« November 2007 | Main | January 2008 »

2007.12.31

大晦日 2007

 今年ももう大晦日。早いものである。全国的には荒れた天気だったらしいが、東京は風は冷たいもののいい天気であった。可も不可もない1年であった。でも可も不可もないってことが幸せなことなのかもしれない。でもよく考えると、今年初めの記事で「Google SketchUpとRubyの取得」を宣言した。Google SketchUpは少しは使えるようになったが、Rubyは全く手つかず。アンド業界の資格試験も3教科のうち1教科しか受からず完敗。来年再挑戦ってことに。そう考えると不可の年だったかも。
 世間的には今年は不可の年だった。ミートホープから始まった食品の偽装事件。ミートホープの社長と息子のやりとりはまだ笑えるものだった。Higasiしかし赤福や吉兆の弁明は最低。恥の上塗りの連続。今の世の中コンプライアンスとか危機管理とかが最重要だと認識なかったのか。しかしそれ以上に最悪だったのが前首相。もう名前も思い出せない。社保庁も最悪だった。さらに年金に関する自民の選挙公約。呆れて開いた口が塞がらない。C型肝炎に関する厚労省と舛添大臣の無責任極まりない対応。防衛省のあの方も情けない。そんなこっちゃいけないのだが、怒る気も失せる。そんなこんなの今年、この方のセリフが今年の流行語大賞に。
「どげんかせんといかん」
ごもっとも。来年は宮崎だけでなく日本もどげんかせんといかんとです。ところで東国原さん、すっかりお眼鏡と作業服が板について、お役人風が様になってます。も少しお騒がせした方がいいのでは。

今年最後の夕焼け。
Sunset2007

この記事が200番目の記事となりました。よく続いたもんです。これからもお付き合いお願いします。いいお年をお迎えください。

つまんない紅白を見ながら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.24

ハッピー・クリスマス!

 今日はクリスマス・イヴ。用事があって羽田空港まで出かけたが、街はクリスマスソングが溢れてにぎやかだった。あまたクリスマスソングがある中で私のベストワンは、ジョン・レノンのHappy Christmas(War is Over)。今やワムのラスト・クリスマスや山下達郎のクリスマス・イヴと並びクリスマスの定番曲である。ちと古いか?75年発売のShaved Fishというソロヒット曲を集めたアルバムに収められている。
 弱き人にも、強き人にも、貧しき人にも、富める人にも、肌の色に関係なく全ての人にハッピークリスマス!僕らが望みさえすれば戦さも終わらせられる、と歌う。(と思う) 
 ところで、曲の最初で[Happy Christmas yoko. Happy Christmas jhon.]とささやいていると長い間思ってました。実際は[Happy Christmas,kyoko. Happy Christmas,Julian]と言っているんですねえ。よーく聞くと確かにそう聞こえます。しかし勘違いするのも仕方ないんです。だってですよ、私が持っているShaved Fishのレコードの歌詞カードには「ハッピー・クリスマス ヨーコ ハッピー・クリスマス ジョン」ってはっきり書いてあるんですから。

GIVE PEACE A CHANCE
Happy_christmas

いつになったら、ジョンが歌ったようにこの世界から戦さはなくなるのだろうか。

| | TrackBack (0)

2007.12.17

GPSデータロガー

 連れ合いが宝くじに当たった!5万円である。濡れ手にアワ、棚からボタ餅。てことで、アナタにも半分あげるわときたもんだ。感謝感激、アメアラレ。持つべきはデキタ妻。ヨイショッと。以前から欲しかったGPSデータロガーのコメットDL/3(型名DG-100)を早速ネットで申込んだ。申込んだのはいつもGPS関連のグッズを購入するSPAというお店。送料、税込みで〆て17,829円也。品薄なのか、海外製品(台湾社製)のためか届くのに3週間ほどかかった。

 大きさはW70×H80×D15mm。思っていたよりやや大きい。付属のCDでPCにユーティリティをインストール。海外製品だが日本語の操作マニュアルが付くのでこの辺も迷うことはない。Dg100_3ところでGPSデータロガーとはGPSを利用して自分が移動した軌跡を記録するもの。現在使用中のミニゴリラや以前使用していたGPS付きPDAのMio168RSのように、カーナビとして使用したり現在地を画面に表示したりはできない。本体には大き目の電源ボタンとGPSの捕捉状態などを示すLEDが3個とモード切替(徒歩・自転車・自動車)スイッチがあるくらい。ひたすら軌跡を記録するだけの代物である。地図も表示できないのに何が面白いの?と疑問をお持ちの方も多かろう。でもこれが楽しいんだな。コメットDL/3を持ってテクテク歩く、もしくはスイスイとドライブする。そして自宅に帰って、コメットDL/3とPCをUSB接続して、ユーティリティを起動するとGoogleMapやGoogleEarthにその軌跡が表示される。自分の来し方が地図上にプロットされるなんて嬉しいでしょう。えっ、別に嬉しくない。そうですか。でもいいんですよ。ええ、いいんです。アタシが楽しいんだから。

