« March 2013 | Main | May 2013 »

2013.04.26

最も優勝から遠ざかっているチーム

↑のプロ野球チーム、どこか分かります?

そうなんですよ!我が愛する

広島カープ

なんです。キッパリ

最後の優勝が1991年。もう22年間優勝がないんです。優勝どころか、21世紀になってAクラスになっていないのも12球団中、カープだけなんです。別に自慢してるわけじゃないんですヨ。
最後に優勝した年に生まれた子は当に成人式を過ぎて、大学卒業する 寄り道してなきゃネ 年頃ですよ。

我々古いファンはまだいいですよ。エナツが投げ、ヨシヒコが駆け、コージが打った黄金の日々を知っているんですから。 遠い目  鉄人キヌガサも精密機械キタベップも「弱気は最大の敵」ツダも知っているし..........

毎年開幕当初はまだ希望を持っている。今年こそはと。 でも今年は既に読売独走 てことで、カープの神宮初お目見えの23日にヤクルト戦を見に行ってきました。
で結果は、何度もチャンスを潰し、好投のバリントンを見殺し。挙げ句の果てに前田がデッドボールを受け退場。その前田が痛い思いして作った2死満塁のチャンスも、次の代打ルイスが三振で活かせず。1-3で負けました。フゥ~。

ファンは一流なんですがねぇ。
Jingu20130423

結局、前田は左手骨折で今季前半戦は絶望的とか。監督の野村に「お世話になりました」と、引退を匂わす発言をしたとかしなかったとか。
前田よ、キミは我らカープファンの至宝! 必ず帰ってきてくれ。

祝! 新記録15打席連続出塁

広瀬純外野手

今日のドラゴンズ戦で達成。しかも4打席連続安打で達成です。立派!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.04.22

農の駅と道の駅あらかわ

ミサイルが怖くてずっと空を見上げているのも疲れちまった。と思ったら、今度は地震多発で下ばかり見てる。爆弾も怖くて周りをキョロキョロ。その内お空が落ちてきやしないだろうか?心配事だらけ。心配と言えば、若きエース野村に続き4番エルドレッドと日本のエース・マエケンが登録抹消。ん~、心労でヤセちまう。 ハ?全くそんな心配なし!

なんて言ってる割にはノンキなドライブの続き。
温泉も楽しんだ、山岳展望も楽しんだ。後は帰るだけ。でもたっぷり時間はあるしノンビリと。で、韮崎ICの先からいつもの広域農道へ。ここ富士山などの展望が良くて大好きな道なんです。途中、甲斐市の双葉農の駅に寄りました。農産物の直売所なんですが、360度パノラマが楽しめてここも大好きな場所です。

<双葉農の駅のパノラマ>富士山、甲斐駒、八ヶ岳、茅ヶ岳の大展望。

農の駅を後にして、甲府、石和、塩山を通り、長い雁坂トンネルのある雁坂道(国道140号線)で秩父へ抜ける。途中のハイキングのメッカ西沢渓谷は新緑にはまだまだでした。
ちょうど昼過ぎになり、蕎麦でも食べようと道の駅あらかわに寄り道。車から降りると、ヨメサンが汽笛の音が聞こえたという。そう?なんて言ってると、周りの人が線路沿いに走りだした。慌てて線路沿いに行くと、やって来ましたSLが。黒い煙と力強い汽笛を残して、目の前をSLが走り過ぎました。

<秩父鉄道SL>

秩父のシンボル武甲山を見ながら秩父市外を抜け国道299号線へ。シバザクラの名所羊山公園近くが少し混んだものの、比較的スイスイと4時前には我家に着きました。
そう言えば、ひと風呂浴びようと寄った飯能市吾野の奥武蔵あじさい館は7月まで休館中でした。ここ何度か寄っているんですが、営業時間外だったりで 温泉の営業が16時までなんて! 縁がないんですよね。立派な施設なんですがネ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.04.14

ほったらかしの湯&道の駅にらさき

 北朝鮮のミサイルが怖くて毎日空を見上げる今日この頃です。昔のSF映画「遊星よりの物体X」という映画でWatch The Sky という有名なセリフがありますが、正にそんな気分。なんてネ。 この映画、あのジョン・カーペンター監督、カート・ラッセル主演のリメーク版もあります。

 12日(金)は会社の創立記念日で会社はお休み。平日の休みはホント久しぶり。どっか行こうよってことで、山梨方面へドライブ。9時半ごろ板橋の自宅を出発。下の道(青梅街道)を青梅、奥多摩湖、富士山の好展望台の柳沢峠を越えて、山梨の塩山へ。

