« June 2017 | Main | August 2017 »

2017.07.28

北海道くるま旅2017 その3

北海道上陸2日目の朝。どんよりの曇り空。
昨夜、小雨交じりの中到着した自転車旅の若者はどうしたんだろうとヨメさんが心配している。
我が家もさっさと洗顔とコンビニおにぎりで朝食を済ませ、7時過ぎに道の駅てっくいランド大成を出発。

今日は国道229号線、途中から228号線を走り函館まで。函館観光のあと、近場のキャンプ場か道の駅で宿泊と大まかな予定。

出発後間もなく雨が降りだした。雨の中、229号線沿いの道の駅ルート229元和台(@乙部町)、江差(@江差町)に立ち寄る。ただ朝早くてまだ営業前。やっと3つ目の道の駅上ノ国(@上ノ国町)もんじゅが営業中だった。ここは海岸線の高台にあり景色も(晴れてれば)グッドでした。

Hokkaido0716_01

海の母と山の母のマーケット開催中。お母さんたちの元気が良かった。
Hokkaido0716_02

アワビごはん(700円)とサクランボを購入。
Hokkaido0716_03

道の駅北前船松前(@松前町)からは松前藩のお城?が見えた。さすが北前船で賑わった松前藩のお膝元、大きな町だった。
Hokkaido0716_04

道の駅横綱の里ふくしま(@福島町)。横綱千代の山と千代の富士の出身地とのこと。駅の向かいの横綱記念館は道の駅より立派だった。ところで千代の山って誰?
Hokkaido0716_05

道の駅ふくしまを出たあたりから雨が本降りに。次の道の駅しりうち(@知内町)に着く頃は怖いくらいの雨に。道の駅で様子を見ることに。ここで上ノ国で購入したアワビごはんを食す。味付けがちょっと甘かった。

知内町は北島サブローの出身地らしく駅にはずっと北島サブローが流れていた。
駅の隣にある新幹線展望塔から新幹線の線路と道の駅の建物。ここからは青函トンネルの出入り口と信号所を見ることができる。雨の中20分ぐらい粘ったが新幹線が通る気配は全くなかった。
Hokkaido0716_06

雨が少し落ち着いたところで道の駅を出発。間もなく道の駅みそぎの郷きこない(@木古内町)に着いた。ここは北海道新幹線木古内駅前。

北海道新幹線木古内駅。雨の中、何かイベントの開催中らしく駐車場が混雑していた。
Hokkaido0716_07

降り続く雨のなか14時過ぎに函館着。30年ほど前に来た時に行けなかった五稜郭に行くことにする。

五稜郭タワーからの五稜郭。
Hokkaido0716_08

周りは外国の方だらけ。夜景でもと思っていた函館山は雲の中。夜景は諦めました。
Hokkaido0716_09

ワッ、コワッ!
Hokkaido0716_10

ヨメさんが友達からLINEで教えて貰ったハンバーグが美味しいと言うタワー近くのラッキーピエロも、外国の方が大勢並んでいてパス。根性がないんです。
夜景も諦めたし、後は温泉と今夜の宿泊地探し。国道278号線で海岸線を東へ走る。

途中で見つけた日帰り温泉施設ふれあい遊湯館(360円)で汗を流す。ここも立派な建物なのにクーラーが入っていなかった。ここは函館市の公園施設内でオートキャンプ場が隣にあったが5千円以上してパス。北海道は格安に限る!

