« May 2007 | Main | July 2007 »

2007.06.30

きたやまおさむ

 行ってきました。きたやまおさむレクチャー&ミュージック。先週の26日の日曜日のことです。恥ずかしながら白状します。ワタクシの高校時代のバイブルは北山修詩集「ピエロのサム」だったのです。大好きでした。大人になって、いつしか「ピエロのサム」もなくしてしまいました。なんだか青春の大事なもんを喪失したような気がしておりました。今回はそんなダンナの思い入れとは無関係な連れ合いも同行です。
 サブタイトルは「ふりむいたら風。青木まり子 きたやまおさむを歌う」という長いタイトル。場所はお洒落な街青山の青山スパイラルホール。ワタクシ青山も久しぶりなら(お洒落な街には縁がないのでござる)、このホールも初めて。このビル、きたやまさんも仰ってましたがワコールさんが建てた文化複合施設なんでございます。そりゃワタクシと無縁なわけで。開演30分前に到着。1階のエレベーター前にはオジチャン・オバチャンがウヨウヨ(オレもか)。ちょいと時間が早いな。てなわけで辺りをウロウロ。1階はこれまたお洒落なカフェになっておりましてほとんど満席状態。ちらっと入口のメニューを見たところ、お口アングリ。何とケーキセットが1200円!バカモン。トーゼンながらパスであります。お2階はきれいなお嬢様お2人が受付をなさっておりまして、奥はブッチックっていうんですか?お召しものの販売所でございました。トーゼンながら入る勇気を持ち合わせておりませんでした。てなわけでウロウロする所がありません。仕方ないので3階の会場に行ったのであります。おーすごい!オジチャン・オバチャンの見本市。カッコよくお年を召した方もいればそーでない方もいらっしゃって。この催しワンドリンク付きってことでこちらにお並びくださいって言われたのだが、既に長蛇の列。オバチャマが赤ワイン?それとも白?って迷っているのかジェンジェン進みません。「もういいよ。中へ入ろう」と連れ合いに言ったところ、前にいたご面識のない品のいいオバチャマに「そーですわよね」と言われてしまいました。思ったことは口にする。他人の会話に乱入する。オバチャマの特徴を垣間見た気がいたしました。中は300人程収容のこじんまりした会場でした。席は真中あたり。思っていたよりオジサンも多い。

 開演時間ぴったりに会場が暗くなり、きたやまおさむさん登場。黒のTシャツの上に淡い4つボタンのストライプのジャケット。カッコいいです。この催し関西では何度もやっているけど、東京では初めてとのこと。へー、そうだったのね。今回の催しのきっかけとなった青木まり子さんとの出会いを紹介後、青木さん登場。この方、10年くらい前のシモンズ再結成時のメンバーとして有名ですね。現在は西岡たかしさんの五つの赤い風船のメンバーとしても活躍されていらっしゃるらしい。NHKBSのフォーク番組でもお見かけします。「恋したら」「初恋の丘」など北山さんの歌としては渋めの曲からスタート。3曲ほどで青木さん退場。そしてきたやま先生のレクチャーです。今日のお題は「鬱」もしくは「中年の心」について。

 メシがまずい、睡眠がとれない、人生を悲観的に考える。この3つの条件にあてはまる人は間違いなく鬱です。早めにお医者さんに行ってください。鬱は薬で治すか、滝に打たれて治すのがいいのかというマジメなのかおふざけなのか分からないお話があり。自分もフォークルをやめパックイン・ミュージックをやめて研究一本に絞り、煮詰まった時に昔の音楽仲間の加藤和彦さんや杉田二郎さんに再び音楽に誘われて救われた。マスコミュニケーションよりパーソナルコミュニケーションが大切ですというお話。周りが新幹線で追い抜っていっても気にしない。各駅停車で行きましょう。みなさんは今まで会社のため、子供のため、親のため、妻(夫)のため充分生きてきた。これからは自分のために生きましょうというお話。これくらいの歳になると朝早く眼が覚めるでしょう、朝の時間を俳句でも何でもいいからクリエイティブな時間に充てましょうというお話。とっても楽しいレクチャーでした。

ここで第1部終了で15分の休息。ここできたやまさんのおっかけ?の高校の同級生と雑談。このコンサートを教えてくれたのも彼女でした。

 第2部は、キーボード・アコギ・リズムのバックメンバーも入りヒット曲のオンパレード。「白い色は恋人の色」「風」「花嫁」「さらば恋人」「イムジン河-春-」「感謝」等々(順不同です)。新曲だという「人生ララバイ」も良かった!アンコールは北山さんもマイクを持っての「あの素晴らしい愛をもう一度」。感動的でございました。分別のある大人のオジチャン・オバチャンで一杯の会場、興奮して立ち上がる人もいないけど、温かくてアットホームな感じのコンサートでした。北山さんやフォークルに全く思い入れのない連れ合いも楽しかったようで、ホッ。でも「何で北山さんは歌わないの?」の素朴な質問に答えられなかったワタクシでございます。どーして?