ちょっと盛りは過ぎてましたが桃畑がピンクに染まってました。
_yamanasi_01

山梨市のフルーツ公園の上にある「ほったらかしの湯」(700円)(こちら)へ。いつもは広い駐車場も満杯なのに、平日とてガラガラ。お湯は「こっちの湯」と「あっちの湯」の2つがあって、今回は湯ブネがひろい「あっちの湯」へ。ヨメサンによると受付のオジサン、こっちがあっちで、あっちがこっちと冗談言ってたそうです。標高700mにある温泉なので、露天からは眼下に甲府盆地と御坂山塊の上に富士山が顔を覗かせ、野趣溢れる人気の日帰り温泉です。

更衣室から露天をパチリ。写真より右側に富士山が見えてました。
_yamanasi_02

国道20号線を北上し、今日のお泊りは韮崎市の道の駅にらさき。温泉施設があり駐車場の後ろには富士川の支流の塩川が流れている人気の道の駅。目の前には南アルプス、反対側には茅ケ岳という山好きには堪えられないロケーションです。

温泉施設ゆーぷるにらさき。背後には鳳凰三山と甲斐駒が。
_yamanasi_04

夜はデニーズでサーロインステーキでディナー? 道の駅に戻り、ボルカノフローでテレビを見る。道の駅は韮崎市内なのにWiMAXも、ドコモのXi(クロッシー)も入らず。スマホのテザリングを3Gで繋いで見る。でもiPADでは見られず、ノートPCで画質を落として見た。出先で自宅と同じ地デジ、BS、CATV、加えてレコーダーに録画したものまで見られるのはチョー便利!

車内でCATVのカープ戦を見る。オッ、首位打者の丸だ!
_yamanasi_03

朝方はちょっと寒かったのでFFヒーターをつける。おかげでぐっすり寝むれて7時半ごろ起きる。快晴。駐車場のすぐ後ろの塩川の土手に上がるとオー!富士山だ、八ツだ、甲斐駒だあ、と大興奮。

南に富士山。
_yamanasi_05

北に八ヶ岳。
_yamanasi_06

正面には鳳凰三山と甲斐駒ケ岳。
_yamanasi_07

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2013.04.08

電気のはなし

 先日、久しぶりに車中泊に行ってきました。場所は千葉県房総市の道の駅「和田浦WO!」です。クジラ漁で有名な町だそうで、入り口では大きなクジラの骨格が出迎えてくれます。昨年11月に開設したばかりで、千葉県の道の駅制覇?のためには行かねばならぬです。ショップもレストランもトイレもきれい。駐車場も広くてゆったりできました。目の前が房総の海なのでサーファーの車が多かった。今回はサクラと菜の花、房総の海の幸(新鮮な刺身、大きなサザエのつぼ焼き、揚げたてのジャコ天やサンガ焼き)を満喫したドライブでした。

_wadaura01

 さて車内泊でいつも気になっているのが、サブバッテリーの容量。今回も室内灯のLED照明(3時間)、以前記事にしたボルカノフローでのテレビ視聴(3時間)、晩飯時のカップ麺とお茶用の湯沸し(30分)、アンド朝方少し寒かったのでFFヒーター(3時間)を使用。
 大体のサブバッテリーの目安は車内にあるバッテリーチェッカーで分かります。じぇんじぇん大丈夫な時はオレンジのランプが2つ点灯。まだまだ大丈夫の時はオレンジのランプが1つ。そろそろ危ないぞという時は赤が点滅するそうです。そうですと曖昧な言い方をしてるのは、まだ赤の点滅を見たことが無いからなのです。結構小心モノなんで、なるべくケチケチに電気使ってるんですね。また帰ってきたらマメに外部充電してるし。と言ってもヨメサンにやってもらってるんですが。
 普段は鹿児島弁で言うところのテゲテゲな性格、つまり曖昧な白黒をはっきりつけない、いい加減な、関西弁で言うところのボチボチに近い性格なんですが、電気についてははっきりさせたい!!

