« スタンド・バイ・ミー | Main | 富士講の世界 »

2009.08.31

イムジン河コンサート

 金曜日の夜、新宿でのきたやまおさむプロデュース・フォークル版「イムジン河コンサート」に行ってきました。開演が18時半と早いので終業のベルと同時に会社をベルサッサ。やって来ました厚生年金会館。おっ、ここは歌舞伎座かと思うくらい年齢層が高い。まあ人のこと言えた義理ではないが、明らかに私より上の方々が多い。座席が隣のオバサマも前のオバサマも携帯の待受け画面がお孫さんの写真でした。そんな中で(この会場では)若い、北山センセイ大好きの同級生は直ぐに見つかり、ご挨拶。開演を待ちます。

 開演時間を少し過ぎて北山センセイ登場。夢の話の後、イムジン河誕生のきっかけとなった松山たけしさんが歌うフォークル版イムジン河でコンサートは始まりました。その後出るわ出るわイムジン河!Kazuhiko_kato
フォーシュリーク版(こちらはリムジン江)、高石ともや版、キム・ヨンジャ版、フランス語版、韓国語版、インスツルメンタル版、果ては韓国舞踏などなど、イムジン河のオンパレード。
 「イムジン河とは、誰の心の中にも、あるいは人と人の間にも、どこの国と国の間にも、流れています」と北山センセイが語るように、あらゆる断絶の象徴としてイムジン河があり、越えるに越えられぬ、果たせぬ想いだからこそ、その想いは深く希望へとつながる。とこのコンサートはメッセージしたのでしょう。そう書くと何か堅苦しいメッセージ性の強いコンサートに思えますが、そこは北山センセイ。軽妙なレクチャーで、メッセージとエンターテイメントがバランス良く散りばめられた、それはそれは楽しいコンサートでした。
 2時間に及ぶイムジン河洪水の後は、15分の休憩を挟んでアンコール? 第3次フォークル(北山、加藤、坂崎幸之助)でイムジン河発売中止で急遽出すことになった「悲しくてやりきれない」などを数曲。北山センセイ大熱唱の「コブのない駱駝」なんて珍しい歌も聞けました。最後は出演者全員で「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌い幕は閉じました。

 ところで、コンサートの途中で昔のフォークルの映像がスクリーンに。おー、ビートルズそっくりじゃん。さしづめ加藤さんはジョン・レノン? その加藤さんのアイドル顔負けの笑顔が大写しになると、場内は大爆笑。まっことボンボンの可愛い笑顔でした。

|

« スタンド・バイ・ミー | Main | 富士講の世界 »

Comments

same君、ちは(^o^)丿
坊津の写真、新しいカメラ、イムジン河もいいねぇ~
好きだよ、same君、ちゅ(# ̄3 ̄)

Posted by: ぶんとへ | 2009.09.01 at 03:00 AM

ぶんとへに今さら好きと言われてもねえ。
私も困りますわ。

Posted by: same | 2009.09.01 at 11:45 PM

夕べ、コメ入れようかと思ったけど、
入り込めない「なにか」があった。。。(^m^*)プッ
しっかし1曲で2時間、よく引っ張れるもんだな〜〜と思ったけど、
あっという間の2時間だったね。

Posted by: お米 | 2009.09.01 at 11:56 PM

1曲だけ2時間てのは私も初めての経験でした。でもあっと言う間だったよね。
嫁サンはお米さんと同じく最後の韓国舞踏は眠かったとさ。

Posted by: same | 2009.09.02 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/46057927

Listed below are links to weblogs that reference イムジン河コンサート:

« スタンド・バイ・ミー | Main | 富士講の世界 »