« March 2017 | Main

2017.04.16

尾道三部作

旅番組で尾道が紹介されていた。
ワタシは尾道が好きだ。大学時代、キレイな文学部の女の子がいて彼女は尾道出身だった。彼女を見たくて興味もない他学部の文学概論Ⅰなんて講義を大講義室でイネムリしながら聴いていた。
それもあるが、小学3年生の時、当時鹿児島と大阪を行き来していた父親が船長の貨物船に乗って大阪に行ったことがる。大阪からの帰り、瀬戸内海を航行中に台風が来るとのことで尾道港に避難した。
台風が無事過ぎて船の上から見た尾道の街に息をのんだ。港の前を電車が走り、その後は段々に続く家並み、山の上には大きなお寺。その風景を夏休みの宿題の絵に描いた。その絵がコンクールで賞をいただいたのだ。

それ以来訪れることはなかったが、社会人になって大林宣彦監督の尾道三部作を見て感激した。大林監督の尾道三部作とは
  ◆「転校生」1982年 主演 小林聡美
  ◆「時をかける少女」1983年 主演 原田知世
  ◆「さびしんぼう」1985年 主演 富田靖子
いずれも少女と少年の淡い恋がテーマ。尾道の風景は言わずもがな、脇役陣が三部作ともいいんですよ。

当時、映画的には
  ◆時をかける少女>さびしんぼう>転校生

「転校生」と「さびしんぼう」は児童文学作家の山中亘さんの原作。大学生の時に綿密な資料で戦中教育を批判した「撃チテシ止マン」などの「ボクラ小国民」シリーズを読んでいただけに山中さんの原作と知ってビックリした。
「時をかける少女」は言わずと知れた筒井康隆原作ですね。同じ原作のNHKの少年シリーズの第1作「タイムトラベラー」も面白く観ていたもんです。

女優さん的には
  ◆富田靖子>小林聡美>原田知世

当時、原田知世は角川映画の秘蔵っ子と言われていましたね。その前の薬師丸裕子に比べるとなんだか華やかさに欠ける女の子だなと思っていたが、今見るとキレイですねえ。
Photo

この後の大林監督の、尾道ではないけど瀬戸内の城下町を舞台にした鷲尾いさ子主演の「野ゆき山ゆき海べゆき」(1986年)を観た時はビックリした。いくら映画初出演だとしても鷲尾いさ子のセリフが棒読みで不自然に感じたのだ。しかしそれも演出上のことだったと後から知った。後年テレビで女性検事役をカッコよく演じた鷲尾さんですからね。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.07

春が来た

長かった冬も退いて、ようやく春の訪れを感じられるようになりました。
それにしても今年のサクラは気を持たせましたね。確か東京の開花宣言は21日。2日にはもう満開宣言が気象庁から発表されました。
1日と2日の週末は年度決算で花見どころではなく、今年のサクラは諦めました。ところが満開宣言がでた割には自宅の周りのサクラは満開に程遠いものでした。やっと6日に1日だけ休みが取れたので、自宅に近い赤塚城址公園や光ヶ丘公園に行ってみました。
平日とあって人出はそれほどではなかったものの、オジサン・オバサン(自分もそーだけど)のグループと子供連れのママ友のグループがやっと満開を迎えたサクラの下で花見をしてました。
天気もよく、春らしい温かな日でリフレッシュできました。

サクラは編集が間に合わなかったので、この日見かけた春の花々を。

サクラ@光ヶ丘公園
1491539825860.jpg
ショカッサイ@光ヶ丘公園
1491539827761.jpg
オドリコソウ@光ヶ丘公園
1491539829043.jpg
ハナニラ@赤塚植物園
1491540192771.jpg
ニリンソウ@赤塚植物園 板橋区の花です
1491540194225.jpg
シャガ@赤塚植物園
1491540195543.jpg
リキュウバイ@赤塚植物園
1491540196682.jpg
イカリソウ@赤塚植物園
1491540564250.jpg
シャクヤク@赤塚植物園
1491540566322.jpg
アセビ@赤塚植物園
1491540567664.jpg
ボケ@赤塚植物園
1491540569067.jpg
スミレ@赤塚植物園
1491540570275.jpg
ヤマブキ@赤塚植物園
1491540571682.jpg
レンギョ@赤塚植物園
1491540573028.jpg
ユキヤナギ@わが家
1491542074132.jpg

この他にもコブシ・ミツマタ・サンシュユ・何とかイチゲなどなど咲いて、春爛漫でした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.04.03

パソコン購入 -YOGA BOOK- その3

YOGA BOOKの記事がさらに続きます。

前回はキーボードの話題でしたが、今回はYOGA BOOKの使用モードについてです。
YOGA BOOKにはウォッチバンドヒンジという特殊なヒンジが採用されており、ディスプレイ部とキーボード部を自由に折り曲げていろんなモードで使うことができます。ヒンジは見た目も変わっていますね。
Yogabokk00

◆タイプモード
Yogabook01
通常のノートパソコンの使用スタイルですね。

◆ウォッチモード
Yogabook03
名前のとおり動画などを見るときにいいかも。

◆ブラウズモード
Yogabook04
ディスプレイ部とキーボード部を360度曲げます。タブレットとして使用するときに。

◆クリエイトモード
Yogabook02
キーボード部をデジタイザーとしてペンでお絵描きするときに便利そうです。

カフェなどでウォッチモードで動画なんか見ていると、隣の人が興味深々で見ます。
YOGA BOOKは性能的には劣るけど、ユニークなキーボードやスタイルなど久しぶりに買ってよかったと思える買い物でした。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2017 | Main