« LOCATION VIEW | Main | 谷中ブラリ散歩 »

2007.11.11

アドエスでお絵かき

 このブログを始めたのが2004年11月9日。ちょうど3年経ち記事数が193件、アクセス数は4万件を超えました。拙い文章を読んでいただき、ありがとうございました。これからもガンバリます。最初の記事は文京区役所からのダイヤモンド富士でした。今年の文京区役所のダイヤ富士は9日の金曜日。どうやって会社を抜けようかなんて考えていたら、1日中雨。煩悩なくして仕事に集中できました。

 さてさて4年目最初の記事。モバ絵である。モバ絵とはMobile Painting。つまりPDAなどのモバイル端末でお絵かきをすることである。絵の具やスケッチブックなど要らない。電車や喫茶店で、あるいは外で人を待つ間、PDAを取り出しササッサとお絵かきをする。こちらこちらを参照。最初に購入したPDA東芝のGenio-eから3代目となる無印W-ZERO3まで幻彩2というお絵かきソフトを使っていた。レイヤー機能を備えた高機能のソフトでとても気に入っていた。VGA版(640×480)ではメニューがとても小さく苦労していた。さらにWVGA(800×480)の大きな解像度ど持つアドエス(Advanced W-ZERO3[es])では使えないだろう。(実は試していないのだが) そこでアドエスで使えるお絵かきソフト探したら、ありました。Pocket Picture(こちら)とPocket Artist(こちら)という2つのソフト。両方とも英語版のソフトで前者はフリーソフト、後者はシェアウエア($49.95)である。Pocket PictureはWindowsXPに標準でつくペイントのような気軽にお絵かきを楽しむソフト。インターフェースも直感的で分かりやすい。Pocket Artistは高機能で、プロ御用達のPC版PhotoShopやその廉価版であるElementsと互換性がある。PhotoShopやElementsを使ったことのある人なら直ぐに使えるだろう。試しに2つともインストールしてみた。

左:Pocket Pictureの起動画面        右:Pocket Artistの起動画面
Oekaki

 Pocket Pictureは操作感はいいのだが、何せレイヤーに対応していないのがイタイ。レイヤーとは透明なキャンバスが何枚も重なったようなイメージです。下はPocket Artistでレイヤーを使って40分ほどで描きました。

下書き用の1枚目のレイヤー。2枚目ができた段階で非表示 or 削除します。
Atom1

清書用の2枚目のレイヤー。レイヤーは透明なので1枚目を見ながら清書&色づけしました。
Atom2

完成。削除した下書きのレイヤーの代わりに背景用のレイヤーを追加。青のグラデーションにしました。さらに清書の上のレイヤーの透過度を50%にして陰影をつけました。
Atom3

*Pocket Artistの操作方法および購入方法は「+PocketArtistの機能+」というサイトを参考にさせていただきました。

|

« LOCATION VIEW | Main | 谷中ブラリ散歩 »

Comments

3年かすごいね〜〜。おめでと!!
それにしてもサメは本当にガジェットが好きなんだ。ここんとこ暫く宮崎駿のアニメを2本ぐらいみる機会があったんだけど、影とかプロポーションとか、凄いよね、やっぱ(アシスタントがやるんだろうけど)

Posted by: 凛々 | 2007.11.14 at 10:14 PM

ありがとね。これからも1週間に1記事のペースでがんばります。応援してね。
ガジェット大好き。特に小さい物に。実は週末に新しいガジェット?を手に入れました。楽しみです。

Posted by: same | 2007.11.17 at 02:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/17036992

Listed below are links to weblogs that reference アドエスでお絵かき:

« LOCATION VIEW | Main | 谷中ブラリ散歩 »