« March 2008 | Main | May 2008 »

2008.04.30

GWドライブ日記'08 その3

 ふっ、やっと電波の届くとこに出た。朝6時過ぎに目覚め、顔を洗って道の駅のだを出発したのが7時。国道45号線を北上し琥珀で有名な久慈を過ぎあたりで助手席が八戸線に鮫という駅があるのを発見。即、進路変更。鮫駅の狭い駅前に車を停めてウロウロしているとおまわりさん登場。いえね、名前と同じ駅名なんで写真を撮ってます。と何故か弁解調。でもなかなか気さくなおまわりさんで撮ってあげるよ、並んで。お言葉に甘えさせていただきました。ところがおまわりさんがシャッターを押した途端にピーピーピー。セルフモードになってたのであります。お互い苦笑い。お手数をお掛けいたしました。

Same Statitionであります。
_same

 余計な時間をくってしまった。もう寄り道はしないと決心。でもまた三沢を過ぎたところで今度は自由の女神を発見。ついつい寄り道。これはおいらせ町がニューヨークと同じ緯度にあることから立てたんだと。なんとまあ。でも桜の満開の広大な公園に立つ自由の女神は冗談?にしてはご立派でした。

東北の女神だべ。
_megami

 自由の女神を見た後は、ただただ真っ直ぐな国道338号線をひた走り、下北半島の東北端の尻屋崎を回って、ただ今目的地の大間崎に向かっている最中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.29

GWドライブ日記'08 その2

 今、22時前です。岩手県久慈市近くの道の駅のだにいます。ここが今夜の宿泊地です。
 道の駅とうわを出たのが15時前。民話の里の遠野を過ぎ釜石街道をまっしぐらのはずが、笛吹峠という名を地図で発見。峠好きとしてはほっとけない。で、進路変更。これが間違いだった。細い山道をくねくね。やっと三陸海岸沿いを走る国道45号線に出たのが17時前。井上ひさしさんで有名?な吉里吉里海岸などを経て道の駅みやこに着いたのが18時過ぎ。道の駅のショップは後片付けのまっ最中でした。ただレストランだけは開いていたので夕食にはありつけました。
 夕食後は真っ暗な45号線を北上し、21時前にこの道の駅に到着。さらに進んで久慈市の24時間営業の温泉センターまで行こうかとの意見も出るも、添乗員会議の結果ここを今夜の宿泊地に決定。本日の走行距離は707.2km。本日の最大のしあわせ事、結構ミスもあったのに夫婦げんかしなかったこと!!珍しきかな。
 もう寝ます。みなさまお休みなさい。 

暮色の宮古湾。
Miyako1

道の駅みやこのレストランのみなとオアシス定食。まあまあでした。
Miyako2

| | Comments (1) | TrackBack (0)

GWドライブ日記'08 その1

 いよいよ始まりました今年のGWドライブ日記。今岩手県の道の駅とうわにいます。板橋の自宅を出たのが6時過ぎ。近所のマックのドライブスルーで朝飯ゲットして浦和から東北道に乗りました。宇都宮まで多少混んだものの後はガラガラ。何回か休息して花巻ジャンクションで釜石自動車道に乗って最終の東和ICで降り、目の前の道の駅とうわに着いたのが13時過ぎ。出発から約7時間かかったことになります。
 道の駅に併設されたホテルの温泉(日高見の霊湯)でひと風呂浴びて、天ざるを食べて少し眠くなったとこです。天気は上々。これから三陸海岸目指します。

