« 交流戦 | Main | 朝市@内浦漁港 »

2008.06.23

ポータブル電源

 車中泊やキャンプをよくする。また休日は車の中に本など持ち込み、寝っ転がりながら暇をつぶしたりする。眠くなるとそのままお昼寝。お天気のいい日なぞは快適至極。でもこの季節はジメジメ蒸し暑い。また車中泊やキャンプでは照明などに電源が欲しいことがよくある。車のエンジンをかければ電源は確保できるがこんなご時世、そんなことは許されん!言語道断。エコである。温暖化防止なのだ。なに?オマエの存在自体がエコじゃない!と言われると困るんですが。
 でも扇風機や照明は欲しいし、テレビも見たいし、PCや携帯の充電もしたい。アウトドアにそんな便利を求めてどーすんじゃというご意見もごもっとも。でもねえ、ちょこっと電源があれば快適なんですよねえ。煩悩は膨らむばかり。じゃあ、サブバッテリー積めばとおっしゃる。そうなんですよ、ワタクシも考えました。でもねえ、自慢じゃないがワタクシ工作には不器用すぎるし、電気の知識ときたら小学生以下。いっしょにすんな!と小学生に怒られるか。じゃあってことで業者に頼むと10数万円はかかるらしい。そこまでして快適追求もねえ。
 そんなこんなの煩悩悶々のある日、ミクシィにはまっている連れ合いが車中泊のコミュニティ(そんなもんがあるらしい)でポータブル電源というモンがあることを発見。サブバッテリーと違い工作不要、持ち運びもできるので車外でも利用可能。よく見かける発動機タイプと違って音もしない。しかも家庭のAC電源と車のDC電源の両方で充電可能。おぉいいねえってことで調べると候補が3つ。バッテリーの容量はある程度欲しいけど、それに比例して値段は上がる。そこで悩んで決めたのがMeltec(大自工業)のSG-3000DXという製品。大容量バッテリー(20Ah)内蔵って言われてもどれくらいなのか分からん!のだけど....... 値段13,980円也。
 どこで売っているのか分からんので、いつものアマゾンでクリック。早やっ!翌日の夜には届きました。大きさは316(W)×295(H)×134(D)mmで重さ約8kg。思っていたよりはコンパクトだが結構重い。早速初期充電してテスト開始。消費電力20Wのクリップ扇風機をつないで何時間もつか試してみました。カタログによると20Wだと8時間ほど。でも実際は驚き、桃の木、山椒の木。朝の9時スタートで終了の警報アラームがなったのは夜の9時45分頃。実に12時間45分でした。これはひと晩付けっぱっなしでもお釣りがくる。逆に充電はカラの状態でAC充電で48時間とのことがほぼ24時間で完了。両方ともカタログ値以上。これで夏の車中泊も快適になるかな。

堂々のSG-3000DX↓
付属品はAC充電アダプター、車内用DC充電コードとブーストケーブル。
左側面には4Wの蛍光灯2個。本読むにはきついけど作業には問題なし。andバッテリーあがり時のセルフブーストソケット。これでバッテリーあがりも安心。右側面にはDC用ソケット、ACコンセントが1個づつと充電用ソケット。
_sg3000dx

|

« 交流戦 | Main | 朝市@内浦漁港 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/41616518

Listed below are links to weblogs that reference ポータブル電源:

« 交流戦 | Main | 朝市@内浦漁港 »