5時前に道の駅なとわ・えさん(@函館市)に到着。ここは建物もお洒落で駐車場も広く、目の前は海。今夜の宿泊地にする。

道の駅なとわ・えさん。オートじゃないけどキャンプ場も併設。
Hokkaido0716_11

道の駅の屋上テラスから恵山(右側、618m)。活火山だそうです。
Hokkaido0716_12

この夜は涼しくて、波音と時たまカエルの鳴き声を聞きながら熟睡。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.26

北海道くるま旅2017 その2

フェリーから降りると雲の間から朝日が。
道南の海岸線を襟裳岬まで走る今回の旅を期待させます。

Hokkaido0715_01

3回目の小樽なのにいつも素通り。最後なのでちょっと寄って行くことに。
でもまだ朝の5時過ぎ。どこも開いてません。仕方ないので、小樽運河を見学して先へ進むことに。小樽は今度来た時にじっくり。でも何時になることやら。裕次郎記念館もその時は無くなっているだろうし。
Hokkaido0715_02

最初に寄ったのは、道の駅スペースアップルよいち(@余市町)。スペースシャトルの模型があり、なんじゃと思ったら、毛利衛さんの出身地なんだと。でもここも開店前。
Hokkaido0715_03

さらに積丹半島を国道229号線で先へ。この国道は追分ソーランラインと呼ばれ、左に急峻な山、右側は直ぐ日本海が迫る景色のいい国道です。しかも次々に奇岩が現れて、あれは妊娠中のゴリラとか名前をつけて車内が盛り上がりました。
こちらは吉良上野介の首
Hokkaido0715_04

積丹半島の島武意海岸。ヨメさんはダイソーでゲットした自撮り棒が大活躍です。
Hokkaido0715_05

神威岬。強風のため灯台へまでは行けませんでした。
Hokkaido0715_06

道の駅オスコイ!かもえない(@神恵内村)で見つけた流木アート
Hokkaido0715_07

岩内町を過ぎたところで、一旦海岸線を離れて、内陸のニセコを目指す。
今回の旅の目的のひとつ羊蹄山。日本百名山のひとつで標高は1898m。蝦夷富士と呼ばれるだけあって堂々の山容です。ほぼ一周したが、どこから見てもその名に恥じないきれいな山でした。
Hokkaido0715_09

羊蹄山の麓にある道の駅名水の郷きょうごく(@京極町)に併設されたふきだし公園。羊蹄山に降った雪や雨が時間をかけてここに湧水として湧き出てるとのこと。
Hokkaido0715_10

山梨の白州など湧水地ではよく見かける光景です。我が家もキャンピングカーの清水タンクにたっぷり頂きました。この湧水で淹れたコーヒーが美味しかったのは気のせいでしょうか?
Hokkaido0715_11

ニセコ野営場。キャンプ場ガイドで宿泊地として調べていた場所。しかしニセコアンヌプリとイワオプリに挟まれた峠道で、周囲には温泉宿と山の家が2軒あるばかり。あまりに寂しすぎてパス。
Hokkaido0715_12

道の駅ニセコビュープラザからの羊蹄山。残念ながら雲が掛かってました。人気の道の駅のようで大勢の人がいました。
Hokkaido0715_13

内陸のニセコから海岸線に戻り、道の駅シェルプラザ・港(@蘭越町)、みなとま~れ寿都(@寿都町)などに立ち寄りながら再び国道229号線を南下。

途中で見つけた今回最初の温泉、寿都温泉ゆべつの湯(500円)。いい湯だったのだが、館内はクーラーが利いておらず湯上りの身には暑いことこのうえない。札幌育ちのヨメさんは北海道では当たり前と涼しい顔。
Hokkaido0715_15

温泉に入った後は、今夜の宿泊地のオートキャンプ場か道の駅を探すも適当な場所がなく、結局ここ道の駅てっくいランド大成(@せたな町)に決定。日本海に沈む夕陽が名所とのことだったが、着いた時は生憎の曇り空。因みにてっくいとはヒラメのこの地方の呼び名とのことです。
この日は北海道でも30度を越える場所が何ヶ所もあったとのことで、風があるものの蒸し暑くて寝苦しい夜でした。
Hokkaido0715_17


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.18

北海道くるま旅2017 その1

今年も7泊8日(フェリー2泊)の予定で北海道くるま旅中です。
今年は小樽から海岸線を江差、函館、森、長万部、室蘭、苫小牧、日高を走り襟裳岬を目指します。これで3年越しの北海道1周です。

