« June 2011 | Main | August 2011 »

2011.07.31

暑中お見舞い2011

 


暑中お見舞い     
         申し上げます。 
m( _ _ )m


 このところ暑さもひと休みですが、福島新潟の記録的な大雨は心配です。夏になる度、ゲリラ豪雨だ、記録的な大雨だとか温暖化とやらで自然がおかしくなっているんでしょうか? 昔も突然の夕立なんてのはよくあったけど、最近のゲリラ豪雨のような降りかたじゃなかったような。

 もう8月ですね。暑さはこれからが本番! くれぐれもご自愛くださいますよう。

 昔々、小柳ルミ子さんがまだまだ可愛かった頃、赤い燈台という曲を歌ってました。作詞作曲は「襟裳岬」と同じ、岡本おさみさんと吉田拓郎さんのコンビです。当時から結構好きだったんです。「♪カモメ群がる防波堤の先には、胴長、太チョの赤燈台~♪」 チョイとイメージしてみました。
この「赤い燈台」と「都万の秋」「竜飛崎」をこのコンビの旅唄三部作というようですね。どれも好きです。

Umi2


| | Comments (4) | TrackBack (0)

2011.07.25

山岳展望図

 地図好きの方々のサークルに入れてもらって20年近くになる。地図はもちろん草花のこと、城郭のこと、絵のことなどいろいろなことを教えてもらった。アウトドアでの地形の確認や山座同定、室内での地図遊びなど月1回の例会が楽しみだった。今はいろいろな理由があり年に数回の集まりになってしまったけど........

 もともとこのサークルは、地図探検家山口裕一さんの「地図から風景を描く」という朝日カルチャーの受講者の方々が立ちあげたサークルだ。私もその受講者のひとり。今でこそ地図好きには有名なカシミールという山岳展望シュミレーションソフトがあるが、当時は地形図と定規だけで見たこともない風景を描けるという魔法のような方法だった。ただ透視図の原理を利用するこの方法で風景を描くにはいささか根気がいる。作業を軽減するための専用の道具もあるのだが、それでも地道な作業が必要だ。幼少の頃から集中力がない!と言われ続けた私は、さらに要領の悪さもあり、簡単なものしか描けなかった。

 そんな私の憧れがメンバーのSさんが描く展望図。例会の度にSさんが描いてこられる展望図を見るのが楽しみだった。行ったことのない場所なのにその展望図の正確なこと。また絵としても、人柄と同じでどこか懐かしく優しい風景画だった。Sさんは日本百名山も描いておられる。その全てが現地でスケッチしたものではなく、地形図の上で自由に視点を決めて、そこから見えるであろう風景を定規一本で作り上げた絵だ。何ヶ所かは同じ場所に行ったことがあるが、まさにSさんの描いた風景画と同じであった。

 今私はそのSさんの力作の山岳展望図を数枚預かっている。奥穂高岳、北岳、槍ヶ岳、甲斐駒ヶ岳の山頂からの360度の大パノラマ図だ。もちろん実際のスケッチではなく、それぞれの山頂を視点にして20万分の一、2万5千分の一などの地形図を使って定規一本で描いたもの。これをパソコンに読み込んで皆さんに見てもらいたくてお借りてしている。ところが1枚がタテヨコ、25cm×360cmの長~~い展望図。スキャナーで読み込むのも大変。何回か試しているが、長過ぎて斜めになったり、色が変わったり。何かいい方法はないかなあ。

下記のビデオは奥穂高岳からの360度の大パノラマ図の1部。ジャンダルムから前穂高岳までの約150度の展望図です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011.07.19

車山ハイク

 海の日の前後は梅雨明け十日というように安定した晴天が続く。以前なら北だ!南だ!と3000m級のアルプスの山々に出かけることが多かった。ところが腰を悪くしてからは高原のハイクで我慢?している。今年も昨年に続き車山へ。昨年はお目当てのニッコウキスゲが何十年に一度という不作で、今年こそはとリベンジ。

 土曜日の朝8時過ぎに板橋の自宅を出発。既に渋滞の関越を避け254号線で北上。途中から高速に乗り、渋滞に遭うこともなく11時過ぎには小諸市の高峰高原へ。下界の灼熱地獄がウソのような24度。ビジターセンター裏の斜面にはニッコウキスゲが満開。期待を持たせる。しぶしぶ下界に降り、小諸蕎麦を腹一杯食べ、武石村のうつくしの湯で汗を流す。その後林道を一気にかけ上がり、道の駅美ヶ原高原美術館に着いたのは16時過ぎだった。2000m超えるためか気温は22度。肌寒いぐらい。
 近くの牛伏山まで軽ハイキング。日差しはあるものの期待のパノラマは雲が多くてお隣の八ヶ岳さえボンヤリ。
 早々とコンビニ弁当を食べて、20時過ぎには仲良く就寝。珍しく諍いのない一日で快適に夢の中へ。翌朝5時過ぎに起きると爽やかな快晴。駐車場からは鹿島槍ヶ岳、五龍岳、白馬岳へ続く山並みが雲海の上に見えていた。

