« クリント・イーストウッド | Main | スカイツリーを探して »

2010.06.12

今日の1枚

 下の記事で凛々サンに誉められたので、調子に乗ってもう1枚描いてみました。
その人の名は?
   My Name is Bond, James Bond !!

カッコ良かったですよね。日本人じゃこうはいきません。
わたくし姓は車、名は寅次郎。人呼んでフーテンの寅と発します。
ん?これはこれでカッコいいか。

 小学生の時、「007は二度死ぬ(You Only Live Twice 1967)」の撮影が私の故郷の鹿児島県坊津町(現南さつま市)で行われた。私は見ていないのですが、ショーン・コネリー本人も来て大がかりな撮影だったらしい。Bond007ショーン・コネリー達は毎日指宿の高級ホテルからヘリコプターで来たとか、背景に映るコンクリートの橋が気に入らなくて木製の橋に作り替え、撮影後は元の橋より立派な橋に作り替えて帰ったとか。当時子供だった私にはボンドガールはもちろん興奮ものだったのですが、一番憧れたのはQが渡す秘密兵器の数々。機能満載のアタッシュケース、天井も歩ける忍者吸盤、銃になる万年筆等々。欲しかった!それが今のガジェット好きにつながっているのかも。
 前回のイーストウッドと同じくこの方もいい年の取り方してますよね。カツラ外してから却ってカッコ良くなった。最初あれ?って思ったのは「薔薇の名前」のとき。若いクリスチャン・スレーター相手に禅問答のような会話します。「アンタッチャタブル」では主役のケビン・コスナー食ってるし。「理由」は最高でした。「小説家を見つけたら」ではすっかりいいおじいちゃんでした。そうそう私にとっては何と言ってもこの方は「ボンド、ジェームズ・ボンド」なんですが、ヨメサンにとっては「インディのパパ」だそうです。

撮影が行われた坊津町秋目浦にはショーン・コネリーのサイン入りの記念碑が立っています。(こちらの記事

|

« クリント・イーストウッド | Main | スカイツリーを探して »

Comments

007は2度死ぬを飛行機の中でちょこっと見ました(う〜〜んとどの旅だったかなぁ)テクニカラーっていうのかな、ちょっと古い色で、海の青さが際立ってました。空中撮影の海外線はとってもきれいでしたよ。しかし、町並みとかファッションとか古かったです(当然か。)あの当時のテクニカラーで女の人が黄色いドレスとか着ている世界は、私のお伽の国です。

アーティストって画題が見つかると創作欲がわきますよね。サメの次の「今日の1枚」は誰だろう。。

Posted by: 凛々 | 2010.06.13 at 12:52 PM

もう40年以上前の映画だからねえ。
我が故郷も新しい道ができ、海岸線が埋め立てられ、少しづつ変わっていますが、海の青さだけは昔のままです。

次は誰にしようかな? でもその前にhigumaどんとの約束の絵をあと1枚描かなきゃいけないんだけど、いいアイデアがなくて。トホホ。

Posted by: same | 2010.06.13 at 09:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/48586745

Listed below are links to weblogs that reference 今日の1枚:

« クリント・イーストウッド | Main | スカイツリーを探して »