14日新潟発11時45分出港の新日本海フェリーの新造船あざれあに乗船しました。

あざれあは6月29日に就航したばかりのピッカピカのフェリーです。
Hokkaido2017_01

テラス付きのホテル並みの部屋。今年が最後なので奮発しました。
Hokkaido2017_02

近くの元気な幼稚園児たちとカモメが見送ってくれました。
Hokkaido2017_03

日本海を北へ向かいます。
Hokkaido2017_04

19時過ぎに日本海に夕日が落ちました。
Hokkaido2017_05

予定どおり翌朝4時過ぎに小樽港に着きました。テラスにカモメがお出迎えです。
Hokkaido2017_06

さあ、襟裳岬を目指します。おっと、その前に北海道のコンビニ、セイコーマートで朝飯ゲットしなくっちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.11

北海道くるま旅へ行ってきます

今年も北海道くるま旅へ出発です。

3年連続の夏の北海道行きで、今年でほぼ北海道を1周したことになります。行きは新潟発の小樽行き、帰りは苫小牧発の大洗行きのフェリーを利用します。

今年で最後になりそうなので、行きも帰りもテラス付きの豪華?な部屋を予約しました。しかもどちらも今年就航した新造船のようです。くるま旅も当然ですが、フェリーも楽しみ!

今年の予定は小樽から函館、苫小牧と道南の海岸線を走り、最終目的は♪何もない~♪襟裳岬です。宿泊は各地のオートキャンプ場で我が家のプチ・キャンピングカーでの車内泊です。
この2年間、道北・道東を回り、各地の無料や格安のオートキャンプ場にお世話になりました。ほんと北海道はオートキャンパーの天国です。

今年もどんな出会いがあるか楽しみ。
Hokkaido

美瑛の丘
Hokkaido2

一度は訪れたかったケンメリの木
Hokkaixo3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.07.03

山開きに行ってきました

ということで、7月1日(土)に行ってきました。でもアルプスではありません。都内です。

毎年7月1日は富士山を初め、各地で安全を祈願して山開きの行事が行われます。昔はというか腰を悪くするまでは登山が趣味のひとつで、この時期になるとワクワクしたものです。
ところが今では駅の階段を下るのも怖い有様。登山なんてもってのほか!

じゃ何故山開きへ? そう、山開きと言っても都内に数多くある富士塚の山開きに行ってきたんです。本物と同じように7月1日に山開きをする富士塚が多いんですね。

今年はラッキーにも1日が土曜日と重なったため、神田に用事があったついでに近くの富士塚を回ってきました。

最初に向かったのが、山手線の鶯谷駅近くの下谷の小野照崎神社。ここには有名な下谷坂本富士があります。ちょうどこの日の夜。テレ東のアド街で入谷を取り上げていて、渥美清さんが寅さん役を取るためこの神社に願掛けして、その願いどおり寅さん役に抜擢された、というのを知りました。普段は柴又帝釈天じゃなくてここのお守りを下げていたとか。でもそれは別の話。

じゃ~ん! ほんと山開きです。
1_1

1_2

夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)の茅の輪くぐり。左廻り、右廻り、また左廻りで3回茅の輪を潜ると、半年間で積もった穢れが落ちて、いいことがあるそうな。
1_3

富士塚の坂本富士は境内の奥にあります。老若男女が登ってました
1_5

小雨の中、次は駒込富士のある駒込の富士神社に向かいました。
2_1

境内には露店が所狭しと並んでます。
2_2

不思議な飲み物。女の子たちが美味しそうに飲んでました。美味しそうだけど体には悪そう!
2_3

射的。なかなか落ちないんだよなぁ。
2_3_2

金魚すくい。店番は客そっちのけでスマホに夢中?
2_3_3

急階段を登った山頂から。露店だらけ。
2_5

山頂にある本社。隣の売店?でお守りの麦わら蛇の神龍(千円)を購入。
2_6

近くの公園にも富士山が!
2_7

次は北区の十条富士の予定でしたが、雨が強くなったため断念。根性ありません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main | August 2017 »