« 湯西川 | Main | 富士見坂 »

2011.11.06

秋の日にあれこれ

 ちょいと忙しくて久しぶりの更新です。そうそう先日、うっかりテレビを見ていたら、長渕剛サンが熱ーい唄を歌っていた。まるでブルース・スプリングスティーン(カッコもそっくり!)のような熱い唄だ。そんでもって、その熱い唄でフクシマの子供たちを泣かせていた。子供を泣かせてどーすんだ? 「幸せは待ってちゃダメだ!自分の力で掴み取るんだぜ!そしてそして他人に分けてやるんだ!」 ん?ん?そーかあ?

 北杜夫さんが亡くなった。ちっちゃい頃から小難しいことや固いハナシが大の苦手で、したがって「ドクトルまんぼう」シリーズには飛びついた。当然のことながら「夜と霧の隅で」は途中で投げ出した。遅ればせながら合掌。

 昔々、憧れの手塚治虫先生が、テレビで「アニメとは命を吹き込むことです」みたいな話をされていて、不覚じゃなくて深く感動した。それ以来、オイラの夢はアニメ製作! ちょっと昔だとそれは夢のまた夢だったけど、最近ではフラッシュビデオ等でアニメの真似事は可能になった。そんで、これまたオイラ憧れのフォルクスワーゲンのミニバス(タイプ2)を動かしてみました。

 上の動画は、カメラを固定してワーゲンバスの模型を少しずつ動かしながら写した75枚の写真を、動画ソフトで順番に並べて作りました。ライティングを工夫しないといけませんねえ。

|

« 湯西川 | Main | 富士見坂 »

Comments

スパイ大作戦によく出てきてたバスだ。中で、黒人のバーニーがいろんな機械をいじっていた。ような記憶があります。技がますます上達してますね。

Posted by: higuma55 | 2011.11.06 at 11:54 PM

アメリカに住んでいると、草原や裏庭で朽ち果ててしまったバスをよく見かけてた。70年代の残骸とでもいうのか凄く悲しい光景。最近はそれもあまりなくなった。

Posted by: 凛々 | 2011.11.12 at 12:48 AM

返事が遅れました。ちょいと忙しかったもんで。

ワーゲンバスが大好きなんです。60年代から70年代の初め頃の車ですが、今でもときたま見かけます。欲しいーっ。でも古い車なんで維持するにはそれなりの金と技術が必要。どちらもなし!

Posted by: same | 2011.11.21 at 10:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/53128715

Listed below are links to weblogs that reference 秋の日にあれこれ:

« 湯西川 | Main | 富士見坂 »