« アドエスでSDHCカード | Main | 表紙はうたう »

2009.03.01

エリック・クラプトン2009

 弥生三月、春近し。のはずが寒い日々が続いています。そんな中の24日、神様の降臨コンサートに行ってきた。約2年ぶりの降臨コンサートで、冷たい小雨にかかわらず多くの信者の老若男女が集まった。ギターの神様エリック・クラプトンの武道館でのコンサートである。18回目の来日コンサートらしいが半分近くは行っている。

 開演時間を少し過ぎて、開襟シャツのような白いシャツに太めのジーンズで水色のギターを下げた神様登場。Clapton2Tell The Truth、Key To The Highwayと前回と同じ出だしで、3曲目がマディー・ウォーターズのHoochie Coochie Man。ブルースパワー全開。この後「コンバンワ」のひと言があり、I Shot The Sheriff。間奏のギターソロがカッコ良かった。知らない曲が2曲続き、椅子に座ってのアコースティックタイムに。Driftin'から大好きなRunning On Faithまでの5曲。また水色のストラトに持ち替えてMotherless Children。I Shot The Sheriffと同じ461オ-シャン・ブ-ルヴァ-ドからの選曲です。ブルースっぽい知らない曲の次が、ボ・ディドリーのBefore You Accuse Me。わたしゃCCRのやつも好きです。ここからは曲も曲順も前回と全く同じ。Wonderful Tonight~Layla(ここでやっとアリーナ席が立つ)~Cocaine(お約束で最後にみんなでコカイン!)、そしてアンコールがCrossroads。ほぼ2時間のコンサートでございました。今回も前回と同じでブルースっぽい曲が多く、曲もかなりダブル。大きな違いは前回のBad LoveがI Shot The Sheriffに変わった点かな。

 最近のコンサートは実に淡々としてるというか、リラックスしてるというか、悪く言えば盛り上がりに欠けます。ビリー・ジョエルやスティービー・ワンダーのようにもうちょっと楽しませてよ、という気がしないでもありませんが、でもいいんです。数年に1回降臨されてそのお姿を拝見できるだけでもわたしゃ幸せです。でも神様も63才。髪が少し伸びたせいか少し年とった感じに見えた。

前回の公演の記事はこちら

|

« アドエスでSDHCカード | Main | 表紙はうたう »

Comments

リポート感謝です。ワクワクするような感じ、そうっすか。ruunning on my faith は、拙者も大好きです。coccainの最後、黙っててもみんなで歌うんですよね。いいなあ。大好物のbefore you accuse meもやりましたか。ふんふん。hoocie cochiee manも。ひやー。たまらんす。朝日新聞ではジェフ・ベックとのヤツを記事にしてましたが、ああ、鮎川誠の談話だった。「やっぱ、ブルースが根っこやから、ここらはゆずれんとこたい。」みたいな感じで、こっちのレポートも面白かった。写真はやっぱり水色のストラトだった。ジェフがホワイト。これはジミヘンがもってた色だったんだよね。俺が行ったフーはピートがチェリーのストラトだった。ストラト、カッコイイね。レポに感謝します。

Posted by: higuma55 | 2009.03.02 at 02:33 AM

Hoochie Coochie ManもBefore You Accuse Meもよく演るよね。「ブルースが根っこやから」というのは分かるような気がします。

Posted by: same | 2009.03.02 at 10:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/44205958

Listed below are links to weblogs that reference エリック・クラプトン2009:

« アドエスでSDHCカード | Main | 表紙はうたう »