きたやまさんのイラストを描こうと思って、写真を探すも見つからず。インタビューなどいつも後姿ばかりです。仕方ないのでフォークルのイラストを。ところで2002年の期間限定復活の際の真ん中は、連れ合いも大好きなアルフィーの坂崎幸之助さんでした。
Folk_crusaders1

 ところでコンサートの中で何回か故坂庭省悟さんの名前が出てきました。坂庭さんは「花嫁」の作曲者として、あるいはナターシャ・セブンのメンバーとしてご記憶の方もいらっしゃると思います。映画「タカダワタル的」にも出てきます。ワタクシもあのかすれ気味の高音が大好きでした。同じくナターシャ・セブンのメンバーだった城田じゅんじさんとのデュエット「朝の雨(Early Morning Rain)」はお薦めです。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2007.06.24

ミニゴリラ その2

 先日の土曜日にJR大井町駅の近くに用事があり車で出かけた。ちょうどいい機会なので、新規購入のミニゴリラと今まで使用していたMio168RSで、板橋区成増の自宅からJR大井町駅までのルート検索をさせてみた。2機種とも「一般道路優先」モードである。ミニゴリラは国道254号線(川越街道)で池袋方面へ向かい池袋の手前で右折して、都道317号環状6号線(山手通り)に入り、北品川2丁目で国道15号線(第1京浜)を右折するコース。Mio168RSは川越街道で池袋を通り過ぎ、春日通、白山通、日比谷通経由で都心を抜け、JR田町駅手前で第一京浜に合流するコース。
赤色:ミニゴリラ、緑色:Mio168RSの検索ルート
_minigorira2

 さて車に初出陣のミニゴリラといつものMio168RSをセットして成増の自宅を6時40分頃出発。大井町には8時30分には到着しなければならぬ。なおMio168RSは純正車載キットでフロントガラスに吸盤を貼り付けてセット。ミニゴリラは純正の車載キットではなく室内用のスタンドをガムテープで止めてセット。何故かというと、ミニゴリラの純正の車載キットは両面テープでダッシュボードに貼り付けるタイプ。ワタクシこれを潔しとしない。どーも美しくない。そこでネットで回避策を探るとあるわ、あるわ。やっぱりワタシと同じ気持ちの方が多いのね。その方法と挑戦については次回の記事にするとして、今回は新旧のナビ対決である。
左:Mio168RS 右:ミニゴリラ
_minigorira3

 土曜の7時前、ワタシには充分早朝であるが世間はそーでないらしい。川越街道が結構混んでいた。ミニゴリラの到着予定時刻が最初は7時35分だったのが、ミルミルチチル、池袋の手前では8時近くになっていた。さてさて最初のミニゴリラ対Mio168RSのガチンコ対決。熊野町交差点の巻きである。ミニゴリラは交差点右折で山手通進入。Mio168RSは川越街道そのまんま東ならぬ直進。ワタクシ、ミニゴリラに軍配!右折したのでございます。都心抜けるのはちょっとねえ。ただこれが正解だったのかは分からぬ。さてご主人様の気まぐれに慌てた?Mio168RS。しばらくすると「ルートを外れました。再検索します」の案内。Mioいつもは最初のルートに戻そうとすることが良くあるのですが、今回はおとなしく山手通を指示。

 所々で首都高中央環状新宿線工事のため少し渋滞するもののナビは順調そのもの。2つとも全く同じ指示。それでは面白くない。少し脇道にそれてみる。いわゆるイジメだ。おいおい、そんなことしているヒマあんのか?到着予定時刻が既に8時10分を過ぎてるぞ。という声もあるが、このまんま東じゃつまらぬ。するとMio168RSクン(案内は女性の声だけど….)、「ルートを外れました。再検索します」のご案内。あれ、ミニゴリラくん(こちらも案内は女性の声)は?と見ると。いつのまにやらリルートしている。案内なし。何度かイジメてみたが、ミニゴリラの方が少し早くリルートするようです。まあ設定の問題なんだろうけど。

 さて大井町には8時20分に到着。ミニゴリラ対Mio168RSガチンコ対決の結果は?_minigorira4
◇GPS精度
気になる程の違いはないが、Mio168RSは一度だけ衛星をロストして再検索する場面あり。ミニゴリラに軍配。GPSエンジンが新しいもんねえ。
◇交差点表示
こちらもミニゴリラに軍配。右の画面のとおり画面右側に3つ先までの交差点情報が表示され、それぞれの交差点のレーンが分かる。どのレーンを走行すべきか迷わずにすむ。また側道から右折する場合もちゃんと側道が表示されるのもグッド。一方Mio168RSは次の交差点の右左折が分かるのみ。
◇音声案内
どちらも女性の声で案内。どちらかと言うとミニゴリラの方が落着いて聞こえる。交差点の案内もMio168RSの方が回数が多くややうるさい。

