« レコロ | Main | 名探偵登場 »

2012.03.05

川島町の富士塚

 弥生3月だというのに寒いこと!ご近所の都立赤塚公園の梅林の梅も例年なら満開の時期なのに今年は一分咲き?状態。そんな中で週末梅祭りが盛大に行われました。と言いたいとこですが、肝心の梅がこんなんではねえ。

 最近は少し忙しいのと寒いやらであまり遠出していない。したがって富士山の話題もとどこおりがちです。先日Googleマップを眺めていたら、浅間神社が目にとまった。場所は埼玉県川島町。最近、時計台や菓子屋横丁で人気のあるな川越市の北隣の町です。都会に一番近い農村!とどこかに誇らしげに書いてあったよーな。その歌い文句のようにのどかな田園風景が広がる町です。西には奥多摩や奥武蔵、北には赤城や日光の山々が望めます。私も関越道が渋滞している時など抜け道としてよく通っていました。へ~、こんな所にもあったんだと調べてみると、町内に4つの富士塚があるとのこと。

 てことで先週の土曜日、天気もよく少し暖かいので現地調査に行ってきました。板橋の我家から下の道を車でトコトコ1時間あまり。まずは曲師(まげし)というところにある富士浅間神社。え?これが富士塚?と思ったのも納得。古墳の上に木花咲耶姫(コノハナノサクヤヒメ)を祀った祠を建てたもののようです。高さは約1.5mほど。碑などもなく富士塚としてはいささか寂しい。ただ360度遮るものがなく、眺めは良好。この日は霞んで見えませんでしたが、多分本物の富士山も見えるのでしょう。

やたらピカピカだと思ったら、H19年に地元の方々が修復されたようです。
Kawasima_fuji01

円墳の上に祠。
Kawasima_fuji02

 じゃ次、ってことで三保谷宿の氷川神社へ。富士浅間神社から10数分、うっかり通り過ぎてしまいました。通り過ぎたとこでソバの幟を見かけて昼飯に寄り道。農家の自宅を使ったお店で、仏壇と床の間がある部屋に通されました。もりの大盛り(700円)と天ぷら3種(100円)を注文。少し待たされました。やっと出てきた天ぷらは私の大嫌いなニンジン、カボチャ、イモのオンパレード!ふ~。でもソバは正真正銘美味かった!これだから田舎のソバ屋も侮れない。私たちが入ってすぐ、暖簾をしまっていましたが、お客さんが次々と来てました。ひょっとして有名なお店だったのかも。
 おっと、紆余曲折、閑話休題。富士塚の話題でした。氷川神社の富士塚は圏央道や荒川の土手が間近の田んぼの中にありました。先ほどの富士塚に比べるとそれらしい佇まいですが、こちらも号目石や碑もなく富士塚としては寂しい。後で調べるとこちらも古墳を利用した富士塚のようです。

何故か埼玉県に多い氷川神社。香取神社も多いけど。
Kawasima_fuji03

頂上へ一直線。
Kawasima_fuji04

こんな案内板が。
Kawasima_fuji06

 3件目の富士塚は近くまで行って、狭い田舎道をウロウロするも発見できず。根性のない私は諦めて帰ったのでした。

|

« レコロ | Main | 名探偵登場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/54140995

Listed below are links to weblogs that reference 川島町の富士塚:

« レコロ | Main | 名探偵登場 »