道の駅とうわ。右の建物が温泉施設。
Towa_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.27

GWドライブ日記'08

 間もなくゴールデンウィーク突入です。GWといえば我家では毎年恒例の長距離ドライブです。去年が「カープを地元・広島市民球場で応援」で広島&山陰へ。その前が「讃岐で本場讃岐うどんを食す」で四国&紀伊半島へ。その前が「竜飛崎で津軽海峡冬景色を聞く&階段国道を見る」で十和田&津軽半島へ。その前は確か「立山雪の大谷ウォーク&黒部のトロッコ電車」で北陸へ。その前は確か......
 さて今年は家族会議(定員2名)の結果「大間崎で本場のマグロを食す」で下北半島に決定。29日に出発して3~4泊して帰ってきます。今年ももちろん布団を車に積んで道の駅やSAやキャンプ場で車内泊。コースも最終目的地の大間崎が決まっているだけ、他は行き当たりばったり。食事も地元の食堂だったりコンビニ弁当だったり簡単な調理だったり。温泉も楽しみ。今回は何ヶ所の温泉にはいることやら。ほんと気ままな旅です。ドライブの様子は毎日このブログで報告しますので、お楽しみに。

Simokita

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.04.21

ココドコ?

 せっかくの週末も天気が悪くて家の中でゴロゴロ。却って疲れてしまう。その週末の19日(土)は地図の日だった。寛政12年4月19日に伊能忠敬が蝦夷地の測量に江戸をたったのに因む。ただしこれは西暦でいうと1800年6月11日。この日から17年間にわたり日本中を測量してまわり日本最初の実測図である伊能図を作成した。伊能忠敬が天文学や測量学を本格的に学んだのは50才を過ぎてから。ちょうど今の私の年齢です。家の中でゴロゴロなんてとんでもない!オッサンよ、怠惰を捨て街に出よう。これって家出のススメ。

 まあゴロゴロばかりしてたわけでもないんです。GoogleEarthを新バージョン4.3にしてみました。(ダウンロードはこちら) そのGoogleEarth4.3の新機能は世界中の3D建物の増加、サンライト機能による夜明けから夕暮れまでのシュミレーション等々。描画が少し速くなったような気もします。

 さて下図はGoogleEarthで描いたある半島です。ここはどこでしょう?ヒントは右下にあります。その左側も有名な観光地です。分かります?答えは数日後に。
Quiz1

*2008-04-27 追記
さて答えです。三浦半島。右下の江ノ島がヒントです。江ノ島の左が鎌倉。浦賀水道を挟んで房総半島が見えています。東京湾の入口って結構狭いんですね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2008.04.14

墨絵にチャレンジ

 最近、友人の凛々さんが水彩やデッサンに挑戦している。50の手習いと片付けられないアグレッシブ?な描き方である。その内のひとつで彼女が墨で猫を描いたものを見て、私も墨絵に挑戦してみたくなった。そういえば以前アウトドアの雑誌に「手軽に墨絵にチャレンジ!」みたいな記事があって、漠然とやってみたいなあと思ってとっておいた。どこに置いたっけ。あったあった。何々?道具は全て100円ショップで揃えろ。硯、墨、筆2本をゲット。何々?紙は天プラ用の敷紙でいいの?吸湿性がよく画仙紙の代わりに使えるとのこと。準備OK!さーやるぞ!とテーブルに道具を置くと、同居人から「待った!」のひと声。テーブルにビニールを敷きだした。オイラのこと信用してないな。ゼ~ンゼンとのお答え。墨を摺るなんてン十年ぶり。自然と背筋が伸びる。やっぱ日本人のDNAか。その昔大学の先生が小学校での書道教育に異を唱えておられた。理由はなんだったか忘れてしまったが。まあそれは別の話。Sumie240雑誌を見ながらまず墨絵の基本テクニック、割り筆、さばき筆、片隈(かたくま)、にじみ、かすれなど練習。いやー難しいー。なんとも1枚も描かないうちに挫折か?否!泣こよか、ひっ飛べ!生むが易し。実践あるのみ。でも何描こう。ハタと困った。目の前の同居人か?それじゃ創作意欲が湧かぬ。そうだコイにしよう。コイはコイでも恋じゃない鯉ね。つまりカープ!我らがカープ、前評判に反して調子がいいのやら、悪いのやら。そう鯉、それも縁起良く昇り龍ならぬ昇り鯉。鯉ノボリじゃないよ。
 悪戦苦闘すること2時間あまり。ムダにした天プラ紙ン十枚。やっとできました満足のいくのが。そうじゃなくて、ただ疲れただけ。今日はこの辺で許してやろう。寛容が肝心。それにしても墨って面白い。迷いが線にでます。無心に勢いよくが大切。次は目指すぞ!横山大観。 へへ大きくでたぞ。じゃあ片岡鶴太郎クラスにしておくか。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2008.04.07