てことでガチンコ対決はミニゴリラの勝ち!でもそれもあたり前のこと。Mio168RSは3年も前の機種。最新機種がいいのはトーゼン。Mio168RSの後継機種?C-323とはどうなんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2007.06.18

ミニゴリラ

 次のPND(Personal Navigation Device)をどの機種にするかで迷っていたのだが、やっとサンヨーのミニゴリラ(NV-SB250DT)を購入しました。PNDとは早い話が持ち運びできる小型のGPS(Global Positioning System)のことです。若い頃は地図を見るだけでルートがイメージできた。最近はサッパリ。あー、歳はとりたくない。助手席の連れ合いも昔は優秀なナビゲーターだった。最近はサッパリ。サッパリな二人が右だ左だと車内でケンカ。車内安全・夫婦円満のためにもナビは必要不可欠。以前の記事でも紹介していますが、4~9万円台のPNDが各社から発売されています。小型で安価、でも性能は?と疑問をお持ちでしょう。いえいえ、これがなかなかに侮れないのです。リルート・音声案内はあたり前、交差点や高速のIC/JCの拡大表示など専用カーナビにひけを取らないほどの充実ぶりです。もちろん肝心のGPS性能もノープロブレン。車検や車を買い換える度に営業マンに「カーナビは?」と毎回聞かれる。いつも「要りません!」とキッパリ。ナビ以外にもこれもあれもできるの高機能の専用カーナビより多少不便ではあるが、持ち運べてイジクリまわせるPNDの方がよっぽど楽しい。
 今まで台湾メーカーの日本法人マイタック・ジャパンのMio168RSというGPS機能付きのPDA(Pesonal Digital Assistant)をカーナビ代わりに使っていた。GPSで汎用的なNMEA(全米船舶電子機器協会Natinal Marine Electronics Association)形式の移動軌跡(ログ)も取れる。GoogleEarth上に軌跡を表示して遊んだりしていた。(こちら) ただ購入から3年以上経ち、地図やGPSエンジンの古さが気になりだした。ちょうどマイタックのMio C-323、ソニーのNuv-31、サンヨーのミニゴリラと立て続けに新機種が発表になった。どれも一長一短があり悩んだ。ソニーとサンヨー製はNMEA形式のログが取れない。それではマイタック製かと思っていたのだが、ネットで検索するとこちらも取れないことが判明。それじゃということで、住所検索などの充実と唯一ワンセグ対応ということでサンヨーのミニゴリラに決定。ただ3機種の中で一番高い定価99,800円。早速アキバのバッタ屋(今時こんな言葉あるのか?)を探し回った。そして一番安い63,000円の店で購入。

右から本体、スタンド、AC-DC変換アダプター、車載用取付キット、
      パーキングブレーキ接続ケーブル/シガーライター接続ケーブル
_minigorira

 さて上の写真でパーキングブレーキ接続ケーブルというのがありますが、これはパーキングブレーキを引いた状態でないとナビの操作を制限したり、ワンセグの視聴をできないようにするものです。_minigorira1しかしねえ、自慢じゃないがワタシ不器用です。工作の知識もありましぇん。このケーブルをパーキングブレーキに繋げなんてアンタそんな殺生な。サルに九九を暗記させるよーなもんです。サッパリであります。でも捨てる神あれば拾う神あり。ネットで探すとこの機能を解除する方法があるんですねえ。早速試してみました。おーっ、ケーブルを接続することなしにナビの全ての操作ができるし、ワンセグも見られます。でもそこは大人。走行中のナビの操作やワンセグの視聴は止めましょうね。さてさて解除の方法ですが、ぶきっちょなワタシにもできる簡単なものです。まずホームセンターなどで「M2.6×10なべ小ねじ」というネジを探します。直径2.6mmで長さが10mmのネジです。ワタシの場合は近所のシマチューにありました。12個入りで100円でした。しかし使うの1本だけです。このネジを写真のようにパーキングブレーキ端子に差し込むだけ。ねじ込む必要はありません。念のためセロテープを貼り付けました。ところで写真は「M2×10なべ小ねじ」なのに気づいたアナタはエライ!そーです、ワタシ間違えて買ってきてしまったのです。ええーい、小は大を兼ねる。ン?試しに入れてみました。あれM2でも大丈夫でした。でもM2.6にした方がいいと思います。

 あ~、疲れた。肝心なナビ機能については次回レポします。

| | TrackBack (0)

