« サヨナラ広島市民球場 その2 | Main | 高峰山 »

2008.09.29

サヨナラ広島市民球場 その3

 怒涛の広島行きから無事帰還いたしました。

 フライデーナイトの9時、東京駅は八重洲口より広島行きの夜行バスの車中の人となる。車窓に流れる街の灯り。ボンヤリ窓に映る疲れた中年男の顔。いやー「夜行」は旅愁を誘います。なーんてことはなく、すぐにカーテンを2重に閉められ、秋の夜長、旅のお供に持参したきたやまおさむ著「さすらい人の子守唄」を読める雰囲気でもない。お先真っ暗、じゃなくて車内真っ暗ですから。しゃーない、3列シートのリクライニングを目一杯倒して就寝。あっという間に広島到着。あれっ、「さよなら市民球場」で熱狂の渦の中のはずの広島は早朝のためか人影まばら。市民球場の外野をとりまく自由席の席取りのためのダンボールのメモの行列の長さだけが熱狂を垣間見させてくれました。

 それにしても朝早すぎて暇つぶすとこがない。今日の試合開始は18時。そうだ!京都へ行こう。オマエはJRのまわしモンか?ここは広島っ!既に日本三景制覇済みであるが、そうだ!宮島へ行こう。さすが世界文化遺産の宮島、外人さんと鹿サンに占拠されておりました。さらに宮島といえば名物あなご飯。でも本日の食事プラン、ランチは広島お好み焼き、ディナーは野球観戦定番のむさしの山賊むすびと1ヶ月前から決まっていたのであります。パス。代わりにお土産屋で宮島のスノードーム発見!300円也。おばちゃんにこんなの買うの珍しいわと言われたのであります。余計なお世話。それにしてもチッチャイ、チープ、チンケ。三拍子揃っておりました。そこがいいんだけどね。

 大枚をはたき、宮島と広島港(宇品)を結ぶ高速艇に乗る。行きは広電で1時間以上かかったのに22分で着く。カネの威力はすごい。宇品から路面電車で広島駅に。ランチにお好み焼きを食す。もちろんソバ入りのスペシャルです。駅前のホテルに早めにチェックイン。シャワーで身を清め、市民球場へいざ出陣! と、その前に今夜のディナー、むさし本通店で山賊むすびゲット。これがないと野球観戦の醍醐味が半減します。球場周辺はカープファンでごった返しておりました。あたりまえか。これがヤクルトファンで一杯だったらビックリだけど。球場は満員のカープファンで赤一色。毎回この半分でも入っていれば、その昔ホリエモンに買収されそうになるよーなこともなかったのにね。

 試合はカープはルイス、ヤクルトはダグラスの外国人投手対決。こちらは最多勝を狙う投手、相手は元カープ。つまりエースとお下がり品の対決。結果はやる前から見えていた?6-0で快勝。この調子で、明日はホームランだ!オマエは吉野家のまわしモンか?ホテルに帰り着くやいなや、夜行の疲れか爆睡。も一度市民球場で日本シリーズを!の夢も見ることなく朝を迎えたのであります。

 腹が減っては戦はできぬ。ホテルの朝食バイキングを目一杯食す。バイキングとなると抑制が効かなくなるのはデブの性か。泣いても笑っても今日が最後。食べすぎでポッコリ膨らんだ腹をシャワーで清め、市民球場へいざ出陣! と、その前に今日もむさしで山賊むすびゲット。オマエわざわざ東京から、野球見にきたのか?山賊むすび食べにきたのか? 両方です。街中はカープのユニフォーム着た人が多い。わたしも前田の背番号1でお出かけ。2時間以上前に球場に着いたが既にすごい混雑。球場前でカメラのシャッターをお願いしたお兄さん、チケットないんだけどじっとしてられなくて来てしまったとのこと。その気持ちイタイほど分かる。でも譲ってあげないよ。今日も球場は赤一色。毎回こんなんだったら、金本もシーツも新井も町田(知らねーだろうな)もタイガースに取られることなかったのに。

 今日の先発は桑田2世と呼ばれる若きエース、前田健太(マエケン)。マエケンの投球ごとにものすごい歓声。初回からホームランが飛び出し、マエケンの初ホームラン、4番栗原のホームランと楽勝ムード。3回裏には入場者全員に配られた「ありがとう」と書かれた赤いポスターを掲げ、奥田民生の「ありがとう」を大合唱。5回裏にも「必ずここへ帰ってくる」と書かれたポスターを掲げ、「宇宙戦艦ヤマト」を大合唱。Carp28_2何故ヤマトかというと、クライマックス・シリーズに進出し勝ち進むと日本シリーズでまた市民球場に戻ってこられるから。ちょっと笑えました。ラッキーセブンはこれまた全員に配られた赤いジェット風船飛ばし!壮観でした。7回表に全員風船を膨らませに夢中になっている間に2点取られたが何のその。9回にはリリーフエース永川を出すための演出とさえ思えるピンチを作り(そんな訳ねーだろ)、お約束どーり永川が火消し。6-3で有終の美を飾ったのでありました。

 試合後は市民球場の懐かしい映像が。いつでも直球勝負の炎のストッパー津田の映像には涙ぐみました。優勝した年に生まれたファンが持つ6枚のリーグと3枚の日本シリーズのチャンピオン・フラッグが披露される。そして「必ずここへ帰ってくる」と「宇宙戦艦ヤマト」大合唱の中、選手全員がグランドを一周。最後にバックスクリーンにヤマトの「地球滅亡まであと」云々よろしく「日本シリーズまであと34日」とカウントダウンされ終わりました。終了後も外野スタンドを中心にカープの応援歌「宮島さん」がいつ終わるともなく繰り返されていました。

 ありがとう、そしてさよなら広島市民球場。
Kyujou

*23時過ぎに東京駅に着いたのぞみからは、私たちと同じくカープの応援グッズを持った結構多くのファンが降り立ちました。

|

« サヨナラ広島市民球場 その2 | Main | 高峰山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/42631996

Listed below are links to weblogs that reference サヨナラ広島市民球場 その3:

« サヨナラ広島市民球場 その2 | Main | 高峰山 »