« 物欲リターンズ | Main | 交流戦 »

2008.06.09

ある週末

 何の予定もない週末。朝起きると久しぶりの梅雨の晴れ間。ボーッとしているのも悪くないが何だかもったいない。そうだ、第3回永島慎二遺作展の案内を送ってもらっていたんだ。永島さんは「漫画家残酷物語」「フーテン」「若者たち」などで知られる漫画家。高校生の頃、その抒情的なストーリーとスタイリッシュな絵にはまった。ノートや教科書には永島さんの「旅人くん」ばかり描いていた。会場の阿佐ヶ谷の喫茶店「Cobu」へゴー。この喫茶店は3年前に亡くなった永島さんがよく通っていた喫茶店で、婦人服店の奥にある昔ながらの喫茶店である。既にファンらしいカップルが2組ほど。開催3日目とあって今年もお目当ての「旅人くん」は売却済みだった。迷ったあげく購入したのが下の「天狗と少年」。決して安くはないけれど間近に迫った誕生日プレゼントってことで。来年は「旅人くん」ゲットに初日に来るぞ。会社サボって?

俯瞰した都会の街並みがスタイリッシュ!
Nagashima

 阿佐ヶ谷から帰って着替えをしていると、ブーブーというチャルメラ?の音。いつもの豆腐屋さんだ。いつも買いに走る連れ合いは生憎と庭いじり中。着替えもそこそこに外に出る。格別豆腐好きというわけではないが、この豆腐は実に美味しい。毎日来てよと言うと、他の日は別な地区を回っていてここは土曜日だけとのこと。夜は当然に冷やっこ。

こんな若い豆腐屋さんとは思わなかった。
080608_2

 日曜日は遅く起きてグダグダしていたら既にお昼過ぎ。お楽しみのTBSラジオ「若山玄蔵のバックグランド・ミュージック」を聞きながらクリームパンで朝飯のよーな昼飯。どちらかともなく毎年この時期に行っている埼玉県鴻巣市のポピー・ハッピースクエアへ行くことに。祭の期間が終わるとポピーが摘み放題になる。荒川河川敷に広がるポピーのお花畑は少し盛りを過ぎて人もまばら。

雲雀の鳴き声とどこまでも続くポピーのお花畑

 ポピーの摘み取りの後は、4月に入間市の国道16号線沿いにオープンした三井アウトレットパークへマッハ・ゴー・ゴー・ゴー。とはいかず、近づくにつれて16号線が大渋滞。予想はしていたもののこれほどとは。近くの娯楽施設の駐車場に停めて歩いて行きました。クールビズ用のエディーバウアーのパンツ2本とモンベルでキャップとアウトドア用の折りたたみ椅子2脚を購入。結構安かったようで、ロハのポピーと合わせ大満足の連れ合いでした。

|

« 物欲リターンズ | Main | 交流戦 »

Comments

カーナビのコメント有り難う。えっとプチ掲示板ファイヤーフォックスはポップアップウィンドウが出ないように設定しているので書き込めません。多分ブラウザーサポートの問題かな?

今回はビデオですね。フィールドの広がりとのどかな鳥のさえずりが素敵です。

そ〜いうお豆腐が食べたい!!

Posted by: 凛々 | 2008.06.13 at 07:01 AM

今度帰った来た時、食べさせてあげよう。

Posted by: same | 2008.06.13 at 11:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/41474113

Listed below are links to weblogs that reference ある週末:

« 物欲リターンズ | Main | 交流戦 »