« December 2010 | Main | February 2011 »

2011.01.30

初三郎ちずぶらり

 大正の広重と呼ばれることもある吉田初三郎の鳥瞰図を14枚集めたiPhone/iPad用のアプリ「初三郎ちずぶらり」が発売されました。早速AppStoreから350円で購入。

 鳥瞰図とGoogle Mapの切替が可能で、鳥瞰図上のアイコンをタップすると該当地の当時の写真も表示されます。鳥瞰図ファンには堪りません。収納されている鳥瞰図は以下の14枚。

(01) 札幌、北海道 (1936)  札幌市鳥瞰圖
(02) 十和田湖、青森県 (1933)  十和田湖鳥瞰圖
(03) 日光、栃木県 (1919)  日光名所圖繪
(04) 善光寺、千壽閣、長野県 (1929)  善光寺から上林温泉千壽閣へ
(05) 萬松館、岐阜県 (1933)  岐阜名勝萬松館圖繪
(06) 名古屋、愛知県 (1933)  大名古屋名勝交通鳥瞰圖
(07) 伊勢神宮、三重県 (1930)  三重県 伊勢参宮御名所圖繪
(08) 比叡山、京都府 (1926)  比叡山名所遊覧交通鳥瞰圖繪
(09) 電気大博覧會會場、大阪府 (1926) 電気大博覧會會場全景圖繪
(10) 法隆寺、奈良県 (1921)  法隆寺名所圖繪
(11) 宮島、広島県 (1928) 宮島廣島名所交通圖繪
(12) 栗林公園、香川県 (1920) 高松栗林公園
(13) 面河渓、愛媛県 (1935)  天下ノ絶景面河渓
(14) 九州全図 (1927) 日本鳥瞰九州大圖繪

下は(14)の九州全図の1部で、霧島から南方向を見た鳥瞰図。霧島、桜島、開聞岳が並んでいます。でも初三郎の面目躍如は、沖縄(開聞岳の右奥)どころか台湾(右上)まで描いていること。

Bird_eye1

下は上の鳥瞰図の霧島方面のアップ。図の中央辺りには、高千穂峰の右に今話題の新燃岳も描かれています。韓国岳の山頂から高千穂、新燃岳を見たのはもう10年以上も前のこと。秀麗な高千穂の手前に丸みを帯びた山容に火口がポッカリ口を開けていたのを覚えてます。傍若無人な人間どもに山の神様が怒ったのでしょうか?オマエらいい気になるなよと。お怒りはごもっとも。でもそろそろお許しを。

Bird_eye2


前回記事の答えは、山梨県の雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)です。牛奥ノ雁ヶ腹摺山、笹子雁ヶ腹摺山と近くに同じ名前を持つ山が2つもありますが、こちらは旧500円札の裏面にあった富士山のモデルになった写真の撮影地として有名な山です。

500yen_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011.01.23

富士山あれこれ

寒中お見舞い申し上げます。

 寒い日が続いています。そんな先週の日曜日の夜はご近所一帯が停電になり、暖房は効かないわネットは使えないわで大変なめにあいました。都市生活の危うさを実感しました。

 さてさて東京の清瀬市に中里富士という割と有名な富士塚があり、10年以上前に訪ねたことがあります。その中里富士と同じ名前の富士塚が我家から近くの練馬区にあるのを最近気づきました。あー、勘違い。早速、練馬区大泉1丁目の八坂神社までチョイノリ(スズキの原付の名前)にまたがり行ってきました。不覚にもこんな近くに、こんな大きな富士塚があったなんて。でかい。高さ12mほどあるようです。練馬区の案内板では中里富士と書いてありましたが、一般的には清瀬市の富士塚と区別するため大泉富士と呼ばれるようです。
 登山道は良く整備されており、頂上では子供が遊んでおりました。家族連れが何組も上がってくるし、地域に密着した富士塚のようです。ちょうど登山道を清掃されていたオバサマに伺ったところ、地元の丸吉(まるきち)講のみなさんが定期的に清掃されているようです。
 塚には号目石、奥宮、小御岳神社、烏帽子岩、お中道、それに御胎内もあり、高さといい本格的な富士塚でした。

Oizumi_fuji1

私がよく見ているライブカメラに三ツ峠山頂カメラがあります。(こちら
Mitutoge_day

その三ツ峠のライブカメラを夜遅くに何気なく見たら、あれ?富士山が映っているではありませんか。満月に照らされて富士山が浮かび上がったようです。手前の灯りは富士吉田市?
Mitutoge_night

