« Windows10 Creators Update in YOGA BOOK | Main | GWドライブ -宝暦治水を見に行く- その2 »

2017.05.11

GWドライブ -宝暦治水を見に行く- その1

(5月3日)昔なら9連休のところだが、会社の休暇制度が変わって今はGWはほぼカレンダーどおり。しかし今年は日めぐりが良く5連休となった。そこで前から気になっていた高校時代の地理の先生に教えてもらっていた岐阜の宝暦治水の遺構を回ることにした

宝暦治水とは江戸時代(1754~1755年)に薩摩藩が岐阜の木曽川、長良川、揖斐川の洪水対策のために行った治水工事のこと。何故、岐阜の洪水対策に薩摩藩かというと、もちろん三川(さんせん)流域の人々が洪水に苦しんでいたのは事実だが、外様ながら大大名の島津氏の勢力を削ぐために幕府が命じた工事(御手伝い普請)だと言われている。実際に薩摩藩は人的にも財政的にも大打撃を被った。
それでもこの治水工事は岐阜の人々には感謝され、今でも鹿児島県と岐阜県の交流が続いているようだ。またワタシぐらいより上の鹿児島県人は子供の頃、この治水工事のことを教えられ、特にこの工事に参加して病死や自害した人々を薩摩義士として敬うよう刷り込まれている。

少しでも渋滞を避けようと、会社から帰った2日の21時に板橋区の自宅を出発し、大泉ICから関越道に乗る。考えることは皆さん同じで夜にも関わらず結構混んでいる。特に圏央道に入って、青梅から中央道の小仏トンネルまでが大渋滞。本来なら諏訪湖SAまで行って前泊のつもりが、既に深夜1時を過ぎたので、途中の双葉SAで車中泊に。

朝6時過ぎに起きると天気はいい。でもSAには次々に車が入ってくるので、早々と洗面と朝食を済ませて、7時過ぎにSA出発。

渋滞の上りを横目に、雪を被った中央アルプスを眺めながら中央道をすいすい。今日の予定はないので、中津川ICで降りて、道の駅をめぐりながら岐阜を目指した。

駒ケ岳SAから中央アルプス
P_20170503_090554picsay

道の駅 きらり阪下(中津川市)→道の駅 賤母(しずも中津川市) ここで東山魁夷 心の旅路館を覗く。東山魁夷のリトグラフや木版画の常設展示館で下の絵に似た「緑の詩」の大判のリトグラフがあった。
こちらは長野県信濃美術館 東山魁夷館のパンフレットから
Epson042picsay

→道の駅 五木のやかた かわうえ(中津川市) ここの売店で朴葉寿司と五平餅をランチ用に購入。川沿いの空き地に車を停めて食べた。名物に旨いものなしと言うけど、結構気に入った。 →道の駅 花街道付知(中津川市) 木材関係の市が開かれてた。 →道の駅 清流白川 クオーレの里(白川市) 鯉のセリが行われてた。 →道の駅 美濃白川 ふるさと館ピアチェーレ(白川市) ここの併設の温泉でひと風呂。駐車場が大混雑してたので、温泉もと思いきやガラガラ。

P_20170503_141610picsay

P_20170503_143925picsay

奥の露天からは眼下に飛騨川と鉄橋を渡る高山線の電車?が見えた
飯も食ったし、風呂にも入ったし、後は今日の宿泊地の道の駅 クレール平田(海津市)を目指すだけ。岐阜駅付近で渋滞したものの18時過ぎにクレール平田に到着。夕陽を見ながらコンビニ弁当を食べ、しばらくテレビを見て21時には就寝しました。

P_20170503_174155picsay


|

« Windows10 Creators Update in YOGA BOOK | Main | GWドライブ -宝暦治水を見に行く- その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/65251814

Listed below are links to weblogs that reference GWドライブ -宝暦治水を見に行く- その1:

« Windows10 Creators Update in YOGA BOOK | Main | GWドライブ -宝暦治水を見に行く- その2 »