 6時過ぎには道の駅を出発。無料になったビーナスラインを快適に走る。途中の八島ケ原湿原や霧ヶ峰の駐車場はこんな朝早いのに既に満杯状態だった。7時前に車山の駐車場に到着。下から見ると山の斜面は黄色く染まっている。まだお店も開店前でリフトも動いていない。登山道を写真を撮りながら歩いていると、リフトが動き出した。途中からリフト利用。昔なら考えられない軟弱さ! まあいいのよ。こちとら楽してもうけるスタイル! by 植木等
 楽チンの山頂は360度の大パノラマ。こうなるとニッコウキスゲは二の次。八ヶ岳だ!富士山だ!南アルプスだ!中央アルプスだ!北アルプスだ!浅間山だ!と興奮状態。

 下山後は、大門街道の途中の河童の湯で汗を流した。以前から気になっていた温泉。こじんまりとしたいい温泉だった。
 八ヶ岳エコーライン経由で小淵沢に出て、ドライブイン国堺で昼飯の予定が12時前なのに今回も駐車場が満杯であきらめる。根性ないのである。その代わり韮崎の蕎麦屋で食べた蕎麦がノド越しがよく美味かった。甲府昭和ICから中央道に乗り、たいした渋滞に遭うこともなく16時に我家に到着。今回は1回も諍いなし。仲良きことは美しきかな。by 実篤。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2011.07.16

避暑地の夏

避暑地の夏
避暑地の夏
セレブな我が家は炎天下の下界を逃れて、高原の避暑地に来ております。下界は36度もあったのにここは22度!快適です。

夜はフレンチなディナーに満天の星が降り注ぐスイートなお部屋でぐっすり!!
なんてことなくて、道の駅美ヶ原高原の駐車場で車内泊。ディナーもコンビニ弁当です。でも涼しくてぐっすり眠れそう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011.07.12

東京キャンピングカーショー2011

 今年も東京ビッグサイトで7月9日、10日の両日に開催された東京キャンピングカーショーに行ってまいりました。以前にも書きましたが、リタイヤ後の夢は、ヨメさんとあーでもない、こーでもないと言いながらめぐるキャンピングカーでの日本周遊! 交通機関や宿に左右されることなく好きな時に好きな所へ行きたい。そんなわけで最近は大きなキャンピングカーの催しがあると、せっせと下調べに余念がないのです。

 キャンピングカーと言っても、♪大きなものから小さなものまで♪(ヤンマーっか!)いろいろあります。バスをベースにした大きなバスコン。トラックをベースにしたキャブコン。トラックといってもダンプみたいな大きなものではなくライトトラックベースです。さらにワンボックスやミニバンをベースにしたバンコンの3種類に分類されるようです。
 我家は優雅なセレブでもないし、しがないヨメサンとの二人暮し。バンコンで充分。でもバンコンでもエンジンを切ってもヌクヌクなFFヒーターなどのフル装備だと5百万ぐらいはする。ちょいと勇気がいるよね。そこで今回は日本特有?な軽自動車ベースの通称軽キャンを重点的に観察。

軽ベースのキャンピングカー。
Cmpcarshow2011_1

車内はだいたいこんなカンジです。分かりづらいですが、右側に小さなシンクも付いてます。もちろん停車中にテレビや電気器具を使えるサブバッテリーや走行充電システムはほとんど当りまえ。スペースを利用した収納もかなり充実してます。
Cmpcarshow2011_2

チョイと横になってみました。173cmの私でもタテ方向はかなり余裕があります。ヨコはヨメサンとふたりなら大丈夫? 寝返りを打つとヨメサンを潰しそうですが..........
Cmpcarshow2011_3

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2011.07.04

メモ魔になろう!

 先週の日曜日は久しぶりに秋葉原へ。この日からはホコ天も再開されたようです。目的はボロボロになったビジネスバッグの買い換え。ついでに会社用に乾電池で動く卓上扇風機も買いました。なにせ節電で昼過ぎになると社内が暑い! 今まで使っていた電気式あるいはUSBの扇風機は禁止になったし。

 さてバッグを探している時に見つけたのがキングジムのハンディメモ「マメモ」TM2。昔からこういうガジェットが大好き。ちっちゃな頃から整理整頓が大の苦手で、スケジュールやメモを管理するガジェットにすぐ飛びつく。電子メモの類やPDAを何個持っていることか。
 今回も即!購入。税込6980円でした。以前にも同じキングジムの卓上版「マメモ」を購入しております。(以前の記事はこちら)その卓上版「マメモ」は会社の机の上に乗っかってますが、役に立ってるようなそーじゃないような。今回のハンディメモ「マメモ」は16mmの薄さ。ポケットに入れて持ち運べます。これからは何でも忘れないうちにメモしちゃうぞ!

 単4乾電池1本で稼働。卓上版「マメモ」と同じ最大99枚のメモを保存可能。卓上版と異なり画面をタテにスクロール可能。画面より大きいメモも残せます。またmicroSDカード経由でメモをビットマップ形式としてエクスポートできるようです。

本体寸法117×74×16mm、解像度320×239dot(縦×横)、乾電池寿命約1.5カ月
Mamemo_tm2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »