« 山岳展望図 | Main | 66年目の原爆忌 »

2011.07.31

暑中お見舞い2011

 


暑中お見舞い     
         申し上げます。 
m( _ _ )m


 このところ暑さもひと休みですが、福島新潟の記録的な大雨は心配です。夏になる度、ゲリラ豪雨だ、記録的な大雨だとか温暖化とやらで自然がおかしくなっているんでしょうか? 昔も突然の夕立なんてのはよくあったけど、最近のゲリラ豪雨のような降りかたじゃなかったような。

 もう8月ですね。暑さはこれからが本番! くれぐれもご自愛くださいますよう。

 昔々、小柳ルミ子さんがまだまだ可愛かった頃、赤い燈台という曲を歌ってました。作詞作曲は「襟裳岬」と同じ、岡本おさみさんと吉田拓郎さんのコンビです。当時から結構好きだったんです。「♪カモメ群がる防波堤の先には、胴長、太チョの赤燈台~♪」 チョイとイメージしてみました。
この「赤い燈台」と「都万の秋」「竜飛崎」をこのコンビの旅唄三部作というようですね。どれも好きです。

Umi2


|

« 山岳展望図 | Main | 66年目の原爆忌 »

Comments

イラストには毎回感心しています。今回はさらに高度に成ったように思いました。

Posted by: 澤田 | 2011.08.01 at 03:27 PM

マルチレスで失礼します。
コメントありがとうございます。しかもお褒めいただいてありがとうございます。
今回は小柳ルミ子さんの歌のイメージをイラスト化しました。燈台、船、雲、カモメなどひとつひとつをバラバラに作成して順番に配置します。今回は2時間ほどの作成時間でした。

お預かりしているパノラマ展望図、何度見ても感動します。多くの人に見て貰いたくてパソコンに取り込もうとしているのですが、なかなか苦労しております。もうしばらく預からしてください。

Posted by: same | 2011.08.01 at 10:00 PM

この歌知らんかったんとってんちゃん。急いでyoutubeで聞いてみました。いいうたですねー。こんな防波堤で、のんびり一日釣り糸をたれていたい。いや、垂れている、そういう気分にサメさんの絵がしてくれますね。山川でチヌが入れ食いだったことがあります。サバをさびきで数十匹釣ったこともありました。あ、それじゃのんびりじゃないね。釣れない方が楽しいかもね、この灯台の近くは。

Posted by: higuma55 | 2011.08.01 at 10:16 PM

そんなに誉めても何も出ませんぜ。わたしゃ漁師の息子のくせして魚釣りが苦手。そんなわたしでも実家近くの防波堤でアジを50匹以上釣ったことがあります。ヨメサンは初めて実家に行った時、初めての釣りだったのに石鯛なんか釣りあげました。釣り人には我が故郷は有名だそうですよ。

「ふるさとの・・・・」しばらくお待ちください。あと1枚、夜の下町のイラストを描かなければいけないのですがイメージが浮かばない。海のイメージはサッと浮かぶんだけどね。

Posted by: same | 2011.08.02 at 11:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/52358784

Listed below are links to weblogs that reference 暑中お見舞い2011:

« 山岳展望図 | Main | 66年目の原爆忌 »