« 暑中お見舞い2011 | Main | 月夜と花火 »

2011.08.06

66年目の原爆忌

 今日は8月6日。朝、テレビで広島平和記念式典を見る。8時15分には嫁サンと黙祷。36年前の今日も同じ時間に黙祷していた。場所は広島の平和公園、30年目の原爆の日で平和記念式典の最中だった。

 昭和50年に広島の大学に入った。最初の夏休みは警備会社のアルバイトで忙しかった。その日も深夜の道路工事の交通整理のバイトが終わり、たまたま平和公園を通りかかったに過ぎない。セミの鳴き声、演説の声、スピーカーから流れる大音響の音楽。思い描いていた静粛な祈りの場と少し違っていた。少しガッカリして帰りかけた時、平和公園の外れの木陰の下で、喪服姿のおばあさんがひとり合掌していた。30年経っても悲しみの癒えない人々がいるんだとショックを受けた。66年目の今年は広島、長崎に続き福島が記憶される年になってしまった。いつになったら広島、長崎の祈りが届くのか。

 さて、前回の「赤い燈台」の続きは♪波しぶきあびて あなたと走れば カモメが一度に飛び立つよ~♪です。好評?に気を良くして第2弾を作成してみました。
いつまでも平和な空と海でありますように。
Todai2_2

|

« 暑中お見舞い2011 | Main | 月夜と花火 »

Comments

かかる年ゆえ秋葉氏の演説を聞きたかりしを今日原爆忌

という歌を作りました。平岡、秋葉と続いた立派な広島市長たちに敬意を表します。今年の人はどうでしたか。まだ録画を見ていませんが、それにも劣らず、灯台の二人が気になりますなあ。本間智恵子と舟木一夫?

Posted by: higuma55 | 2011.08.08 at 11:48 PM

防波堤を駆けるのは山口百恵と三浦友和?違うなあ本間千代子と若き日の千葉真一か。

松井広島市長の平和宣言は、うろ覚えだけど「脱原発を主張する人々がいます」と客観的なもの言いで、脱原発については自らの主張がなかったような。今日の長崎市長は脱原発について結構踏み込んでますよね。被爆者に対して感謝が足りないと発言した市長さんですからねえ。平岡市長や秋葉市長だったらどんな宣言だったのかなと思います。

Posted by: same | 2011.08.09 at 09:46 PM

夏の絵だね〜

それにしても、やっぱり学生服なんだね。

Posted by: 凛々 | 2011.08.23 at 02:27 AM

ん?学生服?
大人のふたりのつもりなんだけど。ウーン。

Posted by: same | 2011.08.23 at 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/52408928

Listed below are links to weblogs that reference 66年目の原爆忌:

« 暑中お見舞い2011 | Main | 月夜と花火 »