« 秋の日にあれこれ | Main | 台湾良いとこ一度はおいで~ »

2011.11.21

富士見坂

 珍しく忙しさが to be continued で、更新も久しぶり。さらに今度の週末から2週連続で台湾と京都へ小旅行の予定。体力持つか?

 さて先日の朝日新聞の夕刊に日暮里の富士見坂の記事が載っていた。西日暮里駅のすぐ横の急坂を上がると諏訪神社。ここの境内から山手線、京浜東北線、新幹線などを眺めているとなかなか飽きない。神社の横の谷中の夕焼けだんだんの上へ通じる路地の様な道路の途中に富士見坂はある。ちょうど西日暮里駅と日暮里駅の中間辺り。転げ落ちそうな坂の上からは運が良ければその名のとおり富士山が望める。山手線の内側には16ヶ所の富士見坂があるそうだが、今でも実際に富士山が望めるのはここだけ。1月と11月のダイヤモンド富士の日は多くのカメラマンで混雑する。新聞によるとその富士山の眺望がピンチらしい。約6キロ離れた新宿区大久保に高層建築が予定されており、下の写真(黄色の線)のように富士山を隠すらしい。約10年ほど前に左側の建物が建った時はネットを中心に反対運動が広がった。今回も地元の方を中心に「日暮里富士見坂を守る会」が設立され、行政や建設業者に要望書を出したそうだ。でもその要望は聞き届けられそうにない。

 我が鹿児島の故郷も、風力発電の巨大風車が何基も立ち、昔々泳いだ岩場は道路を拡張するため埋め立てられた。昔懐かしい故郷の景色が少しづつ変ってきている。町の活性化や住民の利便性のためには必要な開発かもしれないが、遠く離れた者にとっては少し寂しい。景観って誰のもの?

朝日新聞11月9日夕刊より
Fujimi1

我家も似たようなことになっております。

2年ほど前に我家から。富士がすっきり見えてました。
Fujimi3

最近。今年建った駅近くのマンションで右側の稜線が隠れてしまいました。
Fujimi2

そう言えば、大久保の高層建築も駅近くのマンションもS不動産だな。

|

« 秋の日にあれこれ | Main | 台湾良いとこ一度はおいで~ »

Comments

こっちでは特にメーンなんかだとview easement(景観地役権)っていうのがある。目の前に広がる海の景色を後続の建築物に邪魔されないように権利も不動産の値段の一部になる。

狭い日本ではそれは主張できないのかな?自分の家からの景観が損なわれたことが一番ショックだね。

Posted by: 凛々 | 2011.11.22 at 12:33 AM

日本でも日照権は問題になることがあるけど、景観はどうだろう?確かに景観も価値の一部だよね。これ以上隠されないように願うだけ。

Posted by: same | 2011.11.23 at 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/53284164

Listed below are links to weblogs that reference 富士見坂:

« 秋の日にあれこれ | Main | 台湾良いとこ一度はおいで~ »