« March 2012 | Main | May 2012 »

2012.04.29

キャンピングカーがやって来た ヤア!ヤア!ヤア!

 待ちに待ったキャンピングカーが我家にやって来ました。しかし外見はいたって普通で、キャンピングカーと言うよりも車中泊カーと言った方がピッタリ! ベース車輌はニッサンNV200、バネットワゴンです。Nv200_1_2次世代のニューヨークのタクシー(イエローキャブ)に採用された車ですね。今まで乗っていたステップワゴンよりひと回り小さく、排気量も1600cc。徳島に本社のあるANNEXという会社が加装しているファミリーワゴンSSという車種です。

 キャンピングカーが欲しくて、いろいろなイベントを回っていたのですが、それなりの装備を揃えたキャンピングカーは5百万円以上はする。ちょいと手が届かない。軽自動車ベースのキャンピングカーなら手が届く値段だったのですが、ちょいと狭い。どれも帯に短し襷に長し状態でした。そんな去年の10月の初め、ふと立ち寄った16号線沿いのキャンピングカー専門店。埼玉県入間市にあるのにCampingCarPlaza Tokyo!そこに展示してあったファミリーワゴンSSに一目惚れ。1週間後には正式に申込んでいました。それから待つこと半年。長かった~。4月21日にやっと納車になりました。

キャンピングカーらしい装備は、
   1.フルフラットになるリアシート
   2.走行充電付きサブバッテリー(105Ah)
   3.6個のLED室内照明灯
   4.シンク付きギャレー(各10リットルの清排水タンク)
   5.運転席と助手席の間の7リットルの小さな冷蔵庫
   6.全面を覆うカーテンと防虫ネット(3面)
   7.外部電源装置(チャージャー)+100Vコンセント
   8.インバーター(450W,外部電源自動切替)
等です。1から5は標準装備、6から8はオプションです。

ダイニング状態。ヨメさんとマッタリとお食事?
Nv200_2

ベッド状態。1950cm×1200cmのベッドサイズ。
Nv200_3

GWに長距離ドライブ予定です。使い勝手などはまた後ほど。

◆その後のキャンピングカーに関する記事
リビング快適化プロジェクト
リビング快適化プロジェクト その2
リビング快適化プロジェクト 第2弾
リビング快適化プロジェクト 第2弾 その2
リビング快適化プロジェクト 第3弾
プチ快適化PJ
プチ快適化PJ その2
我が家のキャンピングカー Family Wagon SS
我が家のキャンピングカー Family Wagon SS その2

| | TrackBack (0)

2012.04.23

中華パッド

 久しぶりのデジタルネタです。先日ネットを見ていると、現在加入中のso-netでWIMAXのモバイルルーターが0円の広告を見つけた。さらに送料無料、加入月の課金免除など特典いっぱい。接続の月額料金は年間パスポートで3,590円の定額。まあ小遣いの範囲内だわってことでso-netにポチッと申込。

 少し時間がかかるとのことだったが、3日目には配達された。NECのAterm WM3600Rという機種で、スマホの2/3ほどの大きさ。電源を入れると自動的に初期設定された。スマホXperiaで確認すると認識され、パスワードを入れるといとも簡単に接続できた。ほとんど説明書を見ることもなかった。

 外出先でAterm WM3600Rをポケットに入れた状態で、Xperiaでネット接続するとさすがに早い。劇的というほどでもないけど、FOMA接続よりはやはり早い!でもそれだけでは月額3,590円は高いよねってことで、wifi専用のiPadを車に積んで、外出先でメールやネット検索。iPadの大きな画面で、速度もストレスを感じることがなく、very便利!

 さて前置きはこれくらいにして、ここから本題。折角外出先でネット接続環境ができたのだが、iPadは持ち歩くにはいささかデカイ。ネットブックも何だしと思っていたら、最近はAndroidの7インチのタブレットが結構出ている。調べてみると値段が4~6万ほど。ちょっとなあ。さらに調査。ありました!ちょうどいいのが。送料込みで値段が1万円ポッキリ。Momo9_2しかもOSは最新?のAndroid4.01。ployer社のmomo9と言う機種です。いわゆる中華パッドと言われる中国製のタブレット端末です。安かろう悪かろうのイメージがある中国製ですが、まっ1万円ならいいか!ってことでこちらもポチッと申込しました。
(写真 上段:中華パッドmomo9 下段左:モバイルルーターAterm WM3600R 下段右:スマホXperia)

 月曜の夜に申込んで金曜の朝には配達されました。パッケージはなかなかきれいで、本体もしっかりした作りでホッ。ただ薄い説明書は英文で、メニューも中国語。これを「設定」で日本語に直し、メールなどをセットすると簡単にネット接続できました。ただキーボードを日本語に設定しても、日本語の入力ができない。ネットで調べるとshimejを入れると日本語の入力ができるらしい。Google Play(旧Android Market)からShimejiをインストール。あれ?インストール完了って出るのに、端末に入っていない。再度試すと、Shimejiはインストール済みになっている。???? ふと、Xperiaを見ると入れた覚えのないShimejiが入っている。あらら。ってことで念のためXperiaの電源を切り、Googleのアカウントを別途取得して試すと、無事Shimejiをインストール出来て、日本語入力も可能になりました。最初から入っていたほとんどの中国のアプリを削除、日本語のアプリを入れて快適に使えるようになりました。800×480の液晶も結構きれいで値段を考えると大満足。ネットを見てると時たま「このブラウザは反応していません」と出ますが、「待機」を押すとほとんど元に戻ります。ひとつ不満はフラッシュに対応しないこと。このOSだとフラッシュに対応しているはずなんだけど、何度やってもうまくいかない。う~ん。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2012.04.16

