« 尾道三部作 | Main | Windows10 Creators Update in YOGA BOOK »

2017.04.24

学校橋河原 -デイキャンプ-

さわやかに晴れた23日の日曜日に、埼玉県嵐山町の学校橋河原にデイキャンプに行ってきた。最近買ったキャンプグッズのお試しです。

Photo
7時半過ぎに板橋区成増の自宅を出て、いつもの裏道を行き、9時過ぎに到着。入口で管理人のオジサンに利用料400円を払い、キャンプ場に入ると既に多くのキャンパーがいました。

学校橋からキャンプ場方面
Photo_2

Photo_3
学校橋河原キャンプ場は都幾川に架かる学校橋のすぐ横。河原でもキャンプOKです。ただし河原でのキャンプは17時までで、宿泊はできません。
なおキャンプ場の反対(上流)側は数キロにおよぶ桜並木があり、桜の名所となっているようです。
キャンプ場はかなりの広さで区画のないフリーサイト。トイレは1ケ所だけ。まあまあキレイです。水場はトイレの前に水道が1つあるのみです。格安で気軽に来れて、ノンビリするには最適の場所です。

さて今回の目的、お試しグッズの一つがエリッゼのマルチウェイト(ウェイトバッグ)10L。テントやタープを立てるのに必要なペグなしに、タープなどを設営する代物です。

水を入れる前の状態。コンパクトに畳めます。
Photo_4

Photo_5
10Lの水を入れて重しとしてタープのポールにマジックテープで固定してタープを支えます。自宅から水を入れた状態で運んできたので、設営が楽チンでした。
しかし水を入れたときの円筒の直径が思ったより小さく少しグラグラするので、設置には注意が必要かもしれません。

Photo_6
もう一つのお試しグッズが上のLOGOSのパネルカーテン(200×205cm)
先に購入していた車の横に立てるタープのサイドを目隠しや風・日光除けに覆うものです。上部の両側はポールの先端に通し、タープから出ているマジックタープで3箇所を固定します。サイドの真ん中は紐でポールに固定し、下はペグで固定します。
今回はペグを持参してこなかったので、上記のマルチウェイトに固定しました。

今回は風の強い日でパネルカーテンがかなり風圧を受け、一度ポールがぐらりとしましたが、倒れるようなことなく、テストとしては大成功でした。
ペグ打ちよりは簡単にタープの設営ができて、目線や日差しを遮ることができるので、キャンプ時の必須アイテムになりました。

|

« 尾道三部作 | Main | Windows10 Creators Update in YOGA BOOK »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/65190347

Listed below are links to weblogs that reference 学校橋河原 -デイキャンプ-:

« 尾道三部作 | Main | Windows10 Creators Update in YOGA BOOK »