« リビング快適化プロジェクト | Main | 落語とうどん »

2013.01.27

リビング快適化プロジェクト その2

 前回のリビング快適化計画は見事失敗に終わりました。最大の原因はコストつまりゼニをかけなかったことです。手持ちのもので間に合わせようとしたのがいけませんでした。やっぱり巨大プロジェクト どこが? は、アベシンゾーのようにジャバジャバ金を投資しなければいけません。きっぱり。 オイオイ大丈夫かい?
 幸いにも我家の大蔵大臣で 北海道育ちのくせに 寒がりのヨメサンにも賛同していただきました。昨年ヨメサンが短期アルバイトで貯めた金 普通ヘソクリという をありがたくも使わせていただくことになりました。そこで検討したのがこれ。
Ff_heater
 FFヒーターという代物です。エンジンを切っても、サブバッテリーを電源に、ガソリンを燃料にして安全に車内を暖める装置です。ファミリーワゴンSSの、おっと前回アトム号と命名したのだった、購入時にオプションとして一応検討したのですが、冬キャンプなんてしないよね?ってことで却下したのでした。こんなことなら最初から付けときゃ良かった。 後悔先に立たず。 最初から付けときゃ、夫婦ふたりで叙々苑のプレミアムコースそんなコースあるんかい?で上質の焼肉 いつもは安楽亭だもんネ。 が食えるほどのお金が浮いたはず。まあゴタゴタ言ってもしょーがないんで、食べたつもりで購入決定。アトム号を購入したCampingCarPlaza Tokyoに取付けをお願いしました。

 入間市のCampingCarPlaza Tokyoに車を持ち込んだのが、ちょうどあの大雪の日。川越街道、16号線とも大渋滞で、雪道なんか運転したことのない南国育ちの私は怖い思いをしました。北国育ちのヨメサンは急発進ダメ、急ブレーキダメと助手席で五月蝿い?こと。 でもそのおかげで無事着いたんだけどネ。 それから1週間もたたず、「設置終わりました」の連絡がお店から。とっても楽しみで早速土曜日に引き取りに。

 助手席の下にFFヒーターが設置してあるそうです。温風の吹き出し口も助手席後ろのこんなとこです。
Familywagonss_06

 運転席のドアの下に排気のパイプが見えます。操作は右側のスライドドアの近く。目一杯目盛りを右に捻ると85度の温風が出るそうです。
Familywagonss_07

 早速、土曜の夜我家の駐車場で車内泊。10時半ごろ車内に入ると、車内の温度は約9度でした。FFヒーターを全開。結構な音がします。外に出るとエンジン音よりは小さいもののウォーンとどこか遠くで飛行機が飛んでいるような音がします。30分後には車内は18度くらいになり1時間後には21度を超えていました。20度近くになって音も小さくなって気にならなくなります。 石油ファンヒーターのような感じかな。 寝る前に目盛りを真ん中よりやや左にしました。念のためフリースを重ね着し、寝袋 オールシーズン用ですが に包まりました。夜中に寒さや音が煩くて起きるようなこともなく、快眠で7時過ぎに目が覚めました。車内の温度は23度くらいで少し暑いくらいでした。

 これでプロジェクト第1弾の寒さ対策は大成功!やっぱコストかけなきゃね。さて第2弾はリビングと言えばテレビ、AV視聴に挑みます。ただヨメサンのヘソクリを使い果たしたので自腹です。ウーン、いつのことになるやら。

|

« リビング快適化プロジェクト | Main | 落語とうどん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/56590920

Listed below are links to weblogs that reference リビング快適化プロジェクト その2:

« リビング快適化プロジェクト | Main | 落語とうどん »