« 鳶尾山 | Main | 物欲リターンズ »

2008.05.26

横手山

 何だ神田で夫婦として20年。よくやってきました。最近ふたりでお宿に泊まったことがない。車内泊専門である。それはそれでとっても楽しいのだが、たまにはのんびりお宿に泊まろうかということで3ヶ所ほどあたって決めたのが横手山山頂ヒュッテ。長野県と群馬県の県境の標高2307mの横手山の山頂にあるお宿である。日本一高い所のパン屋さんがあるので有名なお宿でもある。泊まったことはなかったが、以前北アルプスの写真を撮ろうと2度ほど来たことがある。

 金曜(22日)の夜10時過ぎに板橋の自宅を出発。練馬から関越道に乗り、上信越道の甘楽PAで車内泊。オイオイゆっくりお宿に泊まろうってんじゃなかったのかい。翌朝7時前に起きる。オイオイのんびりじゃねーのかい。
 下仁田ICで関越を降りて妙義山へ。妙義から国道18号線で釜飯の横川を過ぎ碓氷バイパスで軽井沢。駅前の巨大アウトレットは開店前でパス。軽井沢銀座を抜けて白糸の滝へ。入園料が高い鬼押出園はパス。だって似たよーな風景の故郷の桜島はタダなんですから。それに軽井沢から草津方面に抜けるのに3回も通行料を取るなんて!許せん。桃太郎侍だったらたった切ってますよ。助手席の嫁サンは文句垂れるだけですけど。何?有料道路通らずに国道146号を行けば良かったのにって。仰るとーりです。道を間違えたんです。

左:妙義山と中之嶽神社 右:軽井沢の白糸の滝
_yokote01

 国道292号線で草津へ向かうも時間があまりに早いので、草津の手前で右折して野反湖へ寄り道。寄り道得意です。7月にはキスゲで黄色に染まる湖も今は静寂。カッコーだけが鳴いてました。来た道を戻る。帰り道は遠かったってこともなかったです。六合村(くにむら)で蕎麦屋に入る。久しぶりに美味い蕎麦。コシアブラの天麩羅も美味。食後は温泉に限る。前から気になっていた尻焼温泉へ。秘境と言うほどではないがほんと鄙びた温泉。川をせき止めた露天はみんな水着着ている!なんだ?スッポンポンじゃねーんか?温泉を前に撤収。

左:何にもなかった野反湖 右:尻焼温泉の露天風呂?プール?
_yokote02

 尻焼温泉から狭くてクネクネした山道を通って、ホント草津に着くのかいと心配になりだした頃に草津市街を少し過ぎた地点で志賀草津道路(国道292号)に合流。ここから一気に渋峠へ。と思いきや観光バスがノロノロで車が数珠つなぎ。この辺りから雨も降り出した。ほとんどの車はお釜があるレストハウスの駐車場でいなくなった。ここから先は雲上のドライブのはずがガスっていて視界なし。しかも峠に近づくにつれて雪の壁が。やっと着いた標高2172mの渋峠は冬景色でスキーヤーばかり。しかも渋峠に着いたら電話くださいとお宿の方に言われていたのに携帯が県外!じゃなくて圏外!どーすんじゃ。ドライブイン?で公衆電話を見つけて救助を要請!じゃなくてお迎えを要請!リフトのとこで待っててくださいとのこと。しばらく待っていると轟音が聞こえてくる。霧の中から現れたのは雪上車だった。初めての雪上車に揺られて今夜のお宿に着いたのは3時過ぎ。一面の雪景色で周囲はガスで真っ白。下に見えるはずの志賀高原も見えず。いわんや北アルプスである。

左:渋峠の国道最高地点 右:お迎えの雪上車
_yokote03

 ヒュッテは山小屋と観光ホテルの中間の感じ。きれいとは言いがたいが清潔で従業員の方も感じが良かった。Kinoko235期待の雲海に沈む北アルプスの夕日は望むべくもなく、部屋でゴロゴロ。6時過ぎに食事の案内がありレストランへ。同宿のスキー合宿の若人が10人ぐらいいたのだが、私たちは離れて宿泊者専用テーブルで食事。名物の信州しめじがたっぷり入ったクリームシチューをパンで閉じ込めたきのこ雲スープは美味かった。しかし鶏肉が苦手な私はメインのオレンジソースのチキンにはまいった。好き嫌いはなくしましょう。因みに納豆は鶏肉以上に苦手です。チキンは魚だと思えば食えますが納豆はどうしても食えません。ちょっと宿の周辺をブラブラというわけにもいかず、雨脚が強くなるのを聞きながら早めに就寝。

左:ヒュッテのレストラン 右:ヒュッテの建物。奥に北アルプスが.......
_yokote04

 翌朝起きるとさらに雨風とも強し。雲海に浮かぶ北アルプスは望むべくもなし。持ってきた一眼レフカメラやレンズが重い。朝食はパンが美味かった。さすが日本一高いパン屋!じゃなくて日本一高い所のパン屋!ン?館内をウロウロしていたら経営者の女性の方が生憎でしたねと。お天気には勝てませんと言うと、エライ!ってことでパンを3個いただきました。また帰りの雪上車も運転席の横に座らせてもらいました。
 雨だと言うのに渋峠には既にスキーヤーがチラホラ。霧の中を途中から万座へ下る。しかし雪上車の運転の方に聞いた万座の温泉はどこも時間が早すぎて準備中で入れず。仕方なく志賀草津道路に戻って草津へ。いつもの西の河原温泉(500円)のだだっ広い露天に入る。いつもは混雑する温泉も朝が早いせいか3人ほど。女風呂も同じで連れ合いは泳いだそーな。この頃から雨もあがる。

左:雲上の志賀草津道路 右:西の河原温泉。右隅にスッポンポンのオジサンが
_yokote05

 草津から今度は無料の国道で軽井沢へ。昨日入れなかった駅前の巨大アウトレットで食事とウインドウショッピング。3時頃軽井沢ICから上信越道に乗り、5時前に自宅に帰りつきました。ノンビリできたようなできなかったような。

|

« 鳶尾山 | Main | 物欲リターンズ »

Comments

お天気生憎だったね。
替わりにってわけじゃないけど、ラスベガスでスノーボールをサメ用に買ったよ。

Posted by: 凛々 | 2008.05.26 at 11:22 PM

ワォ!!
娯楽の殿堂ベガスのスノードーム。楽しみにしてまっせ。

Posted by: same | 2008.05.27 at 10:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/41319341

Listed below are links to weblogs that reference 横手山:

« 鳶尾山 | Main | 物欲リターンズ »