« November 2009 | Main | January 2010 »

2009.12.31

サヨナラ2009

 今年もなんだかんだとありましたが、大きな病気やケガもなく1年無事過ごすことができました。このブログも大きな中断もなく6年目に突入です。みなさまのおかげと感謝しております。

 今年も有名人の方が何人か亡くなりましたが、加藤和彦さんの死はいささかショックでした。その数ヶ月前に元気なステージを見ていただけに尚更でした。カープの名ショートだった三村敏之さんも若すぎましたね。渋いプレーヤーで好きでした。円楽さんも残念でしたねえ。それほど好きな芸風ではなかったけれど確かに名人でした。
 大原麗子さんも好きでした。特に市川昆演出のサントリーのCMシリーズは良かったですねえ。短い時間に大原さんの可愛さがさく裂してました。あのハスキーな声で「すこし愛して、ながく愛して」なんて言われたひにゃ、もうメロメロでした。
Ohara

 さて、笹目橋近くの荒川土手からの今年最後のダイヤモンド富士です。全国的に低気圧が接近中ということで雲がかかってはっきりとしたダイヤ富士ではなかったですが、これを見ないと年が越せません。ひゃーそれにしても風ビュービューで寒かった。
Dia091231

それではみなさま良いお年をお迎えくださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.23

ライトピア2009

 12月になって珍しく忙しくなって毎週の休日出勤。今日の祭日も朝から夕方まで会社の会議室の中。年賀状どころかブログの更新もままならない状態。嫁さんともすれ違いが多い。ということで、仕事が終わったあと有楽町で待ち合わせて「光都東京ライトピア2009」へ。ライトピアは大手町、丸の内、有楽町周辺で開催される光の祭典で今年で4回目。待ち合せた有楽町駅からペニンシュラホテルの横を抜けてお堀端へ。お堀端から高級ブランド店が軒を並べる丸の内の中通りをブラブラ。お洒落な屋台が並ぶ国際フォーラム周辺は祭日ということもありファミリーやカップルで大混雑。銀座の居酒屋で腹ごしらえして帰ってきました。

Lightpia

| | TrackBack (0)

2009.12.13

カールじいさんの空飛ぶ家

 土曜のレイトショーで「カールじいさんの空飛ぶ家」を観る。しかもデジタル3D版である。夫婦50割引で二人2000円のとこ3D版ということで一人300円増し。初めての映画館での3D映画でしたが、違和感もなく3Dすっかり気にいりました。
 映画は冒頭の回想シーンが秀逸。ストーリーの背景をしっかり見せます。しかも伏線も。この冒頭のシーンだけでホロリときます。その後のストーリーも荒唐無稽ながら泣かせどころ、笑わせどころのツボもしっかり押さえて、オジサンにもなかなかお勧めです。

 3Dいいなあということで探してみるとありました。写真を3DにするソフトAnaglyph Makerです。(ダウンロードはこちら) 左右を少しずらした2枚の写真を読み込み、グレーかカラーかを指定して3D化ボタンをクリックすると、あら!不思議。下の様な、見たことのある赤青の画像ができます。これを左赤、右青のメガネで見ると、画像が立体視できるんですね。

赤青のメガネで試してください。
Friends3d

 適当な写真がなくて、イラストを立体化してみましたが、あまりうまくいったとは言えませんねえ。もうちょっと修行します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.12.06

ダイヤモンド富士@成増

 今日は板橋区成増の我家からのダイヤモンド富士の日。朝起きると昨夜からの雨もあがり、すっきりとした青空。富士山もきれいに見える。このまま晴れてくれよ。ところが用事があって出勤しようとした9時ころになると、霧が発生して富士山は見えなくなる。東上線も濃霧のためダイヤが乱れていた。ん、ダイヤが乱れる?縁起でもない。でも会社に着いたころにはまたすっきりとした青空になる。ホッ。

 仕事を早々に切り上げ、自宅に15時過ぎに帰る。少し暖かいせいか富士山どころか奥多摩の山も霞んで見えない。16時13分のダイヤ富士の30分前に物干し台に上がり準備を始める。ビデオ2台とカメラ1台。今回はダイヤ富士初デビューのLUMIX TZ7のビデオが中心。ところがCCDのレンズの特性でスミアがひどい。反省。

 今回のような雲がほとんどない日より、富士山を隠さない程度に雲があった方がいいですね。

山頂にドンピシャ!
Dia_fuji2009

 さあ次は1ヶ月後の1月6日16時28分だ。その前に大晦日の荒川土手も。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »