« 伊能図公開 | Main | 手塚治虫展 »

2009.04.25

川は流れる

 珍しく仕事が忙しくて更新もままならない状態。ゴールデンウィーク恒例の長距離ドライブも今年は中止。仕事、仕事、仕事漬けの日々であります。まあ薬漬け、酒漬けの日々よりいいか。すくなくとも公園で真っ裸にならなくてすみそーだし。

 若手芸人のギャグについていけずチャンネルを変えると、若いブラビが映っている。ロバート・レッドフォード監督作の「リバー・ランズ・スルー・イット」だ。_brabi2公開当時(1992年)観たはずだが、あまり記憶にない。見るとはなしに見ていたのだが、だんだん良くなる法華の太鼓てなもんで、なかなかに面白い。
 牧師の厳格な父、秀才で真面目一方の兄、自由奔放な弟。3人はフライフィッシングを通じて心を通わせる。そして兄弟は大人になりそれぞれの道を歩み始め、微妙にすれ違っていく。破天荒な弟の非業の死、父母の悲嘆。やがて父母も死に、妻も先立つ。年老いた兄は3人で糸をたれた故郷モンタナの川で今も竿を振る。人々の思い、生き死に、そんな人生の移ろいにかかわらず、昔と変わらず川は流れる。

 ブラビってこんないい役者だったけ?セブン以来あまりいい印象持ってなかったし。この映画では監督のレッドフォードの若い頃に似てる気がした。そう言えば川は流れるって歌ったのは瀬川瑛子だったかな。ん?中宗根美樹か?

|

« 伊能図公開 | Main | 手塚治虫展 »

Comments

僕はファイトクラブが泣きそうに好きなんだよね。一回しか見てないから、はっきり思い出せないところもあるけど、エドワードノートンが良かったのはもちろんだけれど、ブラピも。あのブラピがなければあの映画はなかったと思う。夜中一人でビデオを見終わってぞくぞくして、あれからエドワードにはまった。
お仕事お疲れ様。体には気をつけよう。

Posted by: higuma55 | 2009.04.26 at 01:54 AM

さめさん、おひさです。ま、お酒があんまり飲めないサメさんが裸になる心配はあんまりないとにらんでます。でも大変そうだね。

説明上手いな〜〜。見たくなっちゃった。
ヒグマさん、ファイトクラブはウチの次男のバイブルだよ。私も見た時すごく感動したんだけど、暴力的だったのがつらかった。

月曜からの仕事の準備があまりに膨大でブログ廻りであそんでおります。

Posted by: 凛々 | 2009.04.26 at 11:29 AM

サメさん、中曽根美樹ですね。
凛々さん、そうでしたね。見ているだけで痛くなりそうな映画でした。でも切ない映画でした。またみてみたいです。ご子息と話しが合いそうで嬉しいです。
大虎ぶりでは人後に落ちませんが(いばってる!)さすがに戸外でnakedになったことはないような気がします。いずれにせよ、世の中の酒飲みに大いに警鐘を鳴らした事件だったのではないでしょうか。ああ、こわい。

Posted by: higuma55 | 2009.04.27 at 04:01 PM

お二人さん、ありがとう。
ファイトクラブ未見です。お二人のお勧めですので絶対見ます。

Posted by: same | 2009.04.29 at 01:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/44753281

Listed below are links to weblogs that reference 川は流れる:

« 伊能図公開 | Main | 手塚治虫展 »