« サクラ咲く | Main | 電気のはなし »

2013.04.01

RVパーク

 大ニュースです。ドジャースの黒田が5月初めに古巣カープに復帰だそうです。今年も開幕戦の巨人戦に0勝2敗1分けと情けないスタートとなったカープに業を煮やし、オトコ黒田がドジャース球団に復帰を直談判。球団も黒田の情熱に押されて復帰を認めざるを得えなかったということです。今から楽しみですネ。

 さてさてエイプリルフールはさておき、日本RV協会がRVパークとういう計画を進めています。RVパーク計画は道の駅などにキャンピングカー専用の駐車スペースをつくるというものです。ここ数年車中泊がブームだそうです。我家も道の駅や高速のSA、公共駐車場を利用して15年以上車中泊をしていますが、ここ数年で車中泊の車が急激に増えたのを実感しています。背景には団塊の世代が大量にリタイヤした背景があるようです。

 利用者が増えるのは基本的にはいいことなんですが、必ずマナーの悪い(あるいは知らない)人が出てくるんですよね。道の駅の駐車場にテーブルや椅子を持ち出して食事などする。ゴミを放置する。トイレなどに排水を捨てる。逆に勝手に電源や水道を使う。夜遅くまで発電機を使ったり、騒いだりする。キャンプ場と勘違いしてるとしか思えない方々がいます。一部の道の駅では車中泊を認めない所も出てきてるようです。

 こんな状況を背景に、有料でもいいから安心して駐車できるスペースをというキャンピングカーユーザーの声を受けてRVパーク計画は進められているようです。道の駅の1部の駐車場を有料の専用スペースとし、電源やゴミ袋の使用なども有料になってます。駐車料が1日1000円、指定のゴミ袋が1袋500円、電源使用が1時間100円のようです。有料の専用スペースを設けることで施設側もユーザーも安心して駐車できます。

 RVパークの第1号が山口県萩市の道の駅ゆとりパークたまがわに、そして昨年12月に第2号が群馬県太田市の道の駅おおたにできました。遅ればせながら先日、道の駅おおたに見学に行ってきました。
道の駅おおたは比較的新しい道の駅で、トイレなどの施設もきれいだし、駐車場も広い!で、何処?RVパークと探すものの見つからず。移動車両のケータリングでたこ焼き販売中のオジサンに聞きました。RVパーク?と一瞬の間があり、オジサンが指差したのは、建物の裏。従業員の方々の駐車スペースの一角でした。5台分のスペースに工事用の脚立?に【RVパーク】と張り紙がしてあるだけ。しかもその内3台にはどう見てもキャンピングカーには見えない車?が止まっている。

Rv_park01

 建物があるとは思ってないけど、少しはましなモノで区切られていると思ってました。ちょっとガッカリ。しかも何処にも電源がないようなので、事務所の方に聞いたら、近くの電源から巻き取りケーブルで引くとのこと。ケーブルは無料で貸し出してもらえるそうです。キャンプ場のように区割り毎に電源があるものとばかり思ってました。こちらもちょっとガッカリ。でも安心して車中泊できるのはいいですね、

 富士重工と縁の深い太田市ということで道の駅にはスバル360が展示してありました。カワイイ。

Rv_park02

|

« サクラ咲く | Main | 電気のはなし »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/57037462

Listed below are links to weblogs that reference RVパーク:

« サクラ咲く | Main | 電気のはなし »