勤め先の取引先の社長さんは山登りが趣味で、毎年の年賀状は登った山の山頂からの富士山です。下は2010年の賀状で、金峰山からの富士山です。左の岩がヒントですね。
Nenga_fuji10

下は今年の賀状です。さてどこの山頂からの富士さんでしょう?
ヒント、40年前はみんなポッケに入ってました? 違うかなあ。
Nenga_fuji11

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011.01.10

ダイヤモンド富士@下赤塚富士

 今朝の朝日の朝刊に北限のダイヤモンド富士の記事が出てましたねえ。場所は富士山から191km離れた茨城県鉾田市。案外近いのね。ところで6日、7日は我が家からのダイヤモンド富士の日だった。6日は富士山に雲がかかって見られず。7日は天気は良かったのだが、嫁さんが撮った写真がもひとつパッとしない。そこで連休中にダイヤ富士が見られる近所のポイントを探したら、去年も行った富士塚の下赤塚富士が9日の16時28分だ。
 16時前にカメラ2台とビデオ1台を持って、チョイノリ(スズキの原付の名前)に乗って下赤塚富士へ。たった1分で頂上へ登ると、雲ひとつない晴天。早速ビデオをセットし、カメラを構えていると、散歩のオジさんに、「何してるの?」と声かけられた。
「ダイヤモンド富士です」
「ダイヤ?富士?」
時間がないのに結局オジさんに説明するはめに。

で結果は? 雲ひとつない晴天より、少し上空に雲が流れている方がいいかも。
5秒ほどで画像が自動的に切替りますが、画像の上でクリックしても切替ります。









ビデオも。最近買ったLUMIX GF2で撮影。望遠レンズが欲しい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011.01.05

笑門招福@益子町

 今日が今年の仕事始め。期待の年末ジャンボはカスリもせず。もうしばらくマジメにお仕事しますか!?

 さて正月休みは初詣に行った他は何もせず、録りためた映画なぞ見てグータラと過ごした。でも毎日だと飽きてくる。そこで3日に、陶器の町栃木県益子町までドライブしてきた。別に焼物が趣味というのではなく、益子の町をお店をひやかしながらブラブラと歩くのが楽しい。昔ながらのお店、モダンでお洒落なお店が混在していて面白い。しかも益子のメーンストリートの城内坂にあるもえぎ城内坂店で今年も「平成の招き猫」展を開催中です。期間は2011.1.2-2011.1.13。

 特に猫好きではないけど、毎年この企画展を楽しみにしています。今年はこの猫たちのように笑って過ごせたらいいなあ。

Cat00

Cat01_2

Cat02_2

Cat03

Cat04

Cat05

Cat06

Cat07

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2011.01.01

Happy New Year 2011

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


 少し忙しかった2010年も穏やかに終わりました。
Go_come01

 昨夜は遅くまで起きていたので、9時過ぎに起きた。昨日に続き今日も上天気。鹿児島の母親に電話すると、鹿児島は何十年ぶりの大雪だったとのこと。大雪といっても北国の人にはへみたいなもんでしょうがね。
 我家の物干し台に上がると、富士山がきれいに見えている。こりゃこりゃ、新年早々縁起がイイわい。
Go_come02

 餅3個食って、年賀状チェックしたらもう昼過ぎ。昼飯を兼ねて近所の神社に初詣に出かける。今年の初詣は我が町の氏神様の菅原神社。ついでにお隣和光市の熊野神社へ足を伸ばす。ここは初詣の行列が長かったので、初詣はパスして境内の富士塚「白子富士」に初登頂。バンザーイ!!
Go_come03

 ハラが減ったが正月休みのとこばかり。やっとビッグボーイでハンバーグ&ステーキを食べる。今年初の外食。昨年は血糖値が高値安定。お医者さんには怒られてばかり。そんでもって今年は1口20回の咀嚼を努力中。時間がかかることかかること。
 最後に我家から5分の赤塚氷川神社に寄り、いつもの「健康第一」「夫婦円満」「家内安全」「お金ザックザック」の4つのお願い。♪四つのお願い聞いて~聞いて欲しいの~♪
ここでも2つ目の富士山登頂。(富士塚「上赤塚富士」) バンザーイ!!
Go_come04_2

 昨年は忙しくて何にもできなかった。今年は少し山登りもしたいし、下町散歩もしたい。くるま旅にも出たい。それに今年はスマートフォン(Android)向けのアプリ作成にも挑戦したい。夢はアプリが当たって億万長者!! 宝クジよりは確率高いもんね。でも最近、肝心の閃きが!?


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »