« December 2007 | Main | February 2008 »

2008.01.28

短歌

 ブログ仲間のhiguma55さんは歌詠みである。季節の移ろいや日常のひとこまをするどく捉えて歌にしている。情景や思いを言葉で切り取ることができる才能をうらやましく思う。またある時は、「短歌が口をついて出てきて止めようもなくなるときがある(本人弁)」らしく(めったにないようだが....)、そんな時は興奮した様子がよく伝わるブログである。(こちら) 歌も家族を詠んだ微笑ましいものから、
  「考えていたほど未来はパッとせずわが流星号はいまだ来たらず」
なんてグサッとくるものまで.........

 でも実は私には歌の良し悪しなんて分からないのである。私にとっていい歌とは読んだ途端にイメージが浮かぶもの。時にはイメージのみならず、そのイメージからひとつのストーリーができるものもある。例えば下の歌。

  「機械音止みて静けき工場の昼どきハルジオン揺るる裏庭」

Kikaion_2

 季節は晩春。足立区あるいは墨田区あたりの下町の工場。金型屋さんか?いや螺子屋さんかも。手前の道の先は荒川土手。12時を知らせるベルが鳴り、先ほどまで大きな音をたてていた機械の音も止んで一時の静寂。やがてバイクの音が。バイクはもちろんスーパーカブ。工員さんたちの昼の出前だろう。誰が聞いているのかラジオから流れてくるのは古関裕而作曲のNHKラジオ「昼のいこい」のテーマ曲。けだるい春の陽射しにハルジオン揺れて、ひとときの平安。アハ、想像しすぎか。

*「機械音止みて」の歌は了承済みですが、流星号の歌?は無断掲載。お許しを。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.01.21

Inkscape その2

 以前の記事でInkscapeを紹介した。wikipediaによると、Inkscapeはオープンソースで開発されているベクトル画像編集ソフトウェア(ドローソフト)。つまりフリーソフトで、図形やなめらかな自由曲線を組み合わせてイラストなどが描けるソフトです。(ダウンロードはこちら) この分野ではAdobeのillustratorという超有名ソフトがあります。しかしこちらは一番安いバージョンでも8万円台はします。使い切る自信があればそれほど高価でもないかもしれませんが、わたしゃ使い切る自信はない。つまり才能がないということであります。そこでInkscape。日本語に対応しているし、簡単な日本語マニュアルも用意されている。Samemark2しかし機能が多すぎて使い切れていなかった。やっと簡単な図形を組み合わせて自分のロゴをつくる程度だった。(右図) 最近になってInkscapeの解説本が出てることを知った。「Inkscapeパーフェクトガイド」(税抜き1505円) 本屋で探すが見つからない。そこでamazonで土曜の夜に翌日便でクリック。すると日曜の夜7時過ぎには配達された。さすが!
 解説本を見ながらベジェ曲線(自由曲線)を使ってイラストをつくってみました。久々登場のベー子です。手書きのベー子に比べると何とスッキリしているんでしょう。全てがベクトルな線でできているデジタル・ベー子ですので拡大縮小、変形も自由自在であります。
Beko1

【べー子のプロフィール】
 名前 土井米子(どいよねこ。しかし周りからはべー子と呼ばれている)
 年齢 鹿児島県立K高校2年生
 好物 ベーコン
 特技 トカゲの生態観察、カエルの解剖

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.01.14

男子も厨房に入るべし

 私は薩摩隼人である。だからどーしたって言われると困るのだが。小さい頃から出された食べ物について、美味いとか不味いとか言うのは男らしくないことだと教えられてきた。男は黙って食べるのみである。三つ子の魂云々だし、なおもて料理をや、である。父や兄たちが台所に立ったところを見たことがない。15の時から家族と離れて一人暮らしを続けた私でさえ、ラーメンや目玉焼きぐらいはつくれるが、そんなもんである。カゴンマの男ってそんなもんだと思っていた。ところがどっこい、同郷でブログ仲間でもあるhiguma55さんのブログを覗くと、実に楽しそうに料理をしている。しかもこれが美味しそうなのだ。♪止せばいいのに~♪ このことを連れ合いに話したら、アナタもやってみたらときたもんだ。そうだね、君に先立たれても困らないようにね。と言ったら、一人になるのはそれだけじゃないかもよ、ときたもんだ。
 そんなこんなで、週末にコロッケづくりに初挑戦。何故コロッケかって。中学の時、毎日のように部活の帰りにコロッケを買って食べた。これが実に美味しかったのである。Korokke1ところが最近のコロッケは甘すぎて苦手である。昔のジャガイモの味だけの素朴なコロッケを食べたい!ということでコロッケなのである。
 料理をしない私でも大体の手順は分かる。まずタマネギの皮を剥いてみじん切りに。華麗な包丁さばきを見よ。(写真) このみじん切りのタマネギと挽肉をフライパンで炒める。お塩とコショウと醤油を少々。いい香りが鼻をくすぐります。次に連れ合いが蒸かしてくれたジャガイモをつぶし、炒めたタマネギと挽肉を混ぜ合わせます。お塩で味を調整。Korokke2う~ん、もうこれだけで美味い!と自画自賛。混ぜ終えたら小判型にまるめます。ここで横で見ていた連れ合いが大笑い。でか過ぎるというのである。♪大きいことはいいことだ!♪ by 山本直純。これを小麦粉とタマゴとパン粉にまぶし、油へ投入。(写真) 素人にはこの油が怖い!おそるおそる投入し、おそるおそる引き上げるのである。でも怖いながらもジュジュという音と油が揚がる香りは心地いい。Korokke3♪何だ神田の~♪と鼻歌を歌いながら、5つの小判型と3つの丸型のコロッケが揚がりました。大きさも揚げ色もまちまちですが、一応コロッケの完成であります。(写真)
 この世に生を受けて50ん年、初めての本格的お料理です。コロッケが本格的なお料理かとお思いの方があるかもしれませんが、私にとっては立派なお料理なのであります。それにしても腕まくりしてタマネギの皮を剥きだしてから、最後のコロッケを揚げるまで約1時間。いやー実に楽しい時間でした。higuma55さんも書いていらっしゃるように俗世を忘れて集中できます。でも連れ合いが最後にボソリ。こりゃ後片付けが大変だわ。

完成品。大変美味しゅうございました。三ツ星であります。
Korokke4

サポーテッド(もしくはディレクテッド) by 連れ合いでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.01.06

ダイヤモンド富士 in 成増 2008

 今日は9連休だった正月休み最後の日。明日から仕事。休み中だらだらし過ぎて社会復帰できるんだろうか。まあそんな不安もあるが、今日は実は我家からのダイヤモンド富士の日であった。_dia080106_2板橋区成増のここに引っ越してから4回目のダイヤ富士の日。初めて休みだった去年の1月のダイヤ富士は雨で見えず。あとの2回は連れ合いに撮影を頼んだのだった。年明け以来東京は好天続き。天気予報も今日は1日中晴天の予報。朝起きると物干し台に上がって富士山を確認。少し霞みがちながら富士山がきれいに見えている。これなら初めてこの眼で我家からのダイヤ富士を確認できそう。ワクワク。それに連れ合いにカメラの腕の違いをみせられる?しかし昼過ぎになると暖かくなって空気が澱んで、富士山どころから近くの山の稜線も見えない。ソワソワ。TVの映画など見ながら時間をつぶすがほとんど楽しめず。
 やっと4時過ぎになり物干し台に上がる。まだ太陽は高度が高く、富士山方向は眩しくて何も見えない。後から上がってきた連れ合いが「だんだんと山の形が見えてきて、あっという間に終わるよ」とアドバイス。ハイハイ。先輩の意見を素直に聞いてカメラを構える。やがて富士山のシルエットがぼんやり見えだした。その時東の空から飛行船が現れてパチリ。

ダイヤモンドショーの始まり。
_dia080106_3

今回は少しずれている?
_dia080106_4

あっという間にショータイムの終わり。
_dia080106_5

 今日は前回(12月6日)のダイヤモンド富士と違い周囲に雲がない。連れ合いの言うようにあっという間に終わってしまった。でも初めて我家からのダイヤモンド富士を拝めて今年は春から縁起がいいわい! アハ、ところでカメラの腕はあんまり関係ないようで。って言い訳に聞こえます?

