« さつま海街道 | Main | イムジン河コンサート »

2009.08.24

スタンド・バイ・ミー

 日曜日を境に空気が涼しくなった。夏も終わりかな、と思わせる涼しさだ。夏の定番、海水浴やキャンプなんて何年やってないだろう。我が家の夏の恒例行事だったアルプス山行もここ数年ご無沙汰。今年は高校の同窓会で鹿児島に帰ったくらい。あー、夏らしい夏を過ごしたい。

 夏らしいといえば映画スタンド・バイ・ミーも夏の定番として定着した感がありますねえ。原作がスティーブン・キングだから?いえいえ♪プールサイドに花が咲きゃ♪ 原作はTHE BODY(死体?)だけどちっともホラーじゃないんですね。4人の12才の少年達のひと夏の経験。ん?山口百恵か。先日も夏休み特集の一環としてテレビでやってました。途中からでしたがついつい観てしまいました。
 真面目な優等生、クールなリーダー、仲本工事似のシニカルなメガネ、ノロマの太っちょ。4人の性格がちょいと類型的な気がしますが、ベン・E・キングの主題歌と相まって観終わった後、甘酸っぱいものがこみ上げてきます。
 ところで4人の少年たちは虐待などそれぞれ問題を抱えているのだが、語り部でもある優等生は死んだ優秀な兄との葛藤で悩んでいる。カインコンプレックスって言ったかな。ちょっと前に観たタイトルも思い出さない映画でもテーマになっていた。古くはエデンの東が有名ですね。ブラピのリバー・ランズ・スルー・イットも見ようによってはそうかもしれない。
 もひとつこの映画は早死にしたリバー・フェニックスが秀逸ですね。少年らしい凛々しさが溢れています。若くしてこんなはまり役をやると........

肝心のリバー・フェニックスが似てませんねえ。
Stand_by_me470

|

« さつま海街道 | Main | イムジン河コンサート »

Comments

カインコンプレックスというのは、ようするに「カインとアベル」ということですね。(知ったかぶり)
キングって本当に不思議な作家で、こんな叙情たっぷりの作品もあるんだよね。でもそのまなざしはいつでも弱者に向けられていて、ホラーを読んでも泣かされる。(ショーシャンクとか、ホラーじゃないけど)ホラーだと「キャリー」とかなのかな。知らないけど・・・。知らないなら書くなよ。また知ったか(恐縮)
少し復活のひぐまです。

Posted by: higuma55 | 2009.08.28 at 11:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/46014635

Listed below are links to weblogs that reference スタンド・バイ・ミー:

« さつま海街道 | Main | イムジン河コンサート »