« 8月15日 | Main | ホンダ ZOOK »

2007.08.19

アドエスでGPSもどき

 昨日の涼しさがウソだったかのようにまた猛暑が戻ってきた。こんな日はエアコンの効いた部屋でDVDでも観るのが一番。ということで、アニメ映画「鉄コン筋クリート」とスコセッシのアカデミー受賞作「ディパーテッド」の2本を観る。2本とも面白かった。アハ、でもこんなことしてる暇ないはずなのに。

 さて、ウィルコムのスマートフォンを最新機種のAdvanced W-ZERO3[es](通称アドエス)に機種変更してから3週間ほど過ぎた。お気に入りで毎日持ち歩いている。特に解像度のアップ(480×640⇒480×800)によりウェブサイトの閲覧が楽になった。また新しいソフトもインストールして楽しんでいる。懐かしいBASICのプログラムが楽しめるワンべぇWMやインターネットラジオが楽しめるプレイヤー、それにモバイルでGoogleの地図をインタラクティブに楽しめるGoogleMapsなどを追加して遊んでいる。特に地図好きにはGoogleMapsはたまりません。ただGoogleMapsはGPSに対応しているだけに、GPSを内蔵していないアドエスは残念。と思っていたら、世の中には色んなものを作ってる方がいらっしゃるもんで。その名もMimicGPS!mimicとは模倣とか見せかけという意味らしいが、MimicGPSはその名のとおりアドエスなどのGPSを内蔵していない機種で「見せかけ」のGPS機能を追加するソフトである。どうやっているかというと、位置情報をGPSからではなくアドエスのW-SIM(通信カード)から取得して、アドエスに内蔵されたGPSドライバに渡しているらしい。簡単にいうとGPS衛星ではなく、携帯電話の無線を利用して複数のウィルコムの中継基地局から届く電波で自分のいる位置を割りだしている。こりゃ面白そう。早速ダウンロード&インスト。その後若干の設定が必要。アドエスで、
  [設定]→[External GPS]→[アクセス]→[GPSを自動的に管理するにチェック]
  COMポートは使用していないポートを適当に設定。私の場合はCOM6を設定。
準備は以上。MimicGPSを起動すると「GPSの設定を変更しようとしています」というダイアログが表示されるので、「OK」ボタンをタップ。MimicGPSのシンプルな画面が出るので、「測位開始」をタップ。以上で位置情報を検索します。この状態でGoogleMapsを起動して、[メニュー]→[現在地を検出]で自分の現在地を中心に地図が表示される。下の写真は東京の東武東上線成増駅前での実験。さすがにGPSと違い誤差がでる。赤の矢印位置がMimicGPSが計算した位置で、青の矢印が実際の位置。都内の何ヶ所かで試したが、数m~100mぐらいの誤差がでるようだ。でもGPSを内蔵しないアドエスでGPS[もどき]が使えるのは画期的!しばらくこれで遊べる。

今回は50mぐらいの誤差がでた。
Mimicgps1

航空写真にも切替えられる。モバイルで航空写真とは。いい時代になった。
Mimicgps2

|

« 8月15日 | Main | ホンダ ZOOK »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/16168507

Listed below are links to weblogs that reference アドエスでGPSもどき:

« 8月15日 | Main | ホンダ ZOOK »