試しに近所をドライブした軌跡(青い線)。何だか恐竜の頭に見えません?
Dg100_1

 軌跡の記録はミニゴリラの購入ですっかり出番がなくなったMio168RSでもできるのだが、記録できる時間が全然違う。Mio168Rsはせいぜい3時間。容量的なものではなくバッテリーが持たない。コメットDL/3は位置情報だけでなく日時、速度、高度のデータを一緒に最高43,000点記録できる。15秒間隔だと約179時間、5秒間隔だと約60時間、1秒間隔でも約12時間分の記録が可能である。単3充電池2本で20時間以上連続稼動するとのことだから、2~3日のドライブならこれだけで充分かもしれない。またSiRF StarIIIという高感度GPSエンジンを搭載しているため、GPSの捕捉にモタモタしたMio168RSと比べると、電源を入れた途端にGPSを捕捉するのにも驚いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.08

ダイヤモンド富士 in 成増 2007

 6日(木)は板橋区の我家からのダイヤモンド富士の日だった。ダイヤモンド富士の定義はいろいろあろうだろうが、私の場合は日の入・日の出がきれいに富士山頂にかかることだと思っている。地図好きには大人気の3D地図ナビゲーター「カシミール3D」というフリーソフトを使うと、任意の地点で△月△日△時△分△秒にダイヤモンド富士になるかをビジュアルに知ることができる。そのカシミールで調べると今冬の我家のダイヤモンド富士は12月6日16時13分10秒と翌年1月6日16時27分50秒である。
 引越して初めての昨冬のダイヤモンド富士(こちらこちら)はパッとしなかった。晴れていても見えるとは限らない。こればかりはお天気次第。1週間前からお天気おネーさんに毎日頼んまっせ。そのかいあってか当日は朝から雲一つない快晴。富士山もくっきり。予報も1日晴れとのこと。天気は問題なさそう。もう一つの問題は連れ合いのカメラの腕。何も考えず、とにかくバシャバシャとシャッターを切ってと頼んで出勤。午後はずっと会議で窓から見える空模様が気になって仕方ない。やっと会議が終わり「どうだった?」とメールを送ると、「見えたけど、撮れたかどうかは不明!」との返信。そりゃないぜ。
 帰って確認するとバシャバシャとシャッターは切ったようだ。ヘタな鉄砲も数打ちゃ当たる。ピンボケも結構あるが、連れ合いなりに位置や角度を変えたりして工夫したようでいい感じのショットもあり。下がその結果です。

ダイヤモンド富士の始まり始まり。
Diafuji2007_1

ダイヤモンド富士完成。ピッタリ!適当に雲があって光もきれいです。
Diafuji2007_2

あっという間に終ってしまったとさ。
Diafuji2007_3

 休日の今日(8日)カシミール3Dで近所のダイヤモンド富士を調べると、都営三田線の終着駅の西高島平駅のホームから見えることが分かった。朝起きると天気は上々。でも昼過ぎから雲が広がり、結局富士山は見えなかった。望遠カメラを持ってホームをウロウロしていたら駅員さんに不審がられてしまった。トホホ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2007.12.03

日の出山

 少し時間がたったが小春日和が続いた先々週の土曜日(24日)、地図サークルの例会で奥多摩の日の出山(902m)に出かけた。10月の例会の予定だったのだが台風のため中止になった。1ヶ月遅れになったわけだが、そのおかげで紅葉の中のハイクになった。7時前に板橋の自宅を出発。成増駅前のマクドナルドで朝飯。東武東上線、JR武蔵野線経由で立川駅へ。JR青梅線に乗換えて青梅駅まで。奥多摩行きは本数が少なくてここで30分ほど待たされる。集合場所の御岳駅に着いたのは9時前。ふう、同じ都内なのに結構時間がかっかた。それにしても電車はハイカーで混雑していた。
 駅前からこちらもハイカーで満員のバスに乗ってケーブル駅がある滝本へ。標高差約400mの急勾配をケーブルカーで一気に御岳山駅へ。Hinode03途中の斜面はもみじや銀杏の紅葉がきれい。下の道からケーブルカーを利用せず我が足で登るマジメなハイカーが手を振る。ご苦労さま、にっこり笑って手を振りました。わずか6分ほどで御岳山駅到着。駅前の広場は風もなくポカポカで奥多摩や奥武蔵の山々が見える。しかし期待していた日光や都心など遠くは霞んでいて見えない。11時前に駅前を出発。駅前から御岳山神社の間は宿坊や民宿などの山上集落になっており、大きな茅葺きの屋根の家が目立つ。今日は御岳山神社は見送り、奥の院から大岳山へと続く登山道を左に折れて日の出山方面へ。5~6年前に日の出山からの初日出を見るため真っ暗なこの道を歩いたことを思い出した。最後に長い階段があったような。人気のハイキングコースだけに登山道はよく整備されている。

よく管理された杉林の中の登山道を進む。
Hinode01

 1時間ほどで東雲山荘のある尾根に着き、急な階段を上がると日の出山山頂。山頂は広く360度の展望が得られる。多くのハイカーに混ざって私たちもランチタイム。このグループは何よりも山座同定が好きという人たち。ランチを食べながらもこっちは○○山、あっちは△△山と夢中。遠望はきかなかったものの、1時間余り奥武蔵や奥多摩の山々を同定して楽しんだ。

 ところで下の写真左は日の出山山頂から御岳神社方向の写真です。左の尖がった山は御岳山の最高峰の奥の院(男具那ノ峰 オグナノミネ)。実はこの奥の院、板橋の我家から見えるのです。右の写真は前日の夕方に我家から見えた奥の院。右側の山は奥多摩湖の先の柳沢峠近くの黒川鶏冠山(くろかわけいかんやま)。
Hinode02

 風もなくポカポカのハイク日和で秋の1日を楽しんだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »