« 我家からのダイヤモンド富士@板橋区成増 | Main | 歩いていける富士山 その1-上赤塚富士- »

2017.01.10

スマホ用スタビライザーOSMO MOBILEゲット!

年明けから物欲全開です。

2日の夜、前から迷っていたスマホ用スタビライザーOSMO MOBILE(34,992円)を思い切ってアマゾンでポチッ。スタビライザーは一般的には車を思い浮かべますが、ワタシが買ったのはカメラ(スマホ)用のスタビライザーです。カメラにスタビライザーをつけると手振れを抑えて滑らかな画像(動画)が撮れます。

OSMO MOBILEはドローンで超有名な中国メーカーDJI社のスマホ用のスタビライザーです。OSMO MOBILEに取り付けたスマホとBluetoothで繋ぎ、スマホのカメラを操作するものです。翌日には届きました。早速、開封。本体、充電池、充電ケーブル、マニュアルなどが入ってます。

左が本体、右が携帯用のバッグ。なお中央下は別売りの台座です。
1483757773221.jpg

はやる気持ちを抑えて本体に充電池をセットして充電を始めます。2時間ほどで満充電になりました。充電の間にPlayストアから指定のアプリDJI GOもインストール。マニュアルを見ながらOSMO MOBILEのセッティングを終え、現在使用中のスマホASUSのZenfone Zoomをセットしました。5.5インチの光学3倍ズーム搭載で結構厚みのあるZenfone Zoomはキツキツでした。

さあOSMO MOBILEの電源オン。傾き加減だったZenfone Zoomがシャッキと正面を向きます。この状態でZenfone Zoomのカメラアプリを立ち上げても、スタビライザー機能は有効で手振れのない映像は撮れます。またOSMO MOBILEの手元のボタンでカメラの向きを上下左右にスムーズに動かすことも可能です。

スマホをセットし、こんな感じで持ちます。
1483781577924.jpg

しかしOSMO MOBILEの機能を最大限に活かすにはやはり純正アプリDJI GOとの連携が必須です。DJI GOと連携すると手振れ防止、上下左右の移動はもちろんのことシャッターや動画の開始/停止が手元で操作可能になります。またいろいろな撮影が可能になります。静止画では180度、360度のパノラマや長時間露光が簡単に撮れます。試しにパノラマを試しましたが、自動でOSMO MOBLEが回転しながら撮影し、撮影した画像を自動的に繋げて簡単にパノラマ写真ができました。動画ではタイムラプスやアクティブターゲットという対象を指定するとカメラの位置に関わらずレンズがその対象を捉え続けるプロみたいな撮影も可能のようです。

チョコチョコと試しているうちにアレッ?と気づきました。カメラの右側に黒い影が映ります。どうやらZenfone Zoomは光学3倍ズーム搭載といったカメラ寄りの特殊なスマホのため、リヤのカメラの位置が上下の真ん中寄りにあります。このためOSMO MOBILEのアーム部分の一部が映りこむようです。Zenfone Zoomを左に寄せても直りません。
困った。解決は次回で。

関連記事
スマホ用スタビライザーOSMO MOBILEゲット! その2 
 


|

« 我家からのダイヤモンド富士@板橋区成増 | Main | 歩いていける富士山 その1-上赤塚富士- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/64727670

Listed below are links to weblogs that reference スマホ用スタビライザーOSMO MOBILEゲット!:

« 我家からのダイヤモンド富士@板橋区成増 | Main | 歩いていける富士山 その1-上赤塚富士- »