« airpenストレージノート | Main | 私、迷ってま~す♪ »

2007.04.04

お花見散歩

 先日の日曜日(1日)は春らしいポカポカ陽気だった。「久方のひかりのどけき春の日にしず心なく花の散るらん」 オッサンよ、惰眠を捨て街に出よ!と日本人のDNAが囁くのだ。まあそんな大げさなことじゃなく、こんな日は家の中でボーッとしてるのはもったいない。連れ合いと近所のお花見散歩に出かけた。
 まず氷川神社の長い参道の桜並木を抜け、参道横の富士塚(上赤塚富士)の浅間神社にお参り。いつもの四つのお願い(夫婦円満・健康第一・家内安全・お金ザックザック)を祈願。ここは満開にもかかわらず誰も花見なんかしていない。神社の参道だからあたり前か。でも谷中墓地なんかお墓のまん前で大宴会やってるよなあ。まあいいや。次行ってみよう。
 と、やって来たのが赤塚城祉公園。いました、いました花見客。家族連れやらカップルやらいろんなグループが宴会中。近くのオジーチャン、オバーチャン団体は手拍子で盛り上がっている。若モングループはキャンプ道具を持ち込んで焼肉パーティー中。我家も芝生にシートを敷いてランチタイムに。寝っ転がって頭上の桜を見ていると、風が渡り鳥がさえずる。まるで桃源郷に遊ぶよう。「願わくは花の下にて春死なん」って言ったのは西行さんだったか。なんだか分かるなあ。でもまだまだ先の話よ。
_sakura_josikoen

大仏様もなんだかご機嫌に見えた。乗蓮寺にて。
_sakura_daibutu

散歩の途中で見かけた春の花々。
シャガ、ハナダイコン、ヒトリシズカ、ニリンソウ、ボケ、ミツマタ、カタクリ、レンギョ、ヤマブキ、シャクナゲ、タンポポなどなど。
_flowers

 タンポポといえば白色だと思っていた。こちらに来て初めて黄色いタンポポを見た時はビックリ。なんじゃー、こりゃ!だった。今では黄色のタンポポがあたり前。オイラも東男になったかな。そーいえば誰かの推理小説で、東京に住む犯人が九州で起こした殺人のアリバイが、犯人の家の庭の白いタンポポから崩れるという話があった。誰の推理小説だったか。

|

« airpenストレージノート | Main | 私、迷ってま~す♪ »

Comments

きれいな花がいっぱいですなあ。私はカタクリぐらいしか分からない。白いタンポポってもしかすると「日本」タンポポで、黄色いのが「セイヨウタンポポ」なのかも知れませんね。セイヨウタンポポが席巻してしまった、という話をどこかで聞いたのだけれど。

Posted by: higuma55 | 2007.04.09 at 11:49 AM

エッ!そういうこと。
九州と関東の違いというより、在来種と帰化植物のせめぎ合い?
サクラソウも日本古来種?は荒川河畔のサクラソウ公園ぐらいで、その辺でよく見るやつはセイヨウサクラソウだってね。

Posted by: same | 2007.04.09 at 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62766/14488782

Listed below are links to weblogs that reference お花見散歩:

« airpenストレージノート | Main | 私、迷ってま~す♪ »