« 帰省 | Main | レコロ »

2012.02.20

ケンメリ

 先週末、池袋の東武デパートで開催中の「大鹿児島展(2/9-2/21)」へ行ってきました。つけあげは相変わらず甘くて買いませんでしたが、この寒いのに「むじゃきの白熊」(フルーツがいっぱいのカキ氷)購入。ミニサイズでしたが、さすがに一気には食べきれず、何回かに分けて食す。久しぶりだったせいか美味かったなあ。

 さて、量販店で液晶テレビがチョー安かったので寝室用に購入。説明書を読むとネット接続できるとのこと。早速有線でルーターに繋ぐといとも簡単にネットに接続できた。huluなどの有料コンテンツやYouTubeがテレビで見られるようになった。休みの日などベッドの中でYouTube三昧。次々に見ていくと、オヤオヤ大好きなジョン・フォガティー(CCR)とロビー・ロバートソン(The Band)とブルース・スプリングスティーンがCCRの曲を共演していたり、はたまたこちらも大好きなマーク・ノップラー(Dire Straits)とエミルー・ハリス(カントリー歌手)が共演していたり。

 そんなんこんなんでバズの「愛と風のように」にバッタリ。この曲を聴くと必然的に思い出すのがケンメリことケンとメリー! ケンメリの「愛のスカイライン」ですね。1972年の発売なんですね。学生運動が頓挫し、3無主義なんて言葉が流行っていた時代。公害や環境汚染など高度経済成長の歪みが見えはじめた時代。北爆が再開され激化していた時代。ワタシはノーテンキでノンポリな田舎の高校生でした。スクリーン誌を飾るキラ星のようなスターの似顔絵を飽きもせず描いておりました。何になるのかサッパリ分からず、何になりたいのかはっきりした望みもなかった時代。ひょっとしたらスティーブ・ジョブスにだってなれたのかも。なれないって。あの頃ケンメリは憧れでした。美男美女のケンメリが夢のまた夢であったスカGで日本各地の美しい風景の中をカッコよくさすらう。ケンメリは田舎の高校生の叶うことのない夢をビジュアルに映してました。

♪ スプーンとカップをバッグにつめて
  今が通りすぎてゆく前に
  道のむこうへ 出かけよう
  今が通りすぎてゆく前に ♪

Kenmary470_2

デザイン的にはちょっとポッチャリに見えるケンメリよりも、その1世代前のチョイと精悍なハコスカの方がお気に入りなんですけどね。

|

« 帰省 | Main | レコロ »

Comments

レトロな車だね〜、当然だけど。大昔の話だもんなぁ。

Posted by: 凛々 | 2012.02.21 at 08:39 AM

実を言うとこの動画、大のお気に入りです。バズの歌、イントロがニールヤングのハートオブゴールドに似てるね、なんて最近思った。

Posted by: おさむ | 2012.02.21 at 12:51 PM

ちょうど40年前の車なんですよ。レトロなはずです。でもケンメリ、ハコスカ、117クーペ、ブルーバードSSS、ホンダクーペ9とかとか今の車よりカッコいいと思うのは懐古趣味かなあ?

ハートオブゴールド大好き。これが入っているハーベストとCSNYのデジャヴが愛聴板だった時期がありました。

ところで恥ずかしい話ですが、つい最近までThe Bandのオールドディキシーダウン(The Night They Drove Old Dixie Down)って、オールドディキシーダウンへドライブした夜の事を歌った曲だと思ってた。先日YouTubeでジョーンバエズが歌ってるの見てて、南北戦争のことを歌ってたんだと知りました。あー恥ずかしい!

ところでところでおさむさん、新しいメルアドに送るとエラーが帰ってきました。再連絡を。

Posted by: same | 2012.02.21 at 11:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/54027545

Listed below are links to weblogs that reference ケンメリ:

« 帰省 | Main | レコロ »