« マメモ(mamemo) | Main | XPERIAでナビ »

2010.09.20

「和田誠の仕事」展

 日中は幾分蒸し暑いものの、少し秋めいてきました。秋と言えばゲージュツ!! てことで行ってきました、渋谷のたばこと塩の博物館で開催中の「和田誠の仕事」展。ヨメさんが新聞で見つけて、そりゃ行かねばならぬと行ってきました。高校の時に和田さんを知り、すっかりファンになりました。和田さんの映画の名セリフを集めた「お楽しみはこれからだ」は私のバイブルです。このブログのタイトルも「お楽しみはこれからだ」のもじりです。

 さてさて、今回の特別展。今年がハイライト発売50周年ということで、博物館側からお誘いがあったとのこと。ハイライトって言っても、今はン?と思う人も多いのかな?セブンスターが世に出るまで、tabaco of tabaco ! キング オブ タバコ! 何を隠そう学生時代は私も愛煙しておりました。そのハイライトのパッケージをデザインしたのが、多摩美を出たばかりの和田さんです。やっぱり天才は若い頃から違う。学芸員さんの解説で、ハイライトと言えば新幹線にも使われたというブルーですが、黒のバージョンが存在すること、今はなき社会党のマーク(矢をデザインしたもの)も和田さんの作品だということ、へ~と感心している君!そんなんファンとしてはジョーシキでしょ!

 当時のピースの広告の描きなおし、装丁、各種ポスターなど興味深い展示でしたが、ワタクシ的にはやっぱり映画スターの似顔絵が一番! 「マルタの鷹」のハンフリー・ボガード、「風と共に去りぬ」のクラーク・ゲーブル、「モロッコ」のマレーネ・ディートリッヒなど12作品。もちろん場所が場所だけに全てタバコを吸っているシーンです。そして展示の最後は「さらば友よ」のブロンソンとドロン。和田さんの洒落だそうです。学芸員さんの話に笑っちゃいました。

新聞広告のイラスト(左)とチケットの半券(右)
_wadawork00

ティファニーで朝食のオードリー。ナント優雅なことか!
_wadawork01

 会場では30分弱の今回展示されている作品の制作過程のビデオが放映されてました。筆遣い、色の使い方、とても興味深かったです。「あまり筆を代えないんですね」のインタビュアーの質問に、「だって面倒じゃない」には笑っちゃいました。
 特別展「和田誠の仕事」展は、11月7日(日)まで渋谷のたばこと塩の博物館で開催中です。
詳細はこちら

和田さんに関する今までの記事
2005-05-21 和田誠展
2007-10-15 和田誠トークショー
2009-03-08 表紙は歌う
2010-05-10 GWも終わったし.....

|

« マメモ(mamemo) | Main | XPERIAでナビ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/49509324

Listed below are links to weblogs that reference 「和田誠の仕事」展:

« マメモ(mamemo) | Main | XPERIAでナビ »