« ニガゴイ | Main | お江戸でござる »

2007.09.24

大楠山

 3連休の初日、22日の土曜日に地図サークルの例会で横須賀市の大楠山に行ってきました。大楠山は三浦半島の最高峰の山です。天気が良ければ伊豆半島、丹沢、富士そして南アルプスまで大展望が期待できるとのこと。標高は242Mで里山に毛が生えた程度、軽ーい気持ちで出かけたのが間違いのもとだった。

35/14/47.362,139/37/52.321

 9時過ぎに池袋から湘南新宿ラインで集合場所の逗子行きに乗る。11時の集合時間には余裕の時間である。新宿、渋谷、横浜と順調に過ぎ、戸塚に着いたところで踏切の事故で手前の大船止まりになるとの車内アナウンス。オイオイ。大船で30分ほど待たされ、逗子駅に着いたのはギリギリの11時。他のメンバーも遅れていた。予定のバスに間に合わず、次のバスで出発したのが11時45分ごろ。30分ほどバスに揺られ登山口に着き、歩き始めたのが12時15分。腹減った~。_oogusu2横浜横須賀道路の高架をくぐり、山道に入った途端にリスのお出迎え。きれいなせせらぎを渡り、しばらく瀬音を聞きながら登る。しかし、やがて道は急になり、しかも階段が続く。天気予報によればこの日は30度を超えるとのこと。風もなく広葉樹が覆い尽くす急な山道を大汗をかきながら登る。しかも大嫌いなヘビまで現われてビックリ。久々の山道はツライ。やっと1時間ほどで風が通る尾根道に上がりホッ。隣がゴルフ場になっており、傍らには彼岸花が咲いていた。すれ違った人から山頂ではトンビに昼飯を取られると聞いたので?ここで遅い昼食にする。おにぎり3個食べて元気回復。山頂までひと飛び。なんてことにはならず、また230段ほどの階段が待っていた。また大汗かいて登った山頂からは三浦半島がグルリと見渡せるものの、お目当ての富士山は全く見えず。房総半島や江ノ島が微かに見えた程度。
一番若い私が一番バテてたかも。
Oogusu480
 陽を遮るものがない山頂も暑くてたまらない。もう一つのお目当ての二等三角点を撫でて下山開始。メンバーの調べでは海を見ながらの下山道のはずだったのだが、全く展望もなくダラダラと階段が続く。ここでも大汗をかく。やっと着いたバス亭では待つこともなくバスに乗れてラッキー。車窓のきれいな海を眺めることもなく、座席に座るなり爆睡。終点の逗子駅に着いたのは17時を過ぎていた。今回の例会は久々の山道で、しかも30度を超える暑さでチカレタビ~。帰宅して9時前には寝てしまった。

|

« ニガゴイ | Main | お江戸でござる »

Comments

Sameさん、お疲れ様でした。
まず、いつもながらのイラストに感心しました。
また、私が忘れていたこともいろいろ記されており、
「ああ、そうだった。あんなこともあったなー」と
思い出しました。

Posted by: arukimedesu | 2007.09.25 at 10:10 PM

久しぶりにご一緒できて楽しかったです。でも暑かったですねえ。
ところで愛媛の大洲富士ですが、冨士山(よく見ると点がない!)と書いて、「トミスヤマ」と読むようです。「おらが富士340座」(山と渓谷社)という本で確認しました。

Posted by: same | 2007.09.25 at 10:35 PM

あは、鮫似てるよ!
冨士山(とみすやまと入力するとちゃんと変換してくれました)の名前、おもしろいね〜。名付けた人は楽しかったろうね〜

Posted by: 凛々 | 2007.09.26 at 12:19 AM

5万分の1「大洲」を見直したら、確かに上の点がない「冨士山」で、「とみす」と振り仮名がしてありました。
地名など固有名詞は、よく確かめないと間違えますね。

Posted by: arukimedesu | 2007.09.27 at 09:53 AM

大学の友人に大洲出身者がいまして、彼の自慢が中江藤樹(陽明学)とおはなはんと霧と冨士山(大洲富士)でした。それで覚えていたわけです。

Posted by: same | 2007.09.27 at 11:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/16561995

Listed below are links to weblogs that reference 大楠山:

« ニガゴイ | Main | お江戸でござる »