2007年12月6日のダイヤモンド富士はこちら。
2007年1月6日のダイヤモンド富士はこちら。
2006年12月6日のダイヤモンド富士はこちら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.01.01

謹賀新年 2008

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 田舎の鹿児島などは冷たい雨が降っているようだが、東京は穏やかな元旦を迎えた。富士山がきれいだよという連れ合いの声に起きたのが9時過ぎ。早速、物干し台に上がって富士山を見る。山頂に少し雲があるもののきれいに見える。柏手ふたつ。今年もよろしくお願いします。

元旦の富士山。
_gantan2008_0

 顔を洗っている時に突然思い出した。確認したいことがあったのだ。近所の諏訪神社付属地にある富士塚の下赤塚富士から富士山が見えるかということだ。以前に下赤塚富士を探しに行った時に、ここなら本物の富士山が見えるかもしれないと思った。カメラを持ってチョイノリにまたがる。まず麓の浅間神社でパンパン。夫婦円満、健康第一、家内安全、お金ザックザックといつもの四つのお願いをする。鳥居をくぐり、登ること30秒。富士塚の山頂からはオオーッ本物の富士山が。富士山から富士山が見える!こりゃー、春から縁起がいいわいなあ。何枚もシャッターを押す。帰って写真を確認しようとしたら、あらまあ。なんとカメラにメモリーカードが入ってなかった。なんというミステーク。こりゃ、春からマヌケなことよ。ガックシ。

 気を取り直し、連れ合いと一緒に散歩をかねて富士登山に出かける。目標は4つの富士登頂である。まずは一番近い赤塚氷川神社の参道横にある上赤塚富士(写真①)に。参道は年が変わったばかりの昨夜に初詣に来た時は大変な人出だったのに閑散としたものである。富士塚の鳥居の前でまた四つのお願い。ここの富士塚は高さ約2m。山頂でバンザイ。参道を行くオバサンに不審な眼で見られる。_gantan2008_1_2次は朝失敗した下赤塚富士へ。この辺りは坂が多くて歩いていると少し熱くなってくる。途中の東京大仏がある浄蓮寺の前は道路が進入禁止になっており、警備のオマワリさんも出ている。参拝の人で長蛇の列に。木々の間から頭だけが見えている大仏さんを撮影してパス。それにしてもこの辺り、初詣に来た人の違法駐車が多すぎる。国道17号バイパスを渡ると直ぐが今朝がた来た下赤塚富士(写真②)。高さ約4m。正月のせいか下草が刈られて登山道がきれいになっている。あーっ、やっぱり。朝がた見えていた本物の富士山は雲の中で確認できず。まあそんなもんよ。気を取り直し次の富士塚へ。途中サイゼリヤで昼食。昼食後また坂を上り下りして東武練馬駅前の富士嶽神社の下練馬富士塚(写真③)へ。ここは本殿への階段の左側にあって高さ約5m。登山道もよく整備されている。目の前には富士ラーメンという名のお店が。最後は東武練馬駅と下赤塚駅の中間あたりの氷川神社の大松(北町)富士(写真④)へ。入口の階段の右側にあり高さ約4m。ただここの富士塚は形がいまいとつ。富士山型をしていない。これで1日で4つの富士山登頂完了。昼食を含めて4時間ほどかかった。いささか疲れたが年の始めからメデタイ。

4つの山頂でバンザイ。
_gantan2008_2

4つの富士塚の位置。
_gantan2008_3

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »