« ケンメリ | Main | 川島町の富士塚 »

2012.02.27

レコロ

 ペンタックスのPENTAX Qというミラーレス一眼デジカメを欲しいなあと思っていました。ややレトロなデザインとホントに一眼かと思うような小ささなどお気に入りポイントは多いのですが、一番そそられたのがインターバル撮影ができるという点。インターバル撮影とは一定の間隔で自動的にシャッターが切れるという機能。よく花の開花などを時間を追って見せるものがありますよね、あれです。ただそれだけのためにレンズキットで6万ほどは高い。やや諦めかけていた時に見つけたのがKING JIMのレコロ!

 KING JIMは以前記事にもした電子メモなど、面白い電子ガジェットを出していますが、レコロもインターバル撮影に機能を絞ったカメラです。普通の撮影はできません。きっぱり。インターバル専用です。値段は撮影用の小さな三脚付きで税込み6930円。安い!? まあダメもとでビックカメラ有楽町店で購入。税込み6480円でした。大きさはスマホを厚くしたような愛嬌のある体型。単3電池2個で動きます。表面はレンズ(単焦点。35mmカメラ換算で32.5mm相当)とファインダーがあるのみ。

右のズングリムックリがレコロです。左はスマホのXPERIA。
Recolo

裏面は液晶とスイッチ類。
Recolo2

 準備は簡単です。記録用のSDカードと電池をセットし、裏面の「MENU」「↓」「↑」「OK」ボタンで下記の3つの項目を決めて、一番右の再生ボタンを押すだけです。

①撮影間隔=3秒/5秒/10秒/30秒/1分/5分/10分/30分/1時間/6時間/12時間/24時間から選択
②再生速度=1~24コマ(毎秒)
③撮影モード=ノーマル/モノクロ/ビビッド

 ①の撮影間隔で撮られた画像はレコロ内で自動的に連結されて、AVI(モーションJPEG)の動画として記録されます。その際②の再生速度(1秒間に何枚表示。数字が大きいほど滑らか)で記録。ただレコロ自体には再生機能がないため記録された動画はPCで確認することになります。解像度はVGAですのできれいとは言い難いですが、まあこんなもんかなと。
例えば、3秒間隔で1時間記録すると1分間に60/3=20枚。1時間では20*60=1200枚。②の再生速度を24に設定すると、1200/24=約50秒の動画ができることになります。

下記は出勤前の1時間ほどで我家から東方向を撮影したものです。

 再生機能がないのでPCで再生するまでどんな映像になるか分からない。ファインダーと実際の映像がずれるなどなど不便な点もありますが、割り切って使えばなかなか面白いカメラです。安いしね。サクラの開花とかチョウチョの孵化なんて面白そうですね。

|

« ケンメリ | Main | 川島町の富士塚 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/54084302

Listed below are links to weblogs that reference レコロ:

« ケンメリ | Main | 川島町の富士塚 »