« 八代ふるさと公園 | Main | 爽やかな朝 »

2012.07.04

地上最大の手塚治虫展

 私の2大スターは手塚治虫さんと和田誠さん。その手塚さんの作品を紹介した「地上最大の手塚治虫展」が世田谷文学館で開催。期間は4/28-7/1。行こう行こうと思いながらも、ナンダカンダで行きそびれていたのだが、先週の土曜日にやっと行くことができました。

 午前中に会社で用事を済ませ、急いで芦花公園駅近くにある世田谷文学館へ。去年夏、ここで和田誠さんの企画展「書物と映画」見たのだった。(こちら) 受付では等身大のアトムとサファイア姫が出迎えてくれた。中に入ると、私と同年配のオジサンやオバサンはもちろん若い人もたくさんいてびっくり。手塚さんが亡くなって20年以上経つのにこんな大盛況とは驚き。展示は幼少期の昆虫のスケッチからデビュー作の「マァチャンの日記帳」「鉄腕アトム」「リボンの騎士」「ジャングル大帝」「W3」「ブラック・ジャック」「どろろ」「三つ目がとおる」「やけっぱちのマリア」「奇子」「きりひと賛歌」「ブッダ」「ユニコ」「MW」「陽だまりの樹」「アドルフに告ぐ」「火の鳥」などなど。原画も多く見ごたえのある企画展だった。

 ところで、「ガロ」に対抗して虫プロが出した「COM」やカッパコミクス版の初版本が展示されていたのだが、説明を見てビックリ! 「北杜夫氏蔵」の小さな文字が。さすが、どくとるマンボウ!
調べると、どくとるマンボウと手塚さんのつながりは昆虫つながりだそうです。生前、死んでもこの本だけは売るなと言っていたとかいないとか。

Tedukaosamu

今回も3点お買い上げ。
Hyotantugi

|

« 八代ふるさと公園 | Main | 爽やかな朝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/55098682

Listed below are links to weblogs that reference 地上最大の手塚治虫展:

« 八代ふるさと公園 | Main | 爽やかな朝 »