奥武蔵グリーンライン

 土曜日の冷たい雨で、サクラは葉桜になってしまいましたねえ。我が家の鉢植えのサクラは今年は花開かず、葉っぱが出てしまいました。楽しみにしてたんですが。でも狭い我が家の庭にもヤマブキなどいろいろな花が咲き出し、春本番の様子です。

 まだまだ寒かった4月1日は、久しぶりに用事のない休日で、ぶらりとドライブに出かけました。特に目的もなく国道254号線沿いを北上していたのですが小川町を過ぎた辺りで、そうだ!定峰峠へ行こう!と助手席と意見一致。定峰峠は東武東上線の小川町と西武線の秩父を結ぶ県道11号線の中間にある峠。峠には駐車場とその名も峠の茶屋があって「あずきすくい」と言う甘味が有名?です。峠に着くと見晴しのいい駐車場はバイクや車で満杯。いつもなら県道を秩父方面へ降りるのですが、今回は「ここから林道」と書いてある林道へゴー!

左上の定峰峠から右下の顔振峠まで約20Km。
Touge0

 この林道が前から気になっていた「奥武蔵グリーンライン」でした。全線舗装でしたが、一部は対向車とすれ違いもできないような道、しかも両側が切れ落ちた尾根道もあり少し緊張しました。今回は定峰峠から顔振峠まで約20Kmを走りました。高度600~800mを走る林道です。

 定峰峠から少し走ると白石峠。ん?ここ何だか見覚えがあるぞ。そうそう!10年以上も前、まだまだ元気だった頃、東武鉄道が毎年開催する外秩父七峰縦走ハイキング大会にチャレンジした時のこと。官ノ倉山~笠山~堂平山~剣ケ峰と歩いて、チェックポイントのある峠に降りてくると、わずか10分のタイムオーバーで強制下山させられた峠でした。ヨメサンに写真ばかり撮るからと責められたのでした。

関八州見晴台!
Touge1

一番近くに見えた武甲山。奥には百名山の両神山。
Touge2

 高篠峠、大野峠と過ぎて刈場坂峠。東上線沿線の町を望む開けた峠でした。何台かの対向車も難なくやり過ごし、お茶屋さん(閉店中?)のある高山不動尊の駐車場に到着。脇を見ると関八州見晴台へ15分の案内板。関八州?見晴台?15分?楽勝!そりゃ行かねば。ところがどっこい、3つのピークを超える急坂の道で、展望台に着いた時は息はゼエーゼエー!看板に偽りあり。でも展望は、秩父や奥多摩や丹沢の山々が幾重にも重なる素晴らしいものでした。東西南北それぞれの展望板もあり、東の展望板にはこの日は見えなかったものの東京スカイツリーも書き加えてありました。

顔振峠(こうぶりとうげ)、いい名前です。で富士山、見えます?
Touge3

 最後の顔振峠ではお茶屋さんで休憩。揚げ餅が美味かった。親切なオバチャンの店員さんに富士山の在りかを訊ねると、ほらあそこ!と指す方を見ても分からず。ヨメサンは分かったらしいけど。私には見えたような見えなかったような。林道はto be continuedでしたが、この日は顔振峠から国道299号線に降りて帰路につきました。また新緑か紅葉の時に再訪。

*関八州とは?
  武蔵、相模、上総、下総、安房、上野、下野、常陸のことだそうです。
  佐藤雅美さんの人気シリーズ「八州廻り桑山十兵衛」は私も愛読しています。
*顔振峠の名前の由来はいろいろあるようですが、源義経が奥州へ逃れる際に、あまりの絶景に何度も振り返ったからと言うのが何だかいいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.04.01

スバル360

 春だ!と言いたいとこですが、なんだか春は足踏み状態。いつもならこの時期ボツボツ咲き始める我が家の鉢植えのサクラも蕾すらン?の状態。春はいずこ?

 昔々、春休みの校庭で遊んでいたら1台の小さな車が近づいてきた。丸っこくて可愛らしい車だった。助手席にはすました女の子が乗っていて、すごく輝いて見えた。車はスバル360。当時は家庭に車があるなんて珍しい時代で、車と言えばバスか隣のおじちゃんのトラックだった。初めて見たスバル360!カッコ良かったなあ。スーパージェッターの流星号のように未来のクルマに見えた。今でも時々思いだします。

 ここまで作っておいて、あの車はスバル360じゃなくて、マツダキャロルだったかもしれない?なんて不安になってきた。まっ、どっちでもいいか!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »