« 避暑地の夏 | Main | 山岳展望図 »

2011.07.19

車山ハイク

 海の日の前後は梅雨明け十日というように安定した晴天が続く。以前なら北だ!南だ!と3000m級のアルプスの山々に出かけることが多かった。ところが腰を悪くしてからは高原のハイクで我慢?している。今年も昨年に続き車山へ。昨年はお目当てのニッコウキスゲが何十年に一度という不作で、今年こそはとリベンジ。

 土曜日の朝8時過ぎに板橋の自宅を出発。既に渋滞の関越を避け254号線で北上。途中から高速に乗り、渋滞に遭うこともなく11時過ぎには小諸市の高峰高原へ。下界の灼熱地獄がウソのような24度。ビジターセンター裏の斜面にはニッコウキスゲが満開。期待を持たせる。しぶしぶ下界に降り、小諸蕎麦を腹一杯食べ、武石村のうつくしの湯で汗を流す。その後林道を一気にかけ上がり、道の駅美ヶ原高原美術館に着いたのは16時過ぎだった。2000m超えるためか気温は22度。肌寒いぐらい。
 近くの牛伏山まで軽ハイキング。日差しはあるものの期待のパノラマは雲が多くてお隣の八ヶ岳さえボンヤリ。
 早々とコンビニ弁当を食べて、20時過ぎには仲良く就寝。珍しく諍いのない一日で快適に夢の中へ。翌朝5時過ぎに起きると爽やかな快晴。駐車場からは鹿島槍ヶ岳、五龍岳、白馬岳へ続く山並みが雲海の上に見えていた。

 6時過ぎには道の駅を出発。無料になったビーナスラインを快適に走る。途中の八島ケ原湿原や霧ヶ峰の駐車場はこんな朝早いのに既に満杯状態だった。7時前に車山の駐車場に到着。下から見ると山の斜面は黄色く染まっている。まだお店も開店前でリフトも動いていない。登山道を写真を撮りながら歩いていると、リフトが動き出した。途中からリフト利用。昔なら考えられない軟弱さ! まあいいのよ。こちとら楽してもうけるスタイル! by 植木等
 楽チンの山頂は360度の大パノラマ。こうなるとニッコウキスゲは二の次。八ヶ岳だ!富士山だ!南アルプスだ!中央アルプスだ!北アルプスだ!浅間山だ!と興奮状態。

 下山後は、大門街道の途中の河童の湯で汗を流した。以前から気になっていた温泉。こじんまりとしたいい温泉だった。
 八ヶ岳エコーライン経由で小淵沢に出て、ドライブイン国堺で昼飯の予定が12時前なのに今回も駐車場が満杯であきらめる。根性ないのである。その代わり韮崎の蕎麦屋で食べた蕎麦がノド越しがよく美味かった。甲府昭和ICから中央道に乗り、たいした渋滞に遭うこともなく16時に我家に到着。今回は1回も諍いなし。仲良きことは美しきかな。by 実篤。

|

« 避暑地の夏 | Main | 山岳展望図 »

Comments

お蔭さまでいながらにしての山岳ドライブを楽しむことができました。

Posted by: 澤田 | 2011.08.01 at 03:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/52254196

Listed below are links to weblogs that reference 車山ハイク:

« 避暑地の夏 | Main | 山岳展望図 »