日目の朝。どんよりの曇り空。
昨夜、小雨交じりの中到着した自転車旅の若者はどうしたんだろうとヨメさんが心配している。
我が家もさっさと洗顔とコンビニおにぎりで朝食を済ませ、7時過ぎに道の駅てっくいランド大成を出発。

今日は国道229号線、途中から228号線を走り函館まで。函館観光のあと、近場のキャンプ場か道の駅で宿泊と大まかな予定。

出発後間もなく雨が降りだした。雨の中、229号線沿いの道の駅ルート229元和台(@乙部町)、江差(@江差町)に立ち寄る。ただ朝早くてまだ営業前。やっと3つ目の道の駅上ノ国(@上ノ国町)もんじゅが営業中だった。ここは海岸線の高台にあり景色も(晴れてれば)グッドでした。

Hokkaido0716_01

海の母と山の母のマーケット開催中。お母さんたちの元気が良かった。
Hokkaido0716_02

アワビごはん(700円)とサクランボを購入。
Hokkaido0716_03

道の駅北前船松前(@松前町)からは松前藩のお城?が見えた。さすが北前船で賑わった松前藩のお膝元、大きな町だった。
Hokkaido0716_04

道の駅横綱の里ふくしま(@福島町)。横綱千代の山と千代の富士の出身地とのこと。駅の向かいの横綱記念館は道の駅より立派だった。ところで千代の山って誰?
Hokkaido0716_05

道の駅ふくしまを出たあたりから雨が本降りに。次の道の駅しりうち(@知内町)に着く頃は怖いくらいの雨に。道の駅で様子を見ることに。ここで上ノ国で購入したアワビごはんを食す。味付けがちょっと甘かった。

知内町は北島サブローの出身地らしく駅にはずっと北島サブローが流れていた。
駅の隣にある新幹線展望塔から新幹線の線路と道の駅の建物。ここからは青函トンネルの出入り口と信号所を見ることができる。雨の中20分ぐらい粘ったが新幹線が通る気配は全くなかった。
Hokkaido0716_06

雨が少し落ち着いたところで道の駅を出発。間もなく道の駅みそぎの郷きこない(@木古内町)に着いた。ここは北海道新幹線木古内駅前。

北海道新幹線木古内駅。雨の中、何かイベントの開催中らしく駐車場が混雑していた。
Hokkaido0716_07

降り続く雨のなか14時過ぎに函館着。30年ほど前に来た時に行けなかった五稜郭に行くことにする。

五稜郭タワーからの五稜郭。
Hokkaido0716_08

周りは外国の方だらけ。夜景でもと思っていた函館山は雲の中。夜景は諦めました。
Hokkaido0716_09

ワッ、コワッ!
Hokkaido0716_10

ヨメさんが友達からLINEで教えて貰ったハンバーグが美味しいと言うタワー近くのラッキーピエロも、外国の方が大勢並んでいてパス。根性がないんです。
夜景も諦めたし、後は温泉と今夜の宿泊地探し。国道278号線で海岸線を東へ走る。

途中で見つけた日帰り温泉施設ふれあい遊湯館(360円)で汗を流す。ここも立派な建物なのにクーラーが入っていなかった。ここは函館市の公園施設内でオートキャンプ場が隣にあったが5千円以上してパス。北海道は格安に限る!

5時前に道の駅なとわ・えさん(@函館市)に到着。ここは建物もお洒落で駐車場も広く、目の前は海。今夜の宿泊地にする。

道の駅なとわ・えさん。オートじゃないけどキャンプ場も併設。
Hokkaido0716_11

道の駅の屋上テラスから恵山(右側、618m)。活火山だそうです。
Hokkaido0716_12

この夜は涼しくて、波音と時たまカエルの鳴き声を聞きながら熟睡。


|

« 北海道くるま旅2017 その2 | Main | 北海道くるま旅2017 その4 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/65587849

Listed below are links to weblogs that reference 北海道くるま旅2017 その3:

« 北海道くるま旅2017 その2 | Main | 北海道くるま旅2017 その4 »