厚木・飯山観音

 先週土曜日(5日)は地図サークルの例会だった。場所は神奈川県厚木市の飯山観音(長谷寺)とその裏山?の白山。前回の例会では車で出かけてメンバーと会えずじまいだったので、今回はちゃんと早起きして出かけた。メンバーとはすっかり顔なじみになり準メンバーみたいな連れ合いも一緒。8時過ぎに板橋の我家を出て、新宿を9時1分発の小田原行きの小田急急行に乗る。これが土曜日の朝の下りというのに混んでました。さすが沿線に有名どこのある小田急。東武東上線とは大違い。東上線が土曜の朝の下りが混むのは外秩父七峰縦走ハイキングがある年1回ぐらい。多分。10時前に集合場所の本厚木駅に到着。いやーやっぱり♪帰り道は~遠かった~♪帰り道じゃなく来た道ですけど.......
 10時40分のバスに乗って飯山観音へ。この日はさくら祭開催中のことで、臨時バスが出たため座って行けた。30分程で飯山観音前に到着。きれいな小鮎川を渡って桜が満開の参道に入る。屋台も出ており結構な人出である。階段を何回か上がると坂東三十三番札所の第六番・飯山観音の本堂。イヌマキの大木など大きな樹がうっそうとしており普段は静かなのだろうが、今日はさくら祭。下の広場はゴレンジャー?の握手会でにぎやかでした。
 本堂の裏手が白山のハイキングコースの入口で、女坂と男坂にいきなりの分岐。今日のメンバーは楽チン?な女坂で意見一致。しばらく行くとヤマヒル、クマに注意と標高284mの里山にしては仰々しい看板。まあ幸いにもヒルにもクマにも会わず、よく整備された登山道をゆっくり進む。花に詳しいメンバーの方にホトケノザとオドリコソウの違いやマムシグサという恐ろしげな花を教わる。でもこの花どこかで見たなと思ったら、去年の春の小田原石垣山の例会でも教えて貰っていた。他にシャガ、ショカッサイ、スミレ、オオイヌノフグリ、ジュウニヒトエなどがいっぱい咲いておりました。春ですわ。女坂とはいえ山頂直下は木の根がむき出しの急斜面があり少し息があがりかけた頃に山頂に着く。登山口から45分ほど。山頂は展望台があり多くのハイカーが休息している。私たちも厚木市内や遠くに霞む横浜の高層ビルを見ながらランチタイム。登山道や山頂にも多くの桜がある。都内の桜は見頃を過ぎたようだがここの桜は今が見頃。今年二度目の花見ができた。
 ランチの後は山頂にあった三角点を触り、白山神社経由で男坂から下山開始。この男坂、名前のとおり階段の急斜面続き。いやーこっちから登らなくて正解だったねとメンバー全員納得。それでも下りも結構気をつかいましたが。30分ほどで登山口に戻り、14時46分のバスで帰途に着きました。暑くもなく寒くもなくハイキングには最適な気候で、桜と春の花々を楽しんだ1日でした。


いつものデータロガーで取った軌跡をGoogleEarthで表示。
Iiyama_kannon

山頂から眼下の飯山観音と厚木市内。
Iiyama_kannon02

サクラついでに最近凝っているInkscapeで描いたサクラを。
Sakura_ink

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »