« 万世橋界隈 | Main | RICHO THETA(全天球カメラ) »

2013.12.07

ダイヤ富士2013

何か急いで隠さなきゃいけないことでもあるのか?反対するものはテロリスト呼ばわり。何だかイヤな感じの年の瀬です。

板橋にある我家からの今年のダイヤモンド富士は12月6日。でも例によって会社は休めない。翌日は土曜日、6日に比べると若干真ん中から外れるけど、期待して待ってました。午前中は2カ月に1度の糖尿の定期検診で大井町の病院へ。いつものように診察が遅れに遅れて、我が家に帰ってきたのは、ダイヤ富士の時間の30分前。
急いでカメラを用意して、富士山展望台(ヒトさまは物干し台とよびますが.........)へ。既に陽は傾いてました。

西空の下の方には雲が一面に。

真ん中は富士山でなく雲です。
Fuji20131207_1

わずかな期待も空しく、富士山見えず..............
Fuji20131207_2

ダメでした!
Fuji20131207_3

1か月後を期待しましょう。でも1か月後も会社だな?

|

« 万世橋界隈 | Main | RICHO THETA(全天球カメラ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/58715196

Listed below are links to weblogs that reference ダイヤ富士2013:

« 万世橋界隈 | Main | RICHO THETA(全天球カメラ) »