W(電力)=V(電圧)×A(電流)

 こんな式覚えてますか?ワタシはすっかり忘れてました。覚えてても仕事の役に立つわけないし。でもサブバッテリーがどれくらい使えるか知るにはしらなきゃいけない式みたいで。例えば、我家のキャンピングカー(すっかり忘れてたけどアトム号と命名したんだった)のサブバッテリーの容量は105Ah。後ろにhが付いているのは、105Aの電流が1時間使えるということらしいです。そんでもって、バッテリーちゅうもんは経過するごとに劣化するそうで、表示の8掛け程度が正味の実力らしい。てことはアトム号は105の80%で84Ahと言うことになります。
例えば、12V専用の15Wの車用の扇風機は上記の式から、15W÷12V=1.25Aとなります。84Ah÷1.25A=67時間使えるということになります。FFヒーターは約30Wぐらいらしいので、30W÷12V=2.5A。84Ah÷2.5A=33時間も使用可能となります。結構使えますねえ。
 でもでもまだまだ甘い。FFヒーターは起動時には約3倍くらいの電力を使うそうです。したがって、サーモの働きでオンオフを何回か繰りかえすのでまるまる33時間使えるわけじゃないそうです。まあ上記の式を覚えていれば、電気製品の大体の使用時間を調べられそうですね。 覚えていられればネ

 でもやっぱり、サブバッテリーの状態をデジタルで知りたいということで、いつものアマゾンで探しました。探せばあるもんですね。「シガー挿込 デジタル表示【電圧計】 ボルテージメーター(2180円)」購入。表示が11.5~12.5辺りが余裕の状態で、11を切ると危ないそうです。

左の部分がバッテリーチェッカーです。この時はエンジンを切った状態で13.1の表示ってことは、約8時間の走行充電直後で満充電の状態だったのでしょうか?
_denki01


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2013.04.01

RVパーク

 大ニュースです。ドジャースの黒田が5月初めに古巣カープに復帰だそうです。今年も開幕戦の巨人戦に0勝2敗1分けと情けないスタートとなったカープに業を煮やし、オトコ黒田がドジャース球団に復帰を直談判。球団も黒田の情熱に押されて復帰を認めざるを得えなかったということです。今から楽しみですネ。

 さてさてエイプリルフールはさておき、日本RV協会がRVパークとういう計画を進めています。RVパーク計画は道の駅などにキャンピングカー専用の駐車スペースをつくるというものです。ここ数年車中泊がブームだそうです。我家も道の駅や高速のSA、公共駐車場を利用して15年以上車中泊をしていますが、ここ数年で車中泊の車が急激に増えたのを実感しています。背景には団塊の世代が大量にリタイヤした背景があるようです。

 利用者が増えるのは基本的にはいいことなんですが、必ずマナーの悪い(あるいは知らない)人が出てくるんですよね。道の駅の駐車場にテーブルや椅子を持ち出して食事などする。ゴミを放置する。トイレなどに排水を捨てる。逆に勝手に電源や水道を使う。夜遅くまで発電機を使ったり、騒いだりする。キャンプ場と勘違いしてるとしか思えない方々がいます。一部の道の駅では車中泊を認めない所も出てきてるようです。

 こんな状況を背景に、有料でもいいから安心して駐車できるスペースをというキャンピングカーユーザーの声を受けてRVパーク計画は進められているようです。道の駅の1部の駐車場を有料の専用スペースとし、電源やゴミ袋の使用なども有料になってます。駐車料が1日1000円、指定のゴミ袋が1袋500円、電源使用が1時間100円のようです。有料の専用スペースを設けることで施設側もユーザーも安心して駐車できます。

 RVパークの第1号が山口県萩市の道の駅ゆとりパークたまがわに、そして昨年12月に第2号が群馬県太田市の道の駅おおたにできました。遅ればせながら先日、道の駅おおたに見学に行ってきました。
道の駅おおたは比較的新しい道の駅で、トイレなどの施設もきれいだし、駐車場も広い!で、何処?RVパークと探すものの見つからず。移動車両のケータリングでたこ焼き販売中のオジサンに聞きました。RVパーク?と一瞬の間があり、オジサンが指差したのは、建物の裏。従業員の方々の駐車スペースの一角でした。5台分のスペースに工事用の脚立?に【RVパーク】と張り紙がしてあるだけ。しかもその内3台にはどう見てもキャンピングカーには見えない車?が止まっている。

Rv_park01

 建物があるとは思ってないけど、少しはましなモノで区切られていると思ってました。ちょっとガッカリ。しかも何処にも電源がないようなので、事務所の方に聞いたら、近くの電源から巻き取りケーブルで引くとのこと。ケーブルは無料で貸し出してもらえるそうです。キャンプ場のように区割り毎に電源があるものとばかり思ってました。こちらもちょっとガッカリ。でも安心して車中泊できるのはいいですね、

 富士重工と縁の深い太田市ということで道の駅にはスバル360が展示してありました。カワイイ。

Rv_park02

| | TrackBack (0)

« March 2013 | Main | May 2013 »