« 十五夜 | Main | 前田引退 »

2013.09.24

久々の車中泊

嫌ですねえ。東京オリンピックが決まったらその話題だけ。その前は富士山の世界遺産登録で盛り上がっていなかったけ? iPhone5が発売されると、ITニュースはiPhone一色。カープの目の前で読売は優勝を決めるし。何だか嫌なことだらけ。

入院等でご無沙汰していた車内泊に気晴らしを兼ねて、3連休を利用して行ってきました。今回の目的は山梨の市川三郷町の「みはらしの丘みたまの湯」と甲斐大泉の「パノラマの湯」の2つの温泉。
土曜の朝7時過ぎに板橋の我家を出発。既に高速は渋滞が始まってるとの情報で、国道299号線で秩父へ。秩父から国道140号線で雁坂トンネルを抜けて山梨市へ。笛吹川フルーツ公園の麓からまだ無料の西関東道路に乗って最終地点まで。再度140号線に戻り、笛吹川沿いにある道の駅とよとみに12時過ぎに着きました。以前来た時に併設のレストランの対応が良かったのでここでランチにすることに。でも何だか様子がへん。食券発行機は使えないし、中に入ると注文は取りに来ないし、食べている人もほとんどいない。案の定お客さんとトラブルになっていた。どうしたんだろう。前回が良かっただけに残念。我々もランチを諦めて近くの「みはらしの丘 みたまの湯」へ。お風呂の前にランチ。私はソバ、ヨメサンは山梨名物ほうとうの冷やし「おざら」を注文。おソバはなかなかでしたが、おざらはビミューだったそうです。
みはらしの丘と言うだけあって露天からも休息所からも甲府盆地が一望できます。お湯は茶褐色で、内風呂も露天風呂も約42度の熱い浴槽と約38度のぬるい浴槽があって、熱いのが苦手な私はぬるいお湯でリラックスしました。

_autum_drive00

駐車場から甲府盆地。左の山がニセ八つと呼ばれる茅ヶ岳。
_autum_drive01

みたまの湯からは奥秩父山塊の山々の大展望が広がる。山座同定ファンにはたまらない。東から大菩薩嶺~鶏冠山~乾徳山~国師ヶ岳~金峰山などなど。正面には大きく茅ヶ岳とその奥に八ヶ岳。西には南アルプスの稜線とどっしりとした櫛形山が。その櫛形山と薬師岳から続く南アルプスの稜線の間にひときわ存在感のある尖った山がある。たぶん富士山に次に高い北岳だろうと思ったとおり、帰宅後にカシミールで調べるとまさしく北岳でした。奥まったところに位置する北岳を市街地から見たのは初めてのような気がする。大興奮!

_autum_drive02

みたまの湯でさっぱりした後は、近くの甲府南ICから中央道に乗って岡谷ICまで。ICから国道142号線~ヴィーナスライン経由で今日の宿泊予定地の道の駅美ヶ原高原へ。

ヴィーナスラインの途中から目的地の美ヶ原・王ヶ頭方面
_autum_drive03

16時半過ぎに道の駅美ヶ原高原に到着。途中のコンビニで今夜のディナーを調達するつもりが1軒もなく、閉店間際の売店で残り物のオニギリや揚げ物をゲット。全て半額にしてもらいました。夜はとても冷え込んで、トイレはガタガタ震えながら行きました。
_autum_drive04

朝5時過ぎに目覚めると車内温度は12度。もちろんFFヒーターをオン。直ぐに20度まで温度があがりヌクヌク。外はちょいと肌寒いので7時には出発。麓の武石村へ降りました。丸子町のマックでソーセージマフィンのセットでモーニング。朝食の後は、国道152号線(大門街道)で白樺湖を抜けて、八ヶ岳エコーラインへ。いたるところで黄金色の稲穂が風に揺れていました。

エコーラインの途中で、黄金に輝く田圃と蓼科山
_autum_drive05

八ヶ岳エコーラインから八ヶ岳高原ラインに入り、天女山入口から甲斐大泉駅近くのパノラマの湯へ。先月火災があったとのことで仮営業中とありましたが、お風呂は普通に入れました。パノラマの湯と言うことで、露天風呂からは富士山、南アルプスなどが一望できるとのことでしたが、この日は雲が多くて茅ヶ岳が見えたくらいでした。残念。
ひとっ風呂浴びて駐車場に戻ると珍しいナンバーの車が。富士山好きとしてはウラヤマシー!少し眠くなったので車の窓を全開でひと眠り。風が気持ちよくて1時間ほどぐっすり昼寝ができました。

_autum_drive06

パノラマの湯を後にして八ヶ岳広域農道、茅ヶ岳広域農道(ノンビリ走れる広域農道が大好き!)でヒマワリで有名な明野町のふるさと太陽館へ。ここで遅めのランチ。ここのランチは全て薬膳料理で美味しくいただきました。
ノンビリと広域農道をドライブし結局甲府南ICから中央道に乗りました。ところが断続的に渋滞が続くとのことで、大月ICで降りて国道139号線で松姫峠を越えて奥多摩の小菅村へ抜けました。暗くなりかけた奥多摩湖沿いの青梅街道を走り、途中から小曾根街道経由で入間、狭山を抜けて、途中の安楽亭で焼き肉を満喫し21時頃に我家に着きました。

|

« 十五夜 | Main | 前田引退 »

Comments

手術後しばらく遠出は無理かと案じておりましたが、さっそくお出かけになり、安心しました。
道の駅とよとみは、2009年4月の日本横断トレイルのときに立ち寄って甲州名物ほうとうの昼食をしたところ。
国道139号松姫峠越えは、近年秋、車で往復していた軽登山グループの富士五湖方面からの帰路に、
中央道渋滞で暗くなりかけた峠道をくねくねと通過したのを思い出しました。

Posted by: saikoroat | 2013.09.25 at 11:22 AM

saikoroat様、ご無沙汰です。

首のカラーは外れました。座っているのは大丈夫なので車の運転は問題ありません。ただ歩くのは長い距離と階段が不安なので杖が手放せない状態です。

今回のドライブでは市街地から北岳が見えたのが大感激。山の上からは何度も見ている北岳ですが、市街地からは初めてだと思います。

松姫峠越えの国道139号線は中央道が渋滞の時によく利用します。クネクネ道を一気に高度を上げて、松姫峠でひと休み。そして峠を下った小菅源流の湯でひとっ風呂。大好きな道のひとつです。

もうちょっと先になるかもしれませんが、また街歩きなどご一緒できたらと思ってます。

Posted by: same | 2013.09.28 at 03:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/58251611

Listed below are links to weblogs that reference 久々の車中泊:

« 十五夜 | Main | 前田引退 »