2007.06.12

三角点

 ちょいと古い話だが、先月の26日(土)は地図サークルの例会の日だった。今回の集合場所は東武東上線の東武練馬駅。我家の最寄駅からわずか2つ先の駅である。こんなに近い場所での例会はほんと珍しい。欠席なんかしたらバチがあたる。てことで張り切って出かけた。張り切り過ぎてかなり早い時間に着いてしまった。当然一番乗りである。駅前で待つ。日差しは強いものの風が心地よい。やがてメンバーの方もみえて、今日は7名の参加者。11時過ぎに今日の最初の目的である徳丸の一等三角点を探しに出発。メンバーの方の事前の調べでは、その三角点は駅から近い郵政省の官舎の敷地内にあるとのこと。1万分の1の地形図を頼りに駅前の賑やかな商店街を抜け、歩くこと5分。すぐに官舎発見。早速、散り散りになって三角点探し。地図好きのメンバーばかりだから燃えるのである。敷地内でラジコンで遊んでいた、多分官舎に住むお坊ちゃまが、「何だ?このオッチャンたちは」という目で見ていらした。やがて「あった!」の声。官舎の植え込みの中にありました。さすが官舎の中、管理状態も良好です。こんな駅前の街中に一等三角点があるのは珍しい。興味のない人にはただの石なのであるが、地図好きには先人達の偉業が伺い知れて?頬ずりしたくなるような文化遺産なのである。
_tokumaru

 さて三角点はどうやってできたのでしょうか。
 まず見通しの良い2点の位置とその間の距離を正確に測定します。この2点を結ぶ線を基線といいます。関東の場合は明治15年に現在の神奈川県相模原市にある一等三角点「下溝村」(A)と同じく座間市にある「座間村」(B)の位置とその距離を計測しました。これが本邦初の基線で「相模野基線」と呼ばれるものです。距離は5209.9697mだったそうです。GPSも飛行機もない時代にミリ単位の精度を求められる測量ですので大変な作業だったことでしょう。
 次にこの基線(A-B)を底辺とする三角形の任意の頂点を決めます。これが神奈川県愛川町にある一等三角点「鳶尾山(とびおやま)」(C)です。この鳶尾山の位置と基線の両端(A・B)からの距離は、基線の距離と両端(A・B)からC点への角度が分かりますので、三角関数を利用して算出できます。このへん何となく理解できるのですが、実際にはどうやるのかさっぱりワカラン。
 次に「鳶尾山」(C)と基線(A-B)を挟んで反対側にある任意の頂点を決めます。これが横浜市緑区にある一等三角点「長津田村」(D)です。この長津田村の位置と基線の両端(A・B)からの距離は、「鳶尾山」(C)と同じ方法で算出します。こうして三角形ABCと三角形ABDができました。
 次に今度はC-Dを底辺とする大き目の三角形の任意の頂点を決めます。これが東京都多摩市にある一等三角点「連光寺村」(E)です。この連光寺村の位置と底辺の両端(C・D)からの距離は、前述の方法で算出します。さらにC-Dを底辺として「連光寺村」(E)と対になるのが、神奈川県大磯町にある一等三角点「浅間山(せんげんやま)」(F)です。三角形CEFと三角形DEFができました。
 次に今度はE-Fを底辺とする大き目の三角形の任意の頂点を決めます。これが神奈川県丹沢にある一等三角点「丹沢山」(G)です。その対をなすのが、千葉県にある一等三角点「鹿野山」(H)です。鹿野山と聞いて♪逃ィ~げた女房♪ならぬ逃げたトラを思い出す方は結構いっています。こうやって測位された「丹沢山」と「鹿野山」と東京都港区のロシア大使館の裏手にある「日本経緯度原点」を結んでできた三角形(XGH)の各辺を基本に全国の主要な三角点が徐々に設置されました。
 こうして全国に一等三角点が約45km間隔で972ヶ所。二等三角点が約8km間隔で5056ヶ所。三等三角点が約2km間隔で64557ヶ所あるそうです。あなたの住んでいる近くにもあるはずです。探してみませんか。
Sankakuten2_1
(注)上記はイメージ図です。正確な位置ではありません。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.06.05

孔雀サボテン

 我家の庭の孔雀サボテンが今年も大輪の花を咲かせました。連れ合いサンが嫁入り道具?として持ってきたものです。ってことは20年近く我家にいることになります。当初しばらく花を咲かさなかったのが、ある年から毎年咲くようになりました。この季節赤い蕾が出だすと、いつかいつかと楽しみにしています。
 それにしてもすごい色です。このブログで花を取りあげる時は、写真ではなくほとんどイラストにするのですが、この花だけは自信がありません。どうやったらこんな色を出せるんだろう。自然の色とはなんとワンダフルなんでしょう。写真で伝わるかな。

Saboten1

 お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログでお花を取りあげる時は忙しい時かネタ切れの場合である。今回はどっちかな。

 咲き誇れ!陽に闇に。花の命は短くて........

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »