« 白子富士 | Main | ニッコウキスゲ »

2009.07.17

下新倉富士

 前回の続きです。バッバッバ、原付イージーライダー隊が行く。次は下新倉氷川八幡神社(和光市下新倉3-13-33)。長い名前だと思ったら氷川神社と八幡神社が合祀したとのこと。場所は車の多い笹目通りから1本分道を入ったところで畑も多い住宅街です。神社は道路に挟まれていて、富士塚(下新倉富士)は東側から境内に入ると立派な本殿の右奥に、反対側から入ると入口のすぐ左にあります。
 高さ約4mの盛土の富士塚です。明治初期に丸吉講の人々によって築造されたようです。富士獄神社の鳥居の横には丸吉講の登山記念の碑が4基ほどあります。登山道はあるようなないような。植込みの途切れたところを登ります。30秒で富士登山完了。山頂には浅間太神の大きな碑があるのみ。浅間(せんげん)は火山を意味する言葉です。山頂から眺めると神社の反対側の眺めがよく、隣接する道路と田園風景?が広がります。バンザイ(山頂で必ずやる)をやっていたら隣の家のベランダで洗濯ものを干していたオバサマと目が合ってしまった。鳥居目指して下山。10秒で下界に降り立つ。

Simoniikura

 鳥居の扁額の縁を見ると富士山がデザインされておりました。そういえば山頂の石碑にも富士山の線刻がありました。昔の人のデザイン感覚もなかなかのものです。

左:山頂の石碑の富士山。左側が欠けていました。
右:鳥居の扁額の富士山。この模様が縁をとり巻いています。
Fujimark

 それにしても夏の富士登山は藪蚊に食われて痒くて痒くて。

|

« 白子富士 | Main | ニッコウキスゲ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/45660663

Listed below are links to weblogs that reference 下新倉富士:

« 白子富士 | Main